公式ブログトップ
Plus Icon
電子タバコ(VAPE)についてのブログ飲食店やオフィスでタバコが吸えない? 改正健康増進法(受動喫煙防止)で始まる全面禁煙とは?知っておきたい!改正健康増進法の理由になった受動喫煙(タバコの煙)の影響電子タバコ(VAPE)のバッテリー寿命はどのくらい?長持ちさせるには?電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?一番安心できる販売店は?電子タバコ(VAPE)のルールやマナーって?喫煙所以外でも使える?電子タバコ(VAPE)をもっと楽しめる吸い方のコツとは?電子タバコ(VAPE)の煙が出ない!考えられる原因と対処法は?購入前の参考に!電子タバコ(VAPE)のメリット・デメリットを紹介電子タバコ(VAPE)は水蒸気が発生する?どんな仕組み?法改正でファミレスが原則喫煙不可に?今後注目の電子タバコ(VAPE)についてmybluなど電子タバコの「蒸気」と紙巻きタバコの「煙」の違いタバコを吸う彼氏・彼女に電子タバコ(VAPE)がおすすめな理由電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方電子タバコ(VAPE)初心者におすすめする失敗しない選び方電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄・メンテナンス方法(アトマイザー/コイル)電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い・喉が痛い原因~ドライヒット対処法電子タバコ(VAPE)の仕組み・構造を徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれでかっこいい電子タバコ(VAPE)の魅力とは?禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識電子タバコ(VAPE)人気が女性にも!そのワケは加熱式タバコにはないフレーバー。色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?電子タバコ(VAPE)比較。種類と特徴について。電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの違いは一体何?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の値段・価格は?電子タバコ(VAPE)のコスパ・ラニングコストは加熱式とどう違う?加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは電子タバコ(VAPE)のリキッド消費量、コスパについて電子タバコ(VAPE)のキック感、吸いごたえは?タバコに含まれるタールの成分・害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)のニコチン入りリキッドの害について電子タバコ(VAPE)にはタールが含まれていないという真実電子タバコ(VAPE)は紙巻きタバコと違って吸ったあと口臭はしない?電子タバコ(VAPE)なら室内で吸っても部屋ににおいは残らない?電子タバコ(VAPE)は非喫煙者が吸っても平気?ニコチンとタール。結局どっちが害?違いは?タバコに含まれるニコチンの害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)の味をさらに堪能するためには?電子タバコ(VAPE)のにおいは、臭い、気持ち悪い?電子タバコ(VAPE)ならタバコ嫌いな彼氏・彼女とのキスも大丈夫な理由
電子タバコ(VAPE)のルールやマナーって?喫煙所以外でも使える?

電子タバコ(VAPE)のルールやマナーって?喫煙所以外でも使える?

世界的に禁煙化の波は押し寄せており、日本でも喫煙できる場所は少しずつ減ってきています。 ただ、紙巻きタバコは吸えないとしても、ニコチン・タールゼロの商品もある電子タバコ(VAPE)の場合はどうなるのか、気になっている人もいるのではないでしょうか。 ここでは、喫煙所以外の場所における電子タバコ(VAPE)使用のルールやマナーについてご説明します。

禁煙ブームが進む現代は紙巻きタバコを吸える場所が減っている

GC 1908 3.1 520

「禁煙ブーム」がとどまるところを知らない現代社会。 街中からは次々と喫煙できる場所が減っていき、紙巻きタバコは外で吸うだけでも難しい時代になりました。どこにでも喫煙している人がいるという時代は過ぎ去り、今後もこの傾向は続きそうな様相を見せています。

紙巻きタバコとは異なる電子タバコ(VAPE)ならどこでも使える?

ニコチン・タールゼロの商品もあり、有害性が低いといわれる電子タバコ(VAPE)。そのため、喫煙所に限らずどこでも使えるのでは?と思っている人もいるのではないでしょうか。 しかし、これは間違いです。紙巻きタバコほど風当たりが強いわけではありませんが、電子タバコ(VAPE)も、まったく場所を問わずに楽しめるわけではありません。 公共の場所では、ルールやマナーの遵守が求められます。

人が集まる場所における電子タバコ(VAPE)の使用ルールやマナーとは?

GC 1908 3.2 520

ここでは、特に人が集まりやすい場所での電子タバコ(VAPE)の使用についてルールとマナーをご紹介します。

路上における電子タバコ(VAPE)

まずは、歩きタバコが社会問題にもなっている路上についてです。 電子タバコ(VAPE)の路上使用に対するルールは、自治体によってその対応が異なります。 電子タバコ(VAPE)が登場してからそれほど時間が経過していないこともあり、紙巻きタバコとの明確な線引きを設けている自治体は少ないといえます。しかし、東京都内(23区)では、元号が「令和」に変わるタイミングで喫煙ルールを新たに定め直した区も。また、喫煙の定義を「火を使用する紙巻きタバコ」に限定した文言を条例に記載している区もあり、今後はさらに明確な区別化が進むことが予想されます。 とはいえ、たとえルール上禁止されていない場所であっても、人混みや通学路での使用はマナー違反になります。 路上で使用する際は、場所や人通りをよく確認してからにしましょう。

