公式ブログトップ
Plus Icon
電子タバコ(VAPE)についてのブログ飲食店やオフィスでタバコが吸えない? 改正健康増進法(受動喫煙防止)で始まる全面禁煙とは?知っておきたい!改正健康増進法の理由になった受動喫煙(タバコの煙)の影響電子タバコ(VAPE)のバッテリー寿命はどのくらい?長持ちさせるには?電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?一番安心できる販売店は?電子タバコ(VAPE)のルールやマナーって?喫煙所以外でも使える?電子タバコ(VAPE)をもっと楽しめる吸い方のコツとは?電子タバコ(VAPE)の煙が出ない!考えられる原因と対処法は?購入前の参考に!電子タバコ(VAPE)のメリット・デメリットを紹介電子タバコ(VAPE)は水蒸気が発生する?どんな仕組み?法改正でファミレスが原則喫煙不可に?今後注目の電子タバコ(VAPE)についてmybluなど電子タバコの「蒸気」と紙巻きタバコの「煙」の違いタバコを吸う彼氏・彼女に電子タバコ(VAPE)がおすすめな理由電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方電子タバコ(VAPE)初心者におすすめする失敗しない選び方電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄・メンテナンス方法(アトマイザー/コイル)電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い・喉が痛い原因~ドライヒット対処法電子タバコ(VAPE)の仕組み・構造を徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれでかっこいい電子タバコ(VAPE)の魅力とは?禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識電子タバコ(VAPE)人気が女性にも!そのワケは加熱式タバコにはないフレーバー。色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?電子タバコ(VAPE)比較。種類と特徴について。電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの違いは一体何?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の値段・価格は?電子タバコ(VAPE)のコスパ・ラニングコストは加熱式とどう違う?加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは電子タバコ(VAPE)のリキッド消費量、コスパについて電子タバコ(VAPE)のキック感、吸いごたえは?タバコに含まれるタールの成分・害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)のニコチン入りリキッドの害について電子タバコ(VAPE)にはタールが含まれていないという真実電子タバコ(VAPE)は紙巻きタバコと違って吸ったあと口臭はしない?電子タバコ(VAPE)なら室内で吸っても部屋ににおいは残らない?電子タバコ(VAPE)は非喫煙者が吸っても平気?ニコチンとタール。結局どっちが害?違いは?タバコに含まれるニコチンの害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)の味をさらに堪能するためには?電子タバコ(VAPE)のにおいは、臭い、気持ち悪い?電子タバコ(VAPE)ならタバコ嫌いな彼氏・彼女とのキスも大丈夫な理由
健康志向から生まれた電子タバコ"blu"で新しい喫煙体験を

健康志向から生まれた電子タバコ"blu"で新しい喫煙体験を

2018年6月に日本で発売を開始したmybluTM(マイブルー)は、インペリアル・タバコ・ジャパン株式会社が満を持して発表した電子タバコ(VAPE)です。イギリスの世界的たばこ企業インペリアル・ブランズによって製造されています。健康への影響に配慮されたニコチン0、タール0のmybluTM(マイブルー)とは、企業のどのような思いから生み出されたものなのでしょうか。

電子タバコ"blu"を生み出した世界的企業インペリアル・ブランズ

BC 権威醸成 1.1 520

インペリアル・ブランズは、喫煙者へよりよいものを提供することに積極的な企業です。ここでは健康に配慮した電子タバコ(VAPE)、mybluTM(マイブルー)が作り出された環境や、動物実験を行わない研究の方針などについてご紹介します。

たばこと人の健康との関連性を科学する研究機関を設置

インペリアル・ブランズでは、全ての喫煙者が健康的にたばこを楽しめるように、巨額の費用をかけた研究開発が行われています。 たばこの代わりとなり得る次世代型タバコの開発にも取り組んでおり、たとえば蒸気でフレーバーを楽しむ電子タバコ(VAPE)の開発などを行っています。電子タバコ(VAPE)は紙巻きタバコや圧縮したたばこの葉を熱して吸引する加熱式タバコと比較して健康への影響が少ないとされており、インペリアル・ブランズでは健康を配慮した禁煙だけでなく、喫煙の選択肢を広げる可能性もあると考えているのです。 独自の研究施設では、さまざまな観点から製品についての研究が行われています。人の健康への影響を評価する試験では、肺がんや慢性閉塞性肺疾患(COPD)といった、喫煙が原因となり得る疾患の安全性についても判定しています。

動物を用いない製品テストや、植物病害の研究にも注力

一貫して質の高い製品を作り続けるために、インペリアル・ブランズは、動物実験や植物研究に対しても独自の考えを持っています。まず製品テストの過程では、動物を用いた実験や研究を行っていません。愛護の精神に基づいているのはもちろんですが、動物実験が含まれる従来型の毒性試験は、時間や費用がかかることに加え、必ずしも人間に適用できるとはいえないといった見解もあるからです。そのため権威ある学術組織として知られる全米学術評議会でも、動物実験からペトリ皿で行われるヒト細胞を用いた実験などへのシフトを推奨しています。 また、たばこの葉の研究もインペリアル・ブランズが力を注いでいる分野の1つです。たばこ研究の長い歴史があるフランスのベルジュラックでは、葉の品質向上や害虫への耐性の向上を目的に、たばこの葉に関する研究が進められています。世界中のたばこの種子を集めた遺伝子銀行も所有しており、その資源を植物やたばこにおける世界の研究者が利用できるようにするなど、さらなる発展にも寄与しています。

健康リスクの軽減が期待されるVAPE

(画像2)

喫煙が健康に与える影響を考慮し、まずはVAPE(ベイプ)を試してみたいと考える方もいるかもしれません。では実際VAPE(ベイプ)を対象とした研究において、人体に与える影響はどのような結果を得ているのでしょうか。 VAPE(ベイプ)が広く普及しているアメリカとイギリスでは、喫煙と比べてVAPE(ベイプ)は人体への影響が少ないと公的機関による発表もされています。アメリカでは公的な保健機関であるアメリカがん協会や全米アカデミーズが、禁煙に関する近年の臨床研究において「電子タバコ(VAPE)はニコチン補充療法よりも禁煙に対する効果がほぼ2倍」と示唆しています。またイギリスにおいても、公的機関であるイングランド公衆衛生サービスが、紙巻きタバコよりも電子タバコ(VAPE)のほうが有害性のレベルが低いとしています。インペリアル・ブランズが提供する電子タバコ(VAPE)"blu"を対象とした実験では、最大400回連続的で吸い込んだときの肺細胞に与える影響は、新鮮な空気を吸い込んだときとほぼ変わらないとの言及もあるのです。

このように健康を考えた喫煙の可能性だけでなく、たばこの生産や研究に関わる動物や植物にも着目しているのがインペリアル・ブランズの特徴ともいえるかもしれません。紙巻きタバコがもたらす健康への影響が気になっている方は、この機会にぜひ、初心者にも扱いやすくスマートなデザインが魅力のmybluTM(マイブルー)を試してみてはいかがでしょうか。今までにない新しい喫煙体験ができるかもしれません。