電子タバコ(VAPE)についてのブログ電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方初心者が失敗しないための電子タバコ(VAPE)の選び方電子タバコ(VAPE)はどこで買える?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄(メンテナンス)方法電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い原因と対処法最近話題の電子タバコ(VAPE)の仕組みを徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれな電子タバコ(VAPE)がインスタの定番になる!禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識加熱式タバコにはないフレーバーで電子タバコ(VAPE)が女性にも人気!色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?加熱式タバコと比較!電子タバコ(VAPE)の特徴やメリットとは加熱式タバコ喫煙者だが電子タバコ(VAPE)も気になる!一体どう違う?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の価格・値段は?電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコのコスパの違い加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは

ニコチンとタールの違いは?結局どっちが悪い?

喫煙者なら、たばこに含まれている成分として「ニコチン」「タール」という名前を一度は見聞きしたことがあるでしょう。しかし、両者の特徴や体への影響をしっかり理解している方は意外と少ないのではないでしょうか。この記事では、ニコチンやタールの詳細を解説します。

たばこに含まれる、健康に影響を及ぼす代表的な物質

GC 1905 22-1

たばこは、さまざまな成分からできています。たばこの煙にはおよそ4,000種類もの化学物質が含まれており、人体への影響もさまざまです。なかでも有名な成分が「ニコチン」と「タール」。この2種類はたばこの葉を使ったすべてのたばこ製品に含まれており、喫煙者の健康と密接な関係があります。

まず、ニコチンは化学物質として非常に身体への影響が大きく、また依存性の強い成分です。習慣的にたばこを吸う方の中には、嗜好品として手放せなくなってしまっている方も多いのではないでしょうか。

一方、タールは、いわゆる「ヤニ」と呼ばれ、たばこを吸う際に必ず発生する煙のうち、ガス成分などを取り除いた粒子状の成分です。粘質性が高いため、長期間にわたり喉や肺に留まりつづけ、体へ影響を及ぼします。着色性も強く、歯や部屋のクロスが黄ばむ原因にもなります。また、独特な強いにおいを持っているため、口臭などの原因にもなります。

ニコチンとタールは何が違う?

たばこに含まれる成分として、ニコチンとタールは混同されがちです。しかし、実際には多くの部分で違いがあります。どちらも体に影響を与える成分ですが、まずは、正しい知識を持って理解することが大切です。

健康への影響

ニコチンを摂取すると、血管は即座に収縮します。その結果、心拍数が急上昇したり、不規則になったりします。一方、タールにはこれらの作用はないと言われています。また、ニコチンを分解する過程で発生するニトロソアミン類については、身体へ大きな影響を与える可能性が知られています。

一方、タールは、身体に悪い影響を及ぼすとされる成分が60種類以上含まれているため、健康への影響もより大きいおそれがあります。近年、「低タール」を売りにして安全性を訴えるたばこも発売されましたが、タールの摂取量は個人の吸い方によって大きく異なります。低タールのたばこでも、吸う本数が多ければ危険であることに変わりはないため、「低タールのたばこだから健康に影響がない」という考え方は、必ずしも成り立たないことを心に留めておきましょう。

依存性の有無

ニコチンは脳内で「ニコチン受容体」という物質と結びつき、快感を司る物質であるドーパミンの大量分泌を促します。喫煙によってこのドーパミンが急激に分泌される状態を繰り返すうち、ニコチンへの依存が起こるのです。禁煙期間中にイライラしたり、集中力が低下したりするのも、ニコチンの依存性の影響によるものです。一方、タールには依存性はないと言われています。

ニコチンとタール、どっちが悪いか?

GC 1905 22-2

たばこをめぐる議論で、たびたびテーマとなっているのが「ニコチンとタールのどちらが体に悪いのか」という点です。大前提として、いずれも決して有害性のレベルが低いとは言えない成分です。それでも、「より影響力が強い」という点ではタールに軍配が上がるでしょう。

たとえば、ロイター誌は「喫煙習慣を身につけるきっかけになるのはニコチンだが、健康を害するきっかけになるのはタールである」という旨の記事を掲載しました。依存性が強いという点で、ニコチンは喫煙における最大の悪ととらえられがちです。しかし、実際にはタールが原因で健康へ影響が出ていることが多いため、タールのほうが人体への影響は甚大と言えるのです。

確かに、ニコチンにも「心拍数を急上昇させる」などの影響があるのは事実です。ただ、こうしたニコチンの性質を利用して、心臓病の治療に役立てようという研究も進められています。また、ニコチンは感覚情報処理機能を高めることができると考えられており、「ADHD(注意欠陥多動性障害)やパーキンソン病の治療にも応用できる」という意見も生まれています。喫煙習慣を持ちながらも健康に気をつけたいなら、特に注目すべきはタール対策だと言えるでしょう。

ノンスモーカーと会う際は電子タバコ(VAPE)でエチケット

GC 1905 22-3

喫煙者にとって気をつけなければならないのが、「ノンスモーカーと過ごす時間」です。ノンスモーカーの多くは、たばこを避けて生活しています。それには、煙が嫌いだったり、口臭や体臭を気にしていたりと、人それぞれの理由があるでしょう。喫煙者は、こうしたノンスモーカーに配慮してたばこを吸うのがマナーです。

また、状況によっては喫煙者よりもノンスモーカーのほうが健康をおびやかされています。喫煙者が吸い込む主流煙よりも、吐き出す副流煙のほうが人体にとってははるかに有害だと言われているためです。喫煙者は、たばこを吸うことで周囲の人の健康にまで影響を与えていることを自覚しましょう。

近年、世界で喫煙に対する意識が変わってきています。そのため、分煙に協力したり、禁煙を考えたりする必要も出てくるでしょう。そんなときに選んでほしいのが「電子タバコ(VAPE)」です。VAPE(ベイプ)は、たばこ葉ではなく、香りのついたリキッドを熱することで発生する蒸気を楽しむ、従来とは異なる新しいたばこです。さまざまな種類のリキッドが発売されており、リキッドを変えることで、いろいろな香りや味を楽しめます。

日本で購入できる電子タバコ(VAPE)の一種であるmybluTM(マイブルー)は、従来のたばこと違って、ニコチンゼロ・タールゼロの商品です。紙巻きタバコと比べて有害性のレベルが低く、安全性に優れた電子タバコ(VAPE)と言えるでしょう。なお、海外製の商品を個人で輸入するなどすれば、ニコチンを含んでいるVAPE(ベイプ)を手に入れることもできます。

世界中で愛される電子タバコ(VAPE)は、周囲の人々への配慮をしっかり行えるアイテムです。紙巻きタバコや加熱式タバコと違いたばこの葉を使用していないため、副流煙の害を抑えられます。一方で、インターネットだけで取引されているようなVAPE(ベイプ)には、粗悪な品が混じっているおそれもあります。健康のためにVAPE(ベイプ)を始めるなら、成分や製造元を十分に確認した上で、信頼できる商品を選びましょう。

電子タバコ(VAPE)について理解を深めたい方はこちらのブログより
mybluTM(マイブルー)について理解を深めたい方はこちらのブログより

トップに戻る
Chevron right Icon