公式ブログトップ
Plus Icon
電子タバコ(VAPE)についてのブログ飲食店やオフィスでタバコが吸えない? 改正健康増進法(受動喫煙防止)で始まる全面禁煙とは?知っておきたい!改正健康増進法の理由になった受動喫煙(タバコの煙)の影響電子タバコ(VAPE)のバッテリー寿命はどのくらい?長持ちさせるには?電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?一番安心できる販売店は?電子タバコ(VAPE)のルールやマナーって?喫煙所以外でも使える?電子タバコ(VAPE)をもっと楽しめる吸い方のコツとは?電子タバコ(VAPE)の煙が出ない!考えられる原因と対処法は?購入前の参考に!電子タバコ(VAPE)のメリット・デメリットを紹介電子タバコ(VAPE)は水蒸気が発生する?どんな仕組み?法改正でファミレスが原則喫煙不可に?今後注目の電子タバコ(VAPE)についてmybluなど電子タバコの「蒸気」と紙巻きタバコの「煙」の違いタバコを吸う彼氏・彼女に電子タバコ(VAPE)がおすすめな理由電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方電子タバコ(VAPE)初心者におすすめする失敗しない選び方電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄・メンテナンス方法(アトマイザー/コイル)電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い・喉が痛い原因~ドライヒット対処法電子タバコ(VAPE)の仕組み・構造を徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれでかっこいい電子タバコ(VAPE)の魅力とは?禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識電子タバコ(VAPE)人気が女性にも!そのワケは加熱式タバコにはないフレーバー。色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?電子タバコ(VAPE)比較。種類と特徴について。電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの違いは一体何?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の値段・価格は?電子タバコ(VAPE)のコスパ・ラニングコストは加熱式とどう違う?加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは電子タバコ(VAPE)のリキッド消費量、コスパについて電子タバコ(VAPE)のキック感、吸いごたえは?タバコに含まれるタールの成分・害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)のニコチン入りリキッドの害について電子タバコ(VAPE)にはタールが含まれていないという真実電子タバコ(VAPE)は紙巻きタバコと違って吸ったあと口臭はしない?電子タバコ(VAPE)なら室内で吸っても部屋ににおいは残らない?電子タバコ(VAPE)は非喫煙者が吸っても平気?ニコチンとタール。結局どっちが害?違いは?タバコに含まれるニコチンの害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)の味をさらに堪能するためには?電子タバコ(VAPE)のにおいは、臭い、気持ち悪い?電子タバコ(VAPE)ならタバコ嫌いな彼氏・彼女とのキスも大丈夫な理由
コスパ比較!myblu(マイブルー)と通常のタバコはどっちがお得?

コスパ比較!myblu(マイブルー)と通常のタバコはどっちがお得?

近年、ご家族やご自身の健康のためにタバコを卒業し、電子タバコへの切り替えを検討されている方も多いのではないでしょうか。ただ、電子タバコに興味はあっても、「今までのタバコ代より高額になってしまうのでは」という点は気になるものです。 そこでこの記事では、電子タバコであるmybluTM(マイブルー)と通常のタバコのコスパに焦点を当て、どちらがよりお得なのかをご紹介します。

電子タバコmybluTM(マイブルー)とは

blog-1-1

電子タバコは、フレーバーのついたリキッドを加熱して、そこから出る蒸気を吸うもので、「VAPE」と呼ばれています。 タバコの葉を熱してニコチンを吸引する加熱式タバコと混同されがちですが、全くの別物です。

mybluTM(マイブルー)は、ニコチンではなくリキッドの香りを楽しむために開発された「VAPE」です。イギリスの大手タバコメーカー、インペリアル・ブランズが展開しており、日本では、日本法人のインペリアル・タバコ・ジャパンが取り扱っています。 電子タバコには、構造によって「リキッド補充式」「カートリッジ式」「使い捨て式」がありますが、mybluTM(マイブルー)は、「ポッド」というフレーバーリキッドが入ったカートリッジを、本体に装着するタイプです。ポッド式は「リキッド補充式」のようなメンテナンスの必要がなく、ポッドの装着も簡単です。充電は専用のUSB充電器で約20分と、短時間で済むのが特長です。 フレーバーは、メンソールやグリーンアップルなど10種類の中からお好みのものが選べます。蒸気の量が多いことから、吸っている感があるというレビューが多く見られます。

mybluTM(マイブルー)は高い?安い?通常のタバコとコスパ比較

mybluTM(マイブルー)はお得なのかという疑問を解消する為に、通常のタバコとのコスパを比較していきましょう。

mybluTM(マイブルー)にかかる費用

Kosupa Blog Image 2 mybluTM(マイブルー)を使うには、機器本体が必要になります。 mybluTM(マイブルー)本体に、USB充電器とフレーバーポッド1個がセットになった「スターターキット」は、税込2,700円で販売されています。交換用のフレーバーポッドの価格は、1パック2個入りが920円、1カートン(5パック入り)で4,600円です。

mybluTM(マイブルー)のランニングコストを通常のタバコと比較

では次に、通常のタバコを「1日1箱」吸っている方が、mybluTM(マイブルー)に切り替えた場合を想定し、1か月間でかかる費用(ラニングコスト)を比較します。

先の項目でも述べましたが、1箱480円のタバコを1日1箱吸っているなら、1か月間で大体「480円×30箱=14,400円」の費用がかかります。。 一方mybluTM(マイブルー)は、目安としてフレーバーポッド2個が通常のタバコ3箱分程度に相当するとしています。ですから、通常のタバコと同じ量を吸うとすれば、一か月間で20個のフレーバーポッドが必要です。 フレーバーポッドは1パック2個入りですので、「920円×10パック=9,200円」となり、通常のタバコより月5,000円以上も安くなる計算になります。スターターキット2,700円代を加えても、まだ2,000円以上の節約できるのです。

使用場所

2020年4月より「改正健康増進法」や「東京都受動喫煙防止条例」が全面施行され、飲食店など多数の人が利用する施設内での喫煙は原則禁止¹となりました。

加熱式タバコのこれら施設内での使用は、室外への煙流出防止措置を講じ、標識を掲示した喫煙室または加熱式タバコ専用喫煙室に原則として限られます²。

一方、myblu™(マイブルー)をはじめとする電子タバコ(VAPE)は、上記の規制の対象外となっています。ビルや飲食店独自のルールやマナーにさえ気を付ければ、myblu™(マイブルー)を多数の人が利用する施設内でも楽しむことができます。

¹ 小規模経営の既存飲食店は、標識の掲示等により店内での喫煙が可能です。
² 加熱式タバコ専用喫煙室では飲食も可能です。

mybluTM(マイブルー)のコスパをよくするには吸い方も重要

Blog Kosupa Image 3

mybluTM(マイブルー)は、一度の充電で約300回の吸引ができますが、吸う強さや吸い方によって消費量が変わります。 「VAPE」の吸い方のひとつに、DL(ダイレクト・ラング)という、深呼吸をするように直接肺に蒸気を入れる吸い方があります。蒸気を多く吸い込める分、吸った感が強く満足感を得やすいのですが、消費量が多くなってしまうという面もあります。コスパを考えるなら吸い方にも注意が必要です。

mybluTM(マイブルー)なら、通常のタバコから切り替えることで、これまでより費用が安く済む可能性が高くなります。ニコチンとタールがゼロのmybluTM(マイブルー)を使って、手軽に減煙・禁煙にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

mybluTM(マイブルー)のスターターキットはこちらから