電子タバコ(VAPE)リキッドの主成分PG/VGについて、危険性はある?

電子タバコ(VAPE)リキッドの主成分PG/VGについて、危険性はある?

安全なイメージのある電子タバコ(VAPE)。しかし、中にはVAPEのリキッド内に含まれる主成分PG/VGは、本当に安全なのか不安という方もいます。そこで、今回は、主成分PG/VGの特徴とその安全性ついて詳しく解説していきます。

ニコチン・タールゼロで「健康増進法の一部を改正する法律」の規制対象外となっており、安全なイメージのある電子タバコ(VAPE)。しかし、中にはVAPEのリキッド内に含まれる主成分PG/VGは、本当に安全なのか不安という方もいます。そこで、今回は、主成分PG/VGの特徴とその安全性ついて詳しく解説していきます。

電子タバコ(VAPE)のリキッドの主成分は?

FY20GC012-2-min

紙巻きタバコに比べて健康への影響が少ないといわれている電子タバコ(VAPE)ですが、どのような成分が使われているのでしょうか。

VAPE(ベイプ)とは、電子タバコのことを指すことばで、フレーバーリキッドを加熱した蒸気を口に含むことで、様々なフレーバーの蒸気を楽しむことができるのが特徴です。このリキッドはニコチン・タールゼロで従来のたばこのような副流煙や健康への不安も少なく、近年ではたばこからVAPE(ベイプ)に切り替える人も増えてきています。また洋服に臭いが付着したりするようなこともないため、ファッションとしても取り入れられることが多いようです

では、電子タバコ(VAPE)のリキッドに含まれる主成分とは何なのでしょうか。それは「プロピレングリコール・植物性グリセリン・香料」の3種類です。VAPE(ベイプ)は、様々なフレーバーが楽しめる商品であり、それらの香りを出すため食品にも使用される香料が用いられています。では聞き慣れないプロピレングリコールと植物性グリセリンとは一体どのようなものなのでしょうか。

プロピレングリコール(PG)

まず、プロピレングリコール(PG)とは、無味無臭の成分で保湿性や防カビといった特性があります。私たちの生活に身近なものでも、シャンプーや医薬品など数多くのものに使われており、また食品添加物としてケーキやおにぎり、麺類などの食品にも含まれていることが多い成分となっています。

植物性グリセリン(VG)

そして、植物性グリセリンは、無色透明で粘性の成分で、パーム椰子など植物から採取されるものです。また少しだけ甘味がある成分であるため、食品添加物として甘味料に使用されることが多くあります。さらに、植物性グリセリンは昔から保湿剤や化粧品などの肌に塗るオーガニック成分としても使用されており、古くから親しまれてきた成分です。

電子タバコ(VAPE)のリキッドは体に悪くない?

紙巻きタバコや加熱式タバコから、VAPE(ベイプ)に切り替える際に、やはり一番気になるのは、体への影響なのではないでしょうか。 前述の通り、VAPE(ベイプ)はニコチン・タールゼロで、また一酸化炭素も含まれていません。そのため、紙巻きタバコよりも健康への影響を与える可能性のある物質が少ないと考えられています。

ただし電子タバコの歴史は、紙巻きタバコの歴史と比べると浅く、電子タバコの安全性について各機関で研究を進めているのが現状です。

タバコのような副流煙の影響は?

FY20GC012-3-min

近年では、2020年4月から施行された「健康増進法の一部を改正する法律(以下、改正健康増進法)」なども相まって望まない受動喫煙を徹底的に防止する動きが広がっています。その受動喫煙の原因であり、一度は耳にしたことがある「副流煙」。これが、喫煙者が敬遠されてしまう大きな要因ともなっています。

「副流煙」は、たばこから立ち上る煙のことで、喫煙者がフィルターを通して吸う「主流煙」とは区別されます。空気中に漂う成分による周囲への影響が懸念されることが多いです。 それでは、VAPE(ベイプ)の場合はどうでしょうか。VAPE(ベイプ)の成分にはたばこの葉を使用しておらず、ニコチン・タールゼロです。特に、電子タバコであるmyblu™はタバコ葉の燃焼とは異なり副流煙の排出はなく、室内で使用した場合、空気品質への影響は見られないという実験結果も出ています。(※)健康への影響については、さらなる研究が進められています。

※参考:https://imperialbrandsscience.com/wp-content/uploads/2020/03/Vapour-Anatomy-of-Something-Better.pdf

電子タバコ(VAPE)のリキッドをより安全に購入するために

FY20GC012-4-min

ニコチン・タールゼロで、気分転換したいときやこれまでのたばこの代わりにどこでも使用することができる画期的なVAPE(ベイプ)ですが、リキッドを安全に手に入れるためには気をつけておかなければならない点があります。

まず、VAPE(ベイプ)の人気が高くなるにつれ、既成の商品ではなく、その廉価版のリキッドや偽物の商品も多く出回ってきています。既製品ではないものの中には、公式に販売されているものではなく成分が不明なものもあります。日本国内ではニコチン入りのリキッドは過去に販売された事例はありませんが、それらの商品は安全性が担保されていないため、たとえ安い値段で購入できるとしても、公式ではない経路での廉価版の商品は購入しないほうが良いでしょう。VAPE(ベイプ)であるmyblu™(マイブルー)はコンビニエンスストアや公式サイトなどで販売されています。そういったところで購入することで、このような可能性を避けられます。

紙巻きタバコから健康への影響が少ないものに切り替えたい、禁煙や減煙をするため代わりになる嗜好品を探している人もいるのではないでしょうか?また、近年の改正健康増進法などにより喫煙できる場所が限られている中、外出先で気兼ねなく吸えたら…と思う人も少なくないはずです。まずは紙巻きタバコと併用するなどしてVAPE(ベイプ)ならではの良さを実感してみるのもいいかもしれません。