電子タバコ(VAPE)についてのブログ電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方初心者が失敗しないための電子タバコ(VAPE)の選び方電子タバコ(VAPE)はどこで買える?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄(メンテナンス)方法電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い原因と対処法最近話題の電子タバコ(VAPE)の仕組みを徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれな電子タバコ(VAPE)がインスタの定番になる!禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識加熱式タバコにはないフレーバーで電子タバコ(VAPE)が女性にも人気!色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?加熱式タバコと比較!電子タバコ(VAPE)の特徴やメリットとは加熱式タバコ喫煙者だが電子タバコ(VAPE)も気になる!一体どう違う?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の価格・値段は?電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコのコスパの違い加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは

電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?

たばこの吸い方のひとつに「チェーンスモーク」があります。ヘビースモーカーの中には常習化している人もいるチェーンスモークですが、実は電子タバコ(VAPE)においてはあまり望ましくありません。そこで、今回は電子タバコ(VAPE)とチェーンスモークの関係を解説していきます。

電子タバコ(VAPE)とチェーンスモーク

GC 1905 21-1

チェーンスモークとは、連なった鎖(チェーン)のように、たばこを何度も連続して吸う方法です。1日に何箱もたばこを空けてしまうような喫煙者は、すでにチェーンスモークが日常化しているといえます。その中には、健康志向の高まりから禁煙・減煙を目的として電子タバコ(VAPE)への切り替えを視野に入れている方もいるはずです。しかし、健康のためとはいえ、日常的にたばこを愛用している方にとって禁煙・減煙することは辛いものです。せめて、電子タバコ(VAPE)ではどの程度チェーンスモークができるのかが気になるところではないでしょうか。

まず、電子タバコ(VAPE)でもチェーンスモークを行うこと自体は可能ですが、推奨はされていません。その理由のひとつに、リキッドの減りが早くなることが挙げられます。電子タバコ(VAPE)はリキッドを蒸気化させ、吸い込む仕組みになっています。つまり、吸い込む回数が多くなればなるほどリキッドは早く減っていきます。長く電子タバコ(VAPE)を楽しむためにも、間隔を空けて吸うことをおすすめします。

また、チェーンスモークで使用すると電子タバコ(VAPE)が故障するリスクが高くなることも理由のひとつです。リキッドが減ったことに気づかず使い続けていると、「空焚き」と呼ばれる現象が起こります。空焚きは電子タバコ(VAPE)のコイルに負担をかけてしまうので、故障の原因となりえます。

そして、日本で販売されているリキッドはニコチンゼロ・タールゼロですが、海外から個人輸入などすればニコチンの入ったリキッドを手に入れることも可能です。その場合は、チェーンスモークによるニコチン依存症にならないように注意しましょう。電子タバコ(VAPE)で一時的にチェーンスモークをする程度であれば故障しにくいものの、喉を痛めないためにもできるだけ控えることをおすすめします。

ニコチン入りリキッドの害についてはこちらで詳しく解説しています

チェーンスモークで使用し続けるとどうなる

GC 1905 21-2

電子タバコ(VAPE)でチェーンスモークを続けていると、さまざまな問題の起こる確率が上がっていきます。たとえば、「コイルの焦げつき」は大きなトラブルのひとつでしょう。電子タバコ(VAPE)のコイルは消耗品であり、丁寧に使っていたとしても寿命がくるパーツです。チェーンスモークのように負担のかかる吸い方をしていると、その分交換時期も早く来てしまいます。

そして、コイルが焦げつくためにフレーバーの味も焦げ臭くなることが珍しくありません。チェーンスモークによってコイルが焦げつくと、味にも悪い影響があるのです。リキッド本来の良さを楽しめなくなり、吸っている間にも違和感を覚えます。また、コイルやコットンが焦げつくと、人体にとって有害な成分が蒸気に含まれてしまうおそれがあります。喉がいがいがすることや、むせることもありえるでしょう。チェーンスモークに限らず、電子タバコ(VAPE)で焦げ臭いなどの異常を察知したら、すぐ使用を中止して、きちんとメンテナンスを行ってください。どうしてもチェーンスモークをし続けたい場合は、リキッドが切れないようこまめに補充するようにします。また、複数の電子タバコ(VAPE)を回し使いするなど、特定のアイテムに負担がかからないような対策もしておきましょう。

