公式ブログトップ
Plus Icon
電子タバコ(VAPE)についてのブログ飲食店やオフィスでタバコが吸えない? 改正健康増進法(受動喫煙防止)で始まる全面禁煙とは?知っておきたい!改正健康増進法の理由になった受動喫煙(タバコの煙)の影響電子タバコ(VAPE)のバッテリー寿命はどのくらい?長持ちさせるには?電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?一番安心できる販売店は?電子タバコ(VAPE)のルールやマナーって?喫煙所以外でも使える?電子タバコ(VAPE)をもっと楽しめる吸い方のコツとは?電子タバコ(VAPE)の煙が出ない!考えられる原因と対処法は?購入前の参考に!電子タバコ(VAPE)のメリット・デメリットを紹介電子タバコ(VAPE)は水蒸気が発生する?どんな仕組み?法改正でファミレスが原則喫煙不可に?今後注目の電子タバコ(VAPE)についてmybluなど電子タバコの「蒸気」と紙巻きタバコの「煙」の違いタバコを吸う彼氏・彼女に電子タバコ(VAPE)がおすすめな理由電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方電子タバコ(VAPE)初心者におすすめする失敗しない選び方電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄・メンテナンス方法(アトマイザー/コイル)電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い・喉が痛い原因~ドライヒット対処法電子タバコ(VAPE)の仕組み・構造を徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれでかっこいい電子タバコ(VAPE)の魅力とは?禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識電子タバコ(VAPE)人気が女性にも!そのワケは加熱式タバコにはないフレーバー。色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?電子タバコ(VAPE)比較。種類と特徴について。電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの違いは一体何?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の値段・価格は?電子タバコ(VAPE)のコスパ・ラニングコストは加熱式とどう違う?加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは電子タバコ(VAPE)のリキッド消費量、コスパについて電子タバコ(VAPE)のキック感、吸いごたえは?タバコに含まれるタールの成分・害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)のニコチン入りリキッドの害について電子タバコ(VAPE)にはタールが含まれていないという真実電子タバコ(VAPE)は紙巻きタバコと違って吸ったあと口臭はしない?電子タバコ(VAPE)なら室内で吸っても部屋ににおいは残らない?電子タバコ(VAPE)は非喫煙者が吸っても平気?ニコチンとタール。結局どっちが害?違いは?タバコに含まれるニコチンの害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)の味をさらに堪能するためには?電子タバコ(VAPE)のにおいは、臭い、気持ち悪い?電子タバコ(VAPE)ならタバコ嫌いな彼氏・彼女とのキスも大丈夫な理由
法改正でファミレスが原則喫煙不可に?今後注目の電子タバコ(VAPE)について

法改正でファミレスが原則喫煙不可に?今後注目の電子タバコ(VAPE)について

2020年に施行される改正健康増進法では、望まない受動喫煙の対策が行われ、喫煙に関するルールが厳格化されます。特に飲食店での喫煙には厳しいルールが設けられ、ファミレスを始めとする屋内店舗は専用の喫煙室を除いて全面禁煙になるなど、紙巻きタバコと加熱式タバコを喫煙できる施設の数が大きく減少します。そこで、この記事では法改正の影響や、代替アイテムとして注目されている電子タバコ(VAPE)についてご紹介します。

近年は喫煙できない飲食店が多い

【OKmyblu】2 1 520(差し替え)

紙巻きタバコの喫煙が健康に影響を及ぼすとして、世界的に禁煙・減煙の意識が高まっています。また、喫煙者本人だけでなく、たばこの受動喫煙による周囲の健康への影響も問題視されています。これは日本も例外ではなく、特に、老若男女や喫煙者・非喫煙者を問わず利用する可能性がある飲食業界では、全面禁煙に踏み切る店舗が多く、近年は喫煙できない飲食店が目立つようになってきました。

「健康増進法」の改正によってさらに厳しくなる喫煙ルール

健康増進法は、喫煙に限らず日本国民の健康増進を目的とする法律で、2002年に定められました。それまでは喫煙時の周囲への配慮はマナーとして捉えられてきましたが、同法によって、喫煙マナーが受動喫煙防止の努力義務へと変化しました。そして、2018年に改正が行われ、望まない受動喫煙を減らすための新たなルールが設けられることが決定しました。この受動喫煙対策を強化する改正法は、2020年4月1日に改正健康増進法として全面施行されます。

具体的には屋内は原則的に全面禁煙・専用室のみ喫煙可能・20歳未満は喫煙エリア立ち入り禁止・喫煙エリアには標識掲示の義務化などのルールが設けられます。特に患者や子どもへの悪影響を防ぐために、学校などの児童施設、病院などは屋内だけではなく敷地内も喫煙ができなくなります。

