タールの成分・

害(影響)

とは?

紙巻きタバコには、人体に影響を与える成分が含まれている事実が広く知られています。しかし、実際にどのような影響があるのかを詳しく知っている方は多くないかもしれません。そこで、今回は紙巻きタバコの煙に含まれる成分の1つ、タールについて詳しく解説していきます。

たばこに含まれる成分「タール」とは

GC 1905 24-1

タールには複数の意味合いがあり、石油に由来する物質全般を指すコールタールや、樹木に由来する木タールがあります。たばこの成分としてのタールは、一酸化炭素とガス状成分を除いた成分で、いわゆる「ヤニ」のことです。 タールはニコチンのような単一の物質ではなく、粒子状のあらゆる物質をひっくるめた呼称のため、有害性について想像しにくい面があります。そこで、タールの有害性を解説する前に、タールのイメージを説明します。実際に紙巻きタバコの煙を顕微鏡で観察してみると、気体状の成分の中に直径0.4ナノメートルの小さな粒子が浮遊しているのが見えます。具体的には、この粒子に含まれる有害な環状芳香族炭化水素や、フェノール、ベンゼンなどの物質をタールと呼ぶのです。

タールが発生する原因はいくつかあります。まず、たばこの葉はナス科の植物からできており、これを乾燥させて燃やした煙を楽しむのがたばこ製品ですが、その煙に含まれるすべての成分が純粋なたばこの葉由来ではありません。栽培時に使用されている農薬や添加物、巻くための紙やのり、フィルターなどが同時に不完全燃焼をした結果、その煙には4,000種類以上の化学物が含まれるのです。

タールは体にどう影響を及ぼすか?

GC 1905 24-2

たばこに含まれている化学物質は4,000種類ほどだと紹介しましたが、その中に含まれる人体への影響が考えられる物質は200種類以上とされています。そして、その約200種類の物質のうち、50種類程度が特に健康への影響が大きいと言われています。人体への影響が広く知られているニコチンなどは、煙として吸われたのち粘膜から吸収され全身へと回ります。しかし、タールはほとんど吸収されず、この性質により健康に影響があることも確認されています。また、タールの高い吸着力によって及ぼされる影響もあり、もっともわかりやすいのが歯などへの着色です。たばこを吸う人の歯へタールが蓄積して、徐々に黄ばんでいく現象に心当たりがある方もいらっしゃるかもしれません。 近年は健康志向も高まってきていますし、東京オリンピックの開催も相まって、喫煙者はより肩身が狭くなっていくと考えられます。歯の黄ばみやたばこのにおいをますます気にしなければならなくなることが予想されますから、今からできる限り対処しておきたいところです。タールの汚れは歯磨きなどではなかなか取り除くことができません。これからの世情に合わせて見た目や健康のことを考えるなら、早めに減煙や禁煙を視野に入れるようにしましょう。

【注意】軽いたばこ(低タール)だから体に安心とは限らない!

禁煙や減煙を行おうと思ったとき、まず低タールのたばこや加熱式タバコが選択肢に挙がります。しかし、低タールをうたった軽いたばこなら安心、とは言えません。 低タールたばこは、たばこの健康への影響が問題視され始めた1964年に、アメリカで開発されました。紙巻きタバコのフィルターに通気孔を多くあけ、タールを吸い込む量が減るよう工夫されています。 そのため、喫煙本数が同じなら、タール含量の多い通常のたばこよりも健康への影響は低下します。しかし、巻かれているたばこ葉の量は変わらないため、副流煙に含まれるタールなどの有害物質の量は、普通の紙巻きタバコと同様です。

また、加熱式タバコも低タールたばこのひとつです。こちらはたばこ葉を電気で熱して吸煙するアイテムで、たばこ葉を燃焼させないので有害物質が生じにくいと言われています。実際、使用するカプセルの中に含まれるたばこ葉の量は少ないでしょう。しかし、2016年時点で紙巻きタバコよりも健康への影響が少ないとする研究はありませんし、2017年には一般社団法人日本禁煙学会が「紙巻きタバコと同程度の影響がある」と警告を出しています。ただし、加熱式タバコの煙に含まれるタールやニコチンの量は紙巻きタバコよりも少ないため、周囲への影響についてはメリットがあると言えます。

とはいえ、せっかく健康面や周囲への影響について考えるなら、できれば完全に禁煙を目指したいところです。たばこを好ましくないと感じる人も増えている現代では肩身の狭い思いをすることもあるため、減煙で徐々に本数を減らしながら、禁煙を目指してみることをおすすめします。

タールゼロの電子タバコ(VAPE)で健やかにリフレッシュ

GC 1905 24-3

低タールであろうとなかろうと副流煙による周囲への影響は変わらないため、いっそ禁煙しようと考えた方もいるのではないでしょうか。 しかし、長年のたばこ習慣を止めるのはなかなか難しいものです。「何かを吸いたい」「口がさびしく感じる」といった理由から、喫煙を再開してしまうケースも多々あります。中央社会保険医療協議会が発表している「ニコチン依存症管理料による禁煙治療 の効果等に関する調査報告書」でも、禁煙外来後に継続して禁煙できた割合は27%と低く、無理な禁煙はいつか破たんしてしまうことを示しています。(参照:平成 28 年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査(平成 29 年度調査) ニコチン依存症管理料による禁煙治療の効果等に関する調査報告書 https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12404000-Hokenkyoku-Iryouka/0000192293.pdf )そこで、紙巻きタバコの代替品として一度電子タバコ(VAPE)を試してみてはいかがでしょうか。 VAPE(ベイプ)はたばこの葉を使用していないため、ニコチンゼロ・タールゼロです。フレーバーリキッドを加熱して、発生した蒸気を楽しむスタイルなので、周囲に迷惑をかけません。 もし喫煙者が禁煙や減煙のために電子タバコ(VAPE)を取り入れるのであれば、たばこ味のフレーバーをおすすめします。ニコチンゼロ・タールゼロでありながらたばこの味を楽しめるため、禁煙に役立つでしょう。他にもフルーツ系のリキッドやスイーツ系のリキッドなど、味をこまめに変えて新しい楽しみ方を模索するのもおすすめです。VAPE(ベイプ)は、健康志向の高まりから禁煙を目指す喫煙者の手助けをしてくれるアイテムだと言えるでしょう。 電子タバコ(VAPE)は周囲へ配慮しつつ、禁煙を目指せる画期的なアイテムです。まずは紙巻きタバコと併用して、徐々に電子タバコ(VAPE)の割合を増やしていくことをおすすめします。 電子タバコ(VAPE)のひとつであるmybluTM(マイブルー)なら、POD型でメンテナンスなどの手間もかからないため、紙巻きタバコの愛用者だった方でもあまり違和感なく移行できるはずです。フレーバーはタバコ味やメンソール味も含む10種類と豊富なので、ぜひお気に入りのフレーバーを見つけてみてください。

電子タバコ(VAPE)について理解を深めたい方はこちらのブログより
mybluTM(マイブルー)について理解を深めたい方はこちらのブログより

上に戻る