電子タバコ(VAPE)のチェーンスモークを抑えるための工夫

チェーンスモークは理想的な電子タバコ(VAPE)の吸い方とはいえませんが、ついチェーンスモークを始めてしまう人が多いのも事実です。嗜好品である電子タバコ(VAPE)は、一度吸い始めると「もっと吸っていたい」と思ってしまいがちです。その結果、歯止めが効かなくなりチェーンスモークになります。電子タバコ(VAPE)と健康的かつ安全に付き合うためにも、吸い方に工夫をする必要があるでしょう。

まず、リキッドを変えてみる方法をおすすめします。電子タバコ(VAPE)にはさまざまなリキッドが用意されており、それぞれ味や香りが大きく異なります。リキッドのバリエーションを楽しめるのは電子タバコ(VAPE)の醍醐味ですが、薄い味のリキッドだと物足りなさを感じてしまい、チェーンスモークへとつながりやすくなります。フルーツ味など濃い味のリキッドにしてみると、吸い応えもあり少ない回数で満足感を得られるため、チェーンスモークの予防になります。

また、電子タバコ(VAPE)を吸う時間帯を決めてしまうのも選択肢のひとつです。たとえば、「食後だけ」「寝る前だけ」といったように、吸うタイミングをルール化してしまうのです。そうすると、その時間を大切にしようという発想が働き、ほかのタイミングで無意識に電子タバコ(VAPE)をチェーンスモークしてしまうことが減ります。また、電子タバコ(VAPE)本体への負担を減らせるのも大きなメリットでしょう。

電子タバコ(VAPE)はおしゃれなバーでも便利

GC 1905 21-3

チェーンスモーカーにとって、お酒を飲む席でのたばことの付き合い方は重要なテーマです。お酒もたばこも嗜む人は、酔うとたばこが吸いたくなりがちです。事実、居酒屋やパブなどでは灰皿が常備されていて、多くの人がたばこを吸いながらお酒を楽しんでいます。しかし、居酒屋など騒がしい雰囲気の中ではチェーンスモークしていてもさほど気になりませんが、基本的にカクテルの味を楽しむことがマナーとされているバーや高級店では嫌がられることもあります。また、お店側に嫌がられなくても、周囲に非喫煙者がいる可能性があるので、やはり節度のある喫煙が望まれます。とはいえ、周囲に配慮してチェーンスモークをするために度々席を外してしまうと、今度は同席している相手の心象が悪くなってしまうことも考えられます。 このように、通常の喫煙者よりもTPOをわきまえた楽しみ方がさらにシビアになりがちなチェーンスモーカーの悩みを、電子タバコ(VAPE)が解決してくれるかもしれません。まず、電子タバコ(VAPE)はリキッドを加熱した蒸気を楽しむアイテムなので、紙巻きタバコのように有害な煙を出しません。ニコチンゼロ・タールゼロなので、周囲への迷惑はほとんどかからないといえるでしょう。電子タバコ(VAPE)ならたばこ独特のにおいが邪魔をすることもないので、お酒を楽しみながらフレーバーも味わうことができます。そもそも電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークを推奨していませんが、仮にチェーンスモークのように頻繁に楽しんでいても、周りから咎められることは少ないはずです。

手始めに、普段のたばこの一部を電子タバコ(VAPE)に切り替えて、徐々に減煙し、最終的に禁煙につなげてみてはいかがでしょうか。味の濃いリキッドを選べばチェーンスモークを予防することができる可能性がありますし、たばこを吸いたくなるお酒の席でも代替品として重宝するでしょう。禁煙・減煙したいのに吸いたくなる衝動を抑えられない人は、紙巻きタバコから徐々に電子タバコ(VAPE)へと切り替えることをおすすめします。

mybluTMマイブルー)について理解を深めたい方はこちらのブログより

トップに戻る
Chevron right Icon