法改正によりファミレスでの喫煙も原則不可になる可能性が高い

【OKmyblu】2 2 520

改正健康増進法では原則屋内禁煙ですが、飲食店は屋内禁煙以外の選択肢を取ることもできます。たとえば店舗に専用の喫煙室を設ければ、屋内でもたばこを吸うことが可能です。ただ、コスト面を考えると、なかなか導入が難しい部分もあるでしょう。 また、2014年に発表された論文では、ファミレスでは客席を全面禁煙とすることにより営業収入が有意に増加するという報告があり、ファミレスが積極的に全面禁煙に踏み切る可能性もあります。そのため、同法の施行後は、ファミレスでランチを食べるついでに喫煙、といったことはできなくなる可能性が高いと考えられます。

仮に喫煙できても気になる周囲の子どもなどへの影響

改正健康増進法が施行されても、喫煙できる場所がゼロになるわけではありません。しかし、健康増進法の改正では、たばこの受動喫煙による子どもへの悪影響を徹底的に対策する旨の文言があり、仮に今は喫煙できる場所でも、問題があると判断されれば将来的に喫煙スペースが撤去される可能性は十分に考えられます。社会的・世界的に禁煙の流れが進んでいる中、喫煙できる場所を見つけても、ずっと利用できるとは限らないということです。

法改正や周囲への影響を考えるなら注目したい電子タバコ(VAPE)

社会的に禁煙の流れが進んでいるといっても、喫煙者がいきなりたばこをやめるのは難しいでしょう。そこで注目したいのが電子タバコ(VAPE)です。電子タバコ(VAPE)は規制の対象であるたばこ製品ではないため、改正健康増進法の影響を受けず、禁止されていなければ飲食店でも使用することができます。また、たばこ葉の代わりにリキッドと呼ばれる液体を使用する電子タバコ(VAPE)は、受動喫煙で問題となっているニコチンや紙巻きタバコに含まれるタールがゼロであるため、たばこ葉を使用している紙巻き・加熱式タバコとは明確に異なります。法改正や周囲への影響を考えるなら、電子タバコ(VAPE)への切り替えがおすすめです。

こんなにある電子タバコ(VAPE)の魅力

電子タバコ(VAPE)には、フレーバーが豊富だったり、自分好みにカスタマイズできたりする機種もあり、奥深い側面を持ち合わせています。ここではそんな電子タバコ(VAPE)の魅力についてご紹介します。

自分好みに吸い心地をカスタマイズできる

電子タバコ(VAPE)は、操作が簡単なタイプとカスタマイズできるタイプがあります。初心者であれば、操作が簡単なPEN型、もしくはPOD型を選ぶことをおすすめします。これらはカスタマイズこそできませんが、メンテナンスが不要で扱いやすいのが特徴です。PEN型の中でも使い捨てのものは、リキッドがなくなった時点で本体ごと買い替えて使います。POD型はリキッドがなくなったら市販されているカートリッジを差し替えて使います。どちらも電源を入れるだけで簡単に使用可能です。

吸い心地についてもっと自分好みにアレンジしたい方は、カスタマイズできるBOX型を選ぶとよいでしょう。煙の量やリキッドの味の濃さを調整でき、自分好みの吸い心地を追求できるのが特徴です。その反面、カスタイマイズの知識が必要で、なおかつメンテナンスに少々手間がかかります。

フレーバーが豊富で飽きない

電子タバコ(VAPE)は、フレーバーがついたリキッドを加熱し、発生した蒸気を味わって楽しむ嗜好品です。そのリキッドのフレーバーは豊富に販売されているので、好みや気分に合わせて選べるのが魅力です。実際に発売されているフレーバーは数えきれないほどあり、飽きることがないでしょう。 系統で分けるとフルーツ系・スイーツ系・ミント系・お菓子系・ドリンク系などになりますが、中にはたばこの味を意識したものも存在します。もちろん、日本で販売されているものは、たばこ味のフレーバーであってもニコチン・タールゼロです。

電子タバコ(VAPE)ならmybluTM(マイブルー)がおすすめ

(画像:3)

電子タバコ(VAPE)の中でも、POD型のVAPE(ベイプ)であるmybluTM(マイブルー)は簡単に使えるので、初めての電子タバコ(VAPE)としてもおすすめです。POD型なので、フレーバーリキッドとコイルがひとつになったポッドを差し替えるだけで、リキッドの補充とメンテナンスが一度に完了します。 また、サイズも手のひらやポケットに収まるほどコンパクトです。充電は20分でスピーディに完了する上、一度の充電で一日中楽しめます。フレーバーはメンソールやたばこ味、パイナップル味など多様な種類があり、そのときの好みに合わせて選べるのも嬉しいところです。

今後、改正健康増進法によってファミレスを含めた飲食店では全面禁煙になっていくことが予想されます。そのため、現在愛用している紙巻きタバコや加熱式タバコは規制の影響を受けるでしょう。しかし、電子タバコ(VAPE)はこの対象ではないため、同法の施行を機に、電子タバコ(VAPE)への切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。