飲食店における電子タバコ(VAPE)

現在、多くの飲食店では禁煙化もしくは分煙化が進んでいます。そのような飲食店での、電子タバコ(VAPE)の取り扱いはどうなっているのでしょうか。 店にもよりますが、一般的なルール上、電子タバコ(VAPE)は禁煙の店や席でも使用が可能です。電子タバコ(VAPE)の水蒸気は健康への影響が少なく、においも少ないので、紙巻きタバコの煙とは別物だと考えられるためです。 「電子タバコ(VAPE)も禁止」と明記されているような店ではもちろん使用できませんが、それ以外のところでなら使用してもルール違反とはならないでしょう。 しかし、たとえルール違反ではなくても、水蒸気が上がればどうしても目立ちますし、「マナー違反」とみなされる可能性もあります。非喫煙者からすると紙巻きタバコも電子タバコ(VAPE)も同じ、と感じている人も多く、たとえニコチン・タールゼロで有害性の低い水蒸気でも、周囲の人がそれと判断できるとは限りません。電子タバコ(VAPE)を使用している人が近くの席にいると、気分を害するという人も中にはいるでしょう。また、禁煙の店なのに喫煙者がいると思われてしまうと、クレームに発展するおそれもあります。そうなると店の迷惑にもなりますし、他の客から直接文句をいわれてしまうこともあるかもしれません。 電子タバコ(VAPE)を使用したいときには、マナーとして、喫煙可能な飲食店や、分煙化をしている飲食店の喫煙席で使用するようにしましょう。飲食店の禁煙席で使いたいときには、無用なトラブルを避けるために、お店へ電子タバコ(VAPE)使用の可否をあらかじめ確認しておくことが大切です。

その他のお店や施設などにおける電子タバコ(VAPE)

■駅 駅のホームは喫煙エリアが指定されています。 鉄道会社のJRでは、電子タバコ(VAPE)も紙巻きタバコと同じ扱いとなっており、喫煙エリア以外での使用が禁止されています。 煙に似た水蒸気が発生することや、先端に光が灯るため非喫煙者からの判別が難しいことなどがその理由となっています。 駅で電子タバコ(VAPE)を使用したくなったときは、喫煙できるところまで移動するようにしましょう。

■コンビニ コンビニの店内においても、電子タバコ(VAPE)の使用はマナー違反となります。 紙巻きタバコと同様に、電子タバコ(VAPE)の使用を明確に禁止しているコンビニもあるので、注意が必要です。 店内に入るときは電源をオフにして、ルールを守るようにしましょう。

■ホテル 喫煙所以外での電子タバコ(VAPE)を禁止しているホテルもあります。その場合、共用部だけではなく禁煙の部屋での使用もNGとなるので気を付けましょう。 電子タバコ(VAPE)の使用に関しては、そのホテルのルールがどうなっているのか事前に確認しておく必要があります。最近では室内で電子タバコ(VAPE)を楽しめるホテルも増えてきていますし、中にはPOD型VAPE(ベイプ)であるmybluTM(マイブルー)を無料レンタルできたり購入できたりする宿泊プランを提供しているホテルもあります。

■映画館 映画館においても、電子タバコ(VAPE)を使用するのはルール違反もしくはマナー違反となります。 発生する水蒸気やにおいは、映画を楽しんでいる人の集中を妨げます。上映中に使用すると退出を促される可能性もありますので、映画をしっかりと楽しむためにも、絶対に使用しないようにしましょう。

■病院 病院は敷地内全面禁煙となっているところが多い施設です。電子タバコ(VAPE)も紙巻きタバコ同様の措置を取るところが続出しています。 たとえルールでは決められていない病院でも、その場所柄、使用はマナー違反に該当します。

■吸える場所も増えている 電子タバコ(VAPE)に関しては、紙巻きタバコと同様の措置を取る施設が多く見られます。 しかし、一方で電子タバコ(VAPE)に対する理解が進んできたため使用できる場所も増えており、今後もこの傾向は続く可能性が高いでしょう。 紙巻きタバコの喫煙所の減少と反比例するように電子タバコ(VAPE)を使用できる場所が増えていけば、ますますそのニーズは高まっていきそうです。

電子タバコ(VAPE)は各場所のルールやマナーに沿って使うべき

GC 1908 3.3 520

電子タバコ(VAPE)は、ニコチン・タールゼロで紙巻きタバコよりも有害性が低いといわれています。 しかしどこでも使用できるというわけではなく、禁止されている場所も多く存在しています。紙巻きタバコのように明らかな「喫煙」ではないものの、グレーゾーンゆえに各人のモラルが問われています。特に、明確な規定が設けられていない場所での使用には、まわりに不快感を与えないよう、マナーを守ることが大切です。 他者との無用なトラブルを避けるためにも、電子タバコ(VAPE)はルールやマナーを守りながら正しく使用しましょう。