公式ブログトップ
Plus Icon
電子タバコ(VAPE)についてのブログ電子タバコ(VAPE)のバッテリー寿命はどのくらい?長持ちさせるには?電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?一番安心できる販売店は?電子タバコ(VAPE)のルールやマナーって?喫煙所以外でも使える?電子タバコ(VAPE)をもっと楽しめる吸い方のコツとは?電子タバコ(VAPE)の煙が出ない!考えられる原因と対処法は?購入前の参考に!電子タバコ(VAPE)のメリット・デメリットを紹介電子タバコ(VAPE)は水蒸気が発生する?どんな仕組み?法改正でファミレスが原則喫煙不可に?今後注目の電子タバコ(VAPE)についてmybluなど電子タバコの「蒸気」と紙巻きタバコの「煙」の違いタバコを吸う彼氏・彼女に電子タバコ(VAPE)がおすすめな理由電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方電子タバコ(VAPE)初心者におすすめする失敗しない選び方電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄・メンテナンス方法(アトマイザー/コイル)電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い・喉が痛い原因~ドライヒット対処法電子タバコ(VAPE)の仕組み・構造を徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれでかっこいい電子タバコ(VAPE)の魅力とは?禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識電子タバコ(VAPE)人気が女性にも!そのワケは加熱式タバコにはないフレーバー。色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?電子タバコ(VAPE)比較。種類と特徴について。電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの違いは一体何?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の値段・価格は?電子タバコ(VAPE)のコスパ・ラニングコストは加熱式とどう違う?加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは電子タバコ(VAPE)のリキッド消費量、コスパについて電子タバコ(VAPE)のキック感、吸いごたえは?タバコに含まれるタールの成分・害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)のニコチン入りリキッドの害について電子タバコ(VAPE)にはタールが含まれていないという真実電子タバコ(VAPE)は紙巻きタバコと違って吸ったあと口臭はしない?電子タバコ(VAPE)なら室内で吸っても部屋ににおいは残らない?電子タバコ(VAPE)は非喫煙者が吸っても平気?ニコチンとタール。結局どっちが害?違いは?タバコに含まれるニコチンの害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)の味をさらに堪能するためには?電子タバコ(VAPE)のにおいは、臭い、気持ち悪い?電子タバコ(VAPE)ならタバコ嫌いな彼氏・彼女とのキスも大丈夫な理由
mybluなど電子タバコの「蒸気」と紙巻きタバコの「煙」の違い

mybluなど電子タバコの「蒸気」と紙巻きタバコの「煙」の違い

紙巻きタバコや加熱式タバコの「煙」とは

(画像:1)

まずは、紙巻きタバコや加熱式タバコから発生する「煙」の特徴について確認していきましょう。

におい

紙巻きタバコや加熱式タバコの煙は、たばこの葉を燃焼させることによって発生します。燃焼によって発生した煙はにおいがつきやすく、この点に関してはたき火や燻製などでも同じことがいえます。しかし、たばこには特有のにおいがあるため、これを不快に思う人もいることでしょう。このにおいは、たばこの煙に含まれるさまざまな化学物質が原因です。その中でもとくににおいと関係しているのが「3-エテニルピリジン」と呼ばれる物質で、この物質は、ほこりなどほかの粒子とくっつくことで、人間の鼻ににおいを届けるといわれています。

含まれる物質

紙巻きタバコに火をつけたとき、きちんと燃焼される部分と不完全燃焼で終わってしまう部分があり、この燃焼の不完全さがいろいろな化学物質を生み出す原因になります。この無数の化学物質が集まり、液状になったものの総称が「タール」です。タールに含まれる化学物質は物質的に不安定なものもあり、人間の身体に含まれる生体物質と結び付いてしまうこともあります。これが、たばこの煙が身体に影響をもたらすといわれる一因です。

電子タバコ(VAPE)の「蒸気」とは

次に電子タバコ(VAPE)の蒸気の特徴をご紹介します。 そもそも電子タバコ(VAPE)から発生するもくもくとした煙は、煙ではなく「蒸気」と呼ぶのが正当です。電子タバコ(VAPE)は、香りのついた液体(リキッド)を電気熱で気化させて楽しむアイテムだからです。

におい

電子タバコ(VAPE)から出る蒸気はリキッドを気化させたものなので、紙巻きタバコと違い不快なにおいの原因となる煙は発生しません。リキッドのフレーバーが微かに香る程度です。さらに液体を加熱して発生する蒸気は周囲ににおいがつきにくいので、喫煙後の服や髪に付着したにおいを気にする必要がありません。また室内で喫煙する場合にも、部屋がたばこくさくならないという特長があります。

含まれる物質

リキッドに含まれる主成分であるPG(プロピレン・グリコール)とVG(ベジタブルグリセリン)は、食品に添加されていることも多い物質なので、タールと比較して安全性は高いといわれています。たばこ葉は使用されておらず、日本で販売されているリキッドはすべてニコチン・タールゼロです。

mybluTM(マイブルー)なら人が多い場所でもより安全

BC myblu×煙 2 2 520

電子タバコ(VAPE)は紙巻きタバコのように火を使わないので、自宅や車内はもちろん、狭い喫煙所内や飲食店等の中でも安全に楽しむことができます。就寝前にたばこを吸う習慣がある方でも、火事を起こす心配がなくおすすめです。

中でも、POD型のVAPE(ベイプ)であるmybluTM(マイブルー)なら自動安全停止機能がついていて、より安全に配慮した設計がなされています。自動安全停止機能とは、一服の長さが10秒以上になると本体の電源がオフになる機能のことです。さらにショート保護機能もついており、万が一ショートした場合も本体の電源が自動でオフになるため、より安全にご利用いただけます。

また、2020年には「改正健康増進法」や「都受動喫煙防止条例」が施行され、飲食店など、一部建物内での喫煙が原則禁止となりますが、mybluTM(マイブルー)をはじめとする電子タバコ(VAPE)は、これら規制の対象外となっています。つまり、飲食店独自のルールやマナーにさえ気を付ければ、法律上、mybluTM(マイブルー)は人の多い飲食店内でも楽しむことができるのです。

世界的に、紙巻きタバコに対する規制が厳しくなりつつある昨今。ぜひこの機会に、紙巻きタバコから電子タバコ(VAPE)への切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

気になるmybluTMのフレーバー評価・レビューはこちらからご覧いただけます。