VAPEに火災報知器は反応するか? | blu

18/5月/31

VAPEに火災報知器は反応するか?

カテゴリー: News

VAPE使用者が日常生活の中で直面する最大の疑問が、「VAPEに火災報知器は反応するか?」というものです。これは簡単に回答できるものではありませんが、結局のところ、VAPEは煙ではなく蒸気を発生させるため、理論上は火災報知器が検出すべき煙が発生しておらず、そのためVAPEに火災報知器は反応しません。しかし、実際にはそれほど単純な話ではありません。

一般に使用されている煙検知器は3種類あり、蒸気が煙として検知される可能性は、どの種類の検知器が使用されているかによって異なります。以下がその3種類です。

  1. 熱感知アラーム
  2. イオン化検出器
  3. 光電検出器

熱感知アラーム

最も使用件数が少なく、VAPE使用者にとって最も問題になりにくいものが熱感知アラームです。おもにキッチンで使用され、煙の量ではなく検知した熱のレベルによって反応します。使用者がベイピングした場合に発生する熱では何ら問題が生じないため、このタイプのアラームの付近でVAPEを使用する際の問題はありません。

イオン化検出器

イオン化検出器は2枚の帯電したプレートの間に存在する微量の放射能物質によって機能します。これが装置内の空気をイオン化させ、煙の分子を破壊する電流を発生させることによってアラームが起動します。

このタイプの検知器は分子レベルで機能するため、環境の変化に非常に敏感である場合があります。VAPEは煙ではなく蒸気を発生させるため(したがって異なる種類の分子を発生させるため)、イオン化検出器を反応させることは少ないことが知られています。

光電検出器

最後に紹介する煙検知器が最も一般的に使用されており、VAPEで起動する可能性が最も高いものです。光電検出器は可視光線を利用して、周囲の煙を検知します。検出器の周囲に十分な煙が存在すると光線が拡散し、アラームが起動します。

煙で起動するリスクよりも蒸気で起動するリスクの方が小さいですが、その可能性は依然としてあります。光線を拡散させるのに十分な蒸気が存在する場合、それが実際には煙であろうとなかろうと、アラームが起動します。

煙検知器の周辺でのVAPEの使用について

煙検知器の周辺でVAPEを使用する際の決まったルールは存在しません。検知器の中には反応するものもあれば、反応しないものもあります。最も良いのは、その検知器の機能とそれぞれの環境に応じて判断することです。多量の蒸気を発生させ、混雑した場所または過敏な場所の煙検知器に非常に近い場所にいる場合は、ベイピングしない方がよいでしょう。そうすれば、アラームを起動させ、あなたや周囲の人々に問題を生じさせる可能性をなくすことができます。

一方、自宅や家族・友人の家にいる場合、または煙検知器からかなり離れた位置にいてベイピングしている場合は、なんら問題はありません。検知器から蒸気を離すことで検知器を起動させるリスクを回避し、たとえ反応してしまった場合でも制御できる環境であると言えます。

しかし、VAPEの使用が厳しく禁止されている場所では、規則に従いベイピングしないようにしましょう。

上に戻る