公式ブログトップ
Plus Icon
電子タバコ(VAPE)についてのブログ電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方初心者が失敗しないための電子タバコ(VAPE)の選び方電子タバコ(VAPE)はどこで買える?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄(メンテナンス)方法電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い原因と対処法最近話題の電子タバコ(VAPE)の仕組みを徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれな電子タバコ(VAPE)がインスタの定番になる!禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識加熱式タバコにはないフレーバーで電子タバコ(VAPE)が女性にも人気!色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?加熱式タバコと比較!電子タバコ(VAPE)の特徴やメリットとは加熱式タバコ喫煙者だが電子タバコ(VAPE)も気になる!一体どう違う?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の価格・値段は?電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコのコスパの違い加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは電子タバコ(VAPE)のリキッド消費量、コスパについて電子タバコ(VAPE)を吸いたいけどキック感、吸い応えは?タールの成分・害(影響)とは?
メリット比較!myblu(マイブルー) vs 加熱式タバコ

メリット比較!myblu(マイブルー) vs 加熱式タバコ

電子タバコのmybluTM(マイブルー)と加熱式タバコの違いをご存知でしょうか。電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコは、どちらも使ったあとの手入れが必要です。しかし、電子タバコの中でもこのmybluTM(マイブルー)は、手入れの手間が少ない、と注目されています。手入れに関する部分以外にも様々な差があるので、ここではmybluTM(マイブルー)と一般的な加熱式タバコの特徴を、比較しながらご紹介していきます。

電子タバコと加熱式タバコとは

blog_meritto_1 電子タバコと加熱式タバコの違いとは何なのでしょうか。 加熱式タバコは、タバコ葉をペースト状の固形にしたものを加熱し、吸って楽しむものです。タール・ニコチンが入っているため、紙巻きタバコに近いと言えます。一方、電子タバコ(VAPE)はリキッドを機器に取り付け、気化させた蒸気を吸って楽しみます。このリキッドにはタール・ニコチンが含まれていないため健康への影響が少なく、また、さまざまなフレーバーがあるため、楽しめる味の幅が広いのが特徴です。

mybluTM(マイブルー)と加熱式タバコのメリット比較

電子タバコのmybluTM(マイブルー)と加熱式タバコのメリットを比較してみましょう。

吸い心地やフレーバー

吸い心地やフレーバー 加熱式タバコは、紙巻きタバコと同様にタバコ葉を使っています。これを加熱して喫煙するため、吸い心地は紙巻きタバコに似たものとなります。選べるフレーバーは主にタバコ味とメンソール味の2種類で、少ないですがフルーツフレーバーがラインナップされているものもあります。

一方のmybluTM(マイブルー)は、リキッドが充填された「フレーバーポッド」を本体に装着し、発生する蒸気を吸い込んで香りを楽しみます。紙巻きタバコよりややマイルドな吸い心地ですが、前述のとおり、リキッドにニコチンやタールは含まれていないため、健康に配慮したい方にはピッタリです。フレーバーは、タバコ味やメンソール味に加え、アイスベリー味やカフェラテ味など、バラエティー豊かな10種類から選ぶことができます。 いろいろな香りを試して、好みのフレーバーを探すのもmybluTM(マイブルー)の楽しみ方のひとつです。 mybluTM(マイブルー)のフレーバーレビューはこちらから

使いやすさ

加熱式タバコは、専用のヒートスティックを機器のブレードに差し込めば喫煙できるため、それほど手間はありません。ただし、差し込むときにブレードが折れやすいものがあり、注意が必要です。 そして、一度吸い終わると数分間充電しなければならず、連続して2本目を吸うことはできません。 また加熱式タバコを使うには、ヒートスティックを差し込むホルダーの充電とは別に、ポケットチャージャーの充電も必要です。このポケットチャージャーの充電時間は、機種により異なりますが1時間半~3時間程度かかるものもあります。ホルダーとポケットチャージャーが一体になった機種もありますが、その分充電時間は長めになるようです。

一方、mybluTM(マイブルー)は本体さえ充電すればすぐに使用可能です。フル充電にかかる時間も、20分程度で済みます。 加えて、1回の充電で約300回使えるので、連続して吸うことができるのも加熱式タバコにないメリットです。機器のオン・オフは自動で行われるため、ストレスなく楽しめるでしょう。フレーバーを変えるときは、本体の液体ポッドを差し替えるだけなので手間がなく簡単です。使い切ったポッドは使い捨てにでき、手入れの面倒さもありません。

mybluTM(マイブルー)の仕組みや構造を知りたい方はこちらから
mybluTM(マイブルー)を実際に利用された方の感想はこちらから

コスパ

加熱式タバコはニコチンを含むのが一般的です。火を使わないため、紙巻きタバコよりは有害な物質の摂取は少ないといわれていますが、全くないとはいえません。しかし紙巻きタバコと違い煙が出ないため、受動喫煙に配慮することはできます。

そして、一方のmybluTM(マイブルー)は、リキッド内にニコチンやタールを一切含みません。自分や周囲の健康へ配慮しながら楽しむことができるため、吸うことに対して気後れせずに済むでしょう。

健康面

加熱式タバコはニコチンを含むのが一般的です。火を使わないため、紙巻きタバコよりは有害な物質の摂取は少ないといわれていますが、全くないとはいえません。しかし紙巻きタバコと違い煙が出ないため、受動喫煙に配慮することはできます。

そして、一方のmybluTM(マイブルー)は、リキッド内にニコチンやタールを一切含みません。自分や周囲の健康へ配慮しながら楽しむことができるため、吸うことに対して気後れせずに済むでしょう。

mybluTM(マイブルー)をおすすめできる人

*my*blu~~TM~~(マイブルー)をおすすめできる人 mybluTM(マイブルー)は、健康への影響がより少ないものがよい、簡単に使えるものがよい、待ち時間なく吸いたいという人におすすめです。 また、タバコ特有のにおいがないので、今まで喫煙を控えていた室内や車の中で気兼ねなく一服したい人にも適しています。 多様なフレーバーを楽しみながら、紙巻きタバコを吸った後に息をリフレッシュするといった使い方もできます。

mybluTM(マイブルー)と加熱式タバコの特徴を比較してご紹介しました。タバコを吸いたいけれどできるだけ健康にも配慮したい、より手軽に扱いたいと考える人は、mybluTM(マイブルー)を試してみてはいかがでしょうか。

mybluTM(マイブルー)でVAPEを始めるならスターターキットがお得!
他の電子タバコ(VAPE)との比較はこちらから。