電子タバコ(VAPE)についてのブログ電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方初心者が失敗しないための電子タバコ(VAPE)の選び方電子タバコ(VAPE)はどこで買える?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄(メンテナンス)方法電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い原因と対処法最近話題の電子タバコ(VAPE)の仕組みを徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれな電子タバコ(VAPE)がインスタの定番になる!禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識加熱式タバコにはないフレーバーで電子タバコ(VAPE)が女性にも人気!色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?加熱式タバコと比較!電子タバコ(VAPE)の特徴やメリットとは加熱式タバコ喫煙者だが電子タバコ(VAPE)も気になる!一体どう違う?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の価格・値段は?電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコのコスパの違い加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは

電子タバコ(VAPE)はどこで買える?

近年、日本でも人気上昇中の電子タバコ(VAPE)ですが、販売店についてはまだまだ数が少ないのが現状です。ここでは、電子タバコ(VAPE)に興味を持っているという方へ向けて、電子タバコ(VAPE)がどこで買えるのかについて、実店舗やネット販売も含めてご紹介します。

仕事帰りに気軽に行ける場所(販売店)

1-1 近頃よくその名前を耳にする電子タバコ(VAPE)。 これまではたばこと聞くと、どうしても紙巻きタバコのあの強すぎるニオイと体によくないイメージが強く、避けて通って来た人も多いかもしれません。しかし、電子タバコ(VAPE)は、これまでの紙巻きタバコとは全く別のものであるといわれています。 まず香りがよく、周囲の人に不快な思いをさせずに済むのが特徴です。また、リキッドを電気で加熱して楽しむためライターなどの火が不必要で、煙や灰は出ません。さらにニコチン・タールはゼロで、いろいろなフレーバーを楽しむこともできます。そのため、紙巻きタバコの喫煙者にも、喫煙量を減らしたり禁煙したりできる、などの効果が期待されています。

電子タバコ(VAPE)に興味を持つ理由はさまざまですが、前述のように禁煙をしたいという方や、リラックスできるからという理由で始める人もいます。香りや味を気軽に楽しめるアイテムとして注目している方もいるでしょう。実際カフェラテや炭酸飲料などのフレーバー、ジャスミンやハーブ系、チョコやバニラなどのデザート系、レモンやライムなどの柑橘系、またビタミンやコラーゲンなどの栄養素が含まれているフレーバーもあり、電子タバコ(VAPE)は健康的なイメージも持ち合わせています。

ただ、気になって購入したい、実物を見てみたいと思っても、残念ながら、まだまだ紙巻きタバコのように「どこにでも売っている」というわけではありません。 なかなか購入場所が見つけられず、どこで買える?と困ってしまうこともあるかもしれません。そういった方へ向けて、ここではまず、仕事の帰りなどに立ち寄れる、電子タバコ(VAPE)の販売店をご紹介します。

家電量販店

便利な家電などを多く販売している家電量販店ですが、実は電子タバコに関しても、豊富な種類を取り扱っている店舗が多くあります。紙巻きタバコとは違って電子機器のため、電子タバコ(VAPE)の知名度が上がっていくと共に、販売するお店も徐々に増えてきているのです。家電量販店は、近場で電子タバコ(VAPE)を比較検討する際には便利な場所といえるでしょう。店頭で店員さんに直接質問をすることができるため、わからないことを直接聞き、疑問点をすぐに解決することができます。

コンビニエンス・ストア

気軽に立ち寄りやすいコンビニでも、電子タバコ(VAPE)を販売していることがあります。 ただ、他の販売店に比べると購入できる種類は少ないことがほとんどで、お目当ての電子タバコ(VAPE)をなかなか見つけられないかもしれません。また、電子タバコ(VAPE)よりも加熱式タバコのほうが取り扱いの多い店舗もあります。 たとえば電子タバコ(VAPE)のひとつであるmyblu(マイブルー)は、元々福岡の一部のコンビニから販売がスタートしました。しかし現在では東京、大阪、北海道、愛知、埼玉、神奈川、千葉の一部まで取扱店を拡大しています。これから少しずつ広がっていく傾向にあるため、今後より購入しやすくなることに期待しましょう。

mybluTM(マイブルー)のスターターキットは公式サイトからも購入できます。

ディスカウントショップ&雑貨店

お店の数はコンビニほど多くありませんが、家電量販店にも負けないくらい豊富な種類の電子タバコが置いてあることもしばしばです。家電量販店やコンビニにも置いていない、知る人ぞ知るような種類の電子タバコ(VAPE)を売っているところもあります。事前にネットで検索してみるなどして、出かけてみてはいかがでしょうか。 雑貨店の中には、売り場に電子タバコ(VAPE)の関連グッズがずらりと並んでいる店舗もあります。一度覗いてみると、宝探しのようで楽しいかもしれません。

週末に電子タバコ専門店でじっくりと選んで購入する

1-2

近頃、少しずつ増えつつあるのが電子タバコ専門店です。 もちろん紙巻きタバコ販売店のようにどこにでもある、というわけにはいきませんが、専門的で品数の多いのが特徴で、それぞれ東京を中心に店舗の数が広がっています。 たとえば、見ていて楽しい水パイプなどの種類も豊富に置いてあるショップや、VAPE(ベイプ)のスターターキットが充実しているショップなどがあります。 また、東京を中心として全国に16店舗を展開しているvape studioでは、全商品を無料で試すことが可能です。VAPEの充電ができたり、メンテナンスをしてくれたりもするので、普段から電子タバコ(VAPE)を使用している人が行くにも便利でしょう。 他にも、VAPE VILLAGEというお店には250種類ものリキッドが揃っています。変わったフレーバーを試してみたい人や、ハイエンド商品を探している人にはぴったりのお店です。 先述した電子タバコ(VAPE)の一種、mybluTM(マイブルー)については、vape studio 全店とVAPVE VILLAGEの各店舗で販売されています。

売り場が近くにない場合はネット通販で購入するのもおすすめ!

1-3 既に電子タバコについて充分な知識を持っている場合や、販売している店舗が近くにないような場合には、ネットで購入することも可能です。家電量販店や電子タバコ専門店のほとんどは、ネットでも販売を行っているためです。 手元に届くまでの間、手に取って実際の商品を見ることはできないものの、ネットでの購入は時間や労力の大きな節約にもなります。クチコミや他の購入者からのレビューを参考にしながら、ブラウザで容易に比較検討ができますので、便利な方法です。 先ほどからご紹介しているmybluTM(マイブルー)も、公式サイトや、楽天やアマゾンのような大手のショッピングサイトから購入することができます。公式サイトでは製品の紹介やmybluTM(マイブルー)の歴史の他、新規購入者用限定キャンペーンの紹介など、お得な情報が掲載されていますので要チェックです。販売対象は20歳以上ですので、ご注意ください。

日本でもトレンドになりつつある電子タバコ(VAPE)。形や色などのデザインにこだわるのもよし、香りや味にこだわるのもよし。ぜひ好みに合ったものを見つけて、楽しんでみてはいかがでしょうか。

電子タバコ(VAPE)のにおい・価格・コスパが気になる方へ
電子タバコ(VAPE)のにおいは?
電子タバコ(VAPE)の価格・値段?
電子タバコ(VAPE)のリキッド消費量・コスパ

トップに戻る
Chevron right Icon