公式ブログトップ
Plus Icon
電子タバコ(VAPE)についてのブログ電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方初心者が失敗しないための電子タバコ(VAPE)の選び方電子タバコ(VAPE)はどこで買える?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄(メンテナンス)方法電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い原因と対処法最近話題の電子タバコ(VAPE)の仕組みを徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれな電子タバコ(VAPE)がインスタの定番になる!禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識加熱式タバコにはないフレーバーで電子タバコ(VAPE)が女性にも人気!色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?加熱式タバコと比較!電子タバコ(VAPE)の特徴やメリットとは加熱式タバコ喫煙者だが電子タバコ(VAPE)も気になる!一体どう違う?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の価格・値段は?電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコのコスパの違い加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは電子タバコ(VAPE)のリキッド消費量、コスパについて電子タバコ(VAPE)を吸いたいけどキック感、吸い応えは?タールの成分・害(影響)とは?
加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは

加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは

加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用すると、特にTPOに合わせやすいという点でメリットを得られます。2種類を併用していると、シーンに合わせて使い分けることができるので、ストレスなく楽しむことが可能になるのです。 ここでは、こうした加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用する理由とメリットについてご紹介しています。

加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用する理由

GC PULZE紹介 1 1 520

電子タバコ(VAPE)や加熱式タバコなどの新しい製品が販売されてから、2種類を使い分けている人も増えてきました。その中には加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を使い分ける人もいれば、従来の紙巻きタバコと電子タバコ(VAPE)を併用している人も少なくありません。ここではまず、どういう方が併用に向いているのか、その理由も含めてご紹介します。

  • 紙巻きタバコを加熱式タバコに替えたい

周囲への配慮になる、服や体にたばこ独特のにおいがつかないといった理由から、人前では電子タバコ(VAPE)を使用し、喫煙所では紙巻きタバコを吸うという方もいると思います。しかし、紙巻きタバコは煙のにおいが強かったり、歯に黄ばみがでてしまったりなど、人前で吸わなかったとしても、体に残る特徴から周囲には快く思われないことがあります。 たばこは吸いたいけれど、周囲への影響も気になる……このようにジレンマを感じるケースでは、紙巻きタバコをよりにおいや煙の少ない加熱式タバコに替え、電子タバコ(VAPE)と併用するのがよいでしょう。

  • どちらの機能や吸い心地も好きなので一緒に使いたい

吸い心地は人それぞれの好みがありますが、電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコは楽しみ方が明確に違います。そのため、併用することで気分に合わせていつでも使い分けられるというメリットがあります。 まず、電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの違いは、たばこ葉とリキッドのどちらを使っているかにあります。加熱式はたばこ葉を原料にしているので、機器からでる蒸気にはニコチンが含まれています。そのため、紙巻きタバコに近い吸いごたえがあるのが特徴です。 一方、電子タバコ(VAPE)のリキッドにはたばこ葉は使われていません。さまざまなフレーバーのついたリキッドを加熱して、その蒸気を楽しむアイテムです。日本で販売されているリキッドにはニコチンが含まれていないので、たばこ葉を用いた製品に比べて健康への悪影響が低減される可能性があるのもポイントでしょう。普段は健康のことを考えてVAPE(ベイプ)を使用し、紙巻きタバコに近い吸い心地が欲しくなったら加熱式タバコを楽しむ、といった使い分けができます。

  • TPOに合わせて使い分けたい

GC PULZE紹介 1 2 520

TPOという言葉があるように、実生活の中ではタイミングと場所と事情に合った振る舞いを求められます。まず、もっともTPOが厳しいのが紙巻きタバコです。すでに多くの飲食店では全面禁煙の動きが広がっていますし、自治体によっては路上喫煙禁止条例が設置され、罰金刑が定められているケースもあります。

その点、加熱式タバコは紙巻きタバコよりも楽しめる場面が多い傾向にあります。例えば、2020年4月1日より全面施行される改正健康増進法では、大きな飲食店で、紙巻きタバコは喫煙所のみでしか吸うことができませんが、加熱式タバコは専用の部屋が設けられていれば、飲食をしながらでも吸うことができます。 そして、もう一方の電子タバコ(VAPE)はそもそもたばこ葉を使用していないため、法律で定められている「たばこ製品」には該当しません。そのため、紙巻きタバコに加えて加熱式タバコも規制されているような場所でも、使用できることが多くあります。加熱式タバコが吸えない場所や、たばこ製品自体が苦手な人がいる場面などでは、電子タバコ(VAPE)を使うのがおすすめです。

このように、電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコを併用すると、TPOに合わせて臨機応変に対応できます。

これから加熱式タバコを併用するなら「PULZE(パルズ)」!そのメリットとは

GC PULZE紹介 1 3 520

加熱式タバコのPULZE(パルズ)は、紙巻きタバコの代替として、電子タバコ(VAPE)との併用を始めたい方におすすめできる製品です。ここでは電子タバコ(VAPE)と併用する加熱式タバコとしてPULZE(パルズ)を選んだ場合のメリットをご紹介します。

  • 使い心地に関するメリット

PULZE(パルズ)は、加熱モードを変更することで吸いごたえが調整可能です。モードの変更により、2種類の味わいを選べます。345度で加熱して満足感のある吸い心地がある「標準モード」と、315度で加熱する軽い吸い心地の「エコモード」です。最大で20本の連続喫煙ができるため、連続使用したい方にもおすすめです。 普段はニコチン・タールゼロの電子タバコ(VAPE)を使って、もっとたばこ独特の吸いごたえを得たいと思ったときにはPULZE(パルズ)を使う、というのもよいでしょう。

また、PULZE(パルズ)本体のデザインはスタイリッシュかつ洗礼されたモダンな雰囲気が漂い、しかもコンパクトサイズでポケットやバッグに収納しやすくなっています。電子タバコ(VAPE)と一緒に持ち歩く場合も、かさばりにくいのがメリットです。

  • メンテナンスや機能に関するメリット

PULZE(パルズ)はお手入れが簡単です。2種類を併用すると、それだけメンテナンスが大変になることは容易に想像できるでしょう。しかし、PULZE(パルズ)はお手入れに大きな手間がかからないので、気軽に楽しむことが可能です。便利な「クイッククリーニング用」と「ディープクリーン用」2種類のクリーニングツールも同梱されています。 そして、もうひとつのポイントであるバッテリー容量。1度の充電で、最大20本を連続で楽しむことができます。

  • 費用に関するメリット

加熱式タバコを始める際にかかる費用は機種によって異なりますが、中には1万円程度かかる機種もあります。あまり高額だと、なかなか手が出しづらいものです。一方で、たばこのスティックの値段は、どの機種も500円前後であまり違いはありません。

PULZE(パルズ)は充電ケーブルやプラグ、2種のクリーナーセットなど必要なアイテムが一式付属して希望小売価格3,880円(税込)なので、非常に手に入れやすい価格帯であるといえます。スティックは「ミント」「メンソール」の2種類があり、各20本入りで460円(税込)と平均以下の価格になっているため、長期的に使用すればよりトータルコストが抑えられます。https://www.pulze.com/ja-jp/pulze

電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコを併用し使い分けができると、TPOに合わせたさまざまなシーンに対応できて便利です。「禁煙や周囲への配慮を考えて紙巻きタバコを電子タバコ(VAPE)に切り替えたいと考えたものの、なかなかうまくいかない」とお悩みの方は、まずは紙巻きタバコをPULZE(パルズ)などの加熱式タバコに変えて、電子タバコ(VAPE)と併用してみることから始めてみてはいかがでしょうか。