公式ブログトップ
Plus Icon
電子タバコ(VAPE)についてのブログ飲食店やオフィスでタバコが吸えない? 改正健康増進法(受動喫煙防止)で始まる全面禁煙とは?知っておきたい!改正健康増進法の理由になった受動喫煙(タバコの煙)の影響電子タバコ(VAPE)のバッテリー寿命はどのくらい?長持ちさせるには?電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?一番安心できる販売店は?電子タバコ(VAPE)のルールやマナーって?喫煙所以外でも使える?電子タバコ(VAPE)をもっと楽しめる吸い方のコツとは?電子タバコ(VAPE)の煙が出ない!考えられる原因と対処法は?購入前の参考に!電子タバコ(VAPE)のメリット・デメリットを紹介電子タバコ(VAPE)は水蒸気が発生する?どんな仕組み?法改正でファミレスが原則喫煙不可に?今後注目の電子タバコ(VAPE)についてmybluなど電子タバコの「蒸気」と紙巻きタバコの「煙」の違いタバコを吸う彼氏・彼女に電子タバコ(VAPE)がおすすめな理由電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方電子タバコ(VAPE)初心者におすすめする失敗しない選び方電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄・メンテナンス方法(アトマイザー/コイル)電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い・喉が痛い原因~ドライヒット対処法電子タバコ(VAPE)の仕組み・構造を徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれでかっこいい電子タバコ(VAPE)の魅力とは?禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識電子タバコ(VAPE)人気が女性にも!そのワケは加熱式タバコにはないフレーバー。色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?電子タバコ(VAPE)比較。種類と特徴について。電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの違いは一体何?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の値段・価格は?電子タバコ(VAPE)のコスパ・ラニングコストは加熱式とどう違う?加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは電子タバコ(VAPE)のリキッド消費量、コスパについて電子タバコ(VAPE)のキック感、吸いごたえは?タバコに含まれるタールの成分・害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)のニコチン入りリキッドの害について電子タバコ(VAPE)にはタールが含まれていないという真実電子タバコ(VAPE)は紙巻きタバコと違って吸ったあと口臭はしない?電子タバコ(VAPE)なら室内で吸っても部屋ににおいは残らない?電子タバコ(VAPE)は非喫煙者が吸っても平気?ニコチンとタール。結局どっちが害?違いは?タバコに含まれるニコチンの害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)の味をさらに堪能するためには?電子タバコ(VAPE)のにおいは、臭い、気持ち悪い?電子タバコ(VAPE)ならタバコ嫌いな彼氏・彼女とのキスも大丈夫な理由
購入前の参考に!電子タバコ(VAPE)のメリット・デメリットを紹介

購入前の参考に!電子タバコ(VAPE)のメリット・デメリットを紹介

紙巻きタバコや加熱式タバコから電子タバコ(VAPE)に切り替える際に気になるのが、そのメリット・デメリットではないでしょうか。この記事では近年人気が出てきている電子タバコ(VAPE)について、どのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。これから電子タバコ(VAPE)を試そうと思っている方は、ぜひ購入前の参考にしてみてください。

そもそも電子タバコ(VAPE)って何?

GC 1908 7.1 520

電子タバコ(VAPE)という言葉は聞いたことがあっても、実際それがどんなものなのかいまいち把握できていない……という方も多いのではないでしょうか。そこで、まずは電子タバコ(VAPE)について簡単に解説していきます。 電子タバコ(VAPE)とは、フレーバーと呼ばれる香りがついた液体(リキッド)を加熱して、発生した水蒸気を味わうための嗜好品です。たばこ葉を使用していないため、ニコチン・タールともにゼロで、健康に対する影響が低いほか、特有のにおいなども気になりません。ちなみに、VAPE(ベイプ)という言葉は、蒸発器、気化器のような意味を持つ英単語「vaporizer(ベポライザー)」がその語源だといわれています。 そのおしゃれな見た目も相まって、ハリウッドスターなどの海外セレブはもちろん、日本の芸能人・有名人もどんどん取り入れ、日本でも急速に人気が高まっている電子タバコ(VAPE)。たばこの値上げや、非喫煙者の近くでも副流煙を気にせず使用できることなどから、今後もさらに広まっていくと考えられます。

電子タバコ(VAPE)を使うメリットとは?

GC 1908 7.2 520

電子タバコ(VAPE)にはいろいろなメリットがあります。紙巻きタバコから変えるかどうかを迷っているなら、まずはメリットを確認しておきましょう。

灰皿が不要、吸う場所を選ばない

電子タバコ(VAPE)は、吸い殻が出ないので灰皿がいりません。また、たばこ製品ではないため、改正された健康増進法の対象にならず、紙巻きタバコと比べて使用できる場所が多いというメリットがあります。飲食店でも、電子タバコ(VAPE)を使用できると明言する店が徐々に増えてきています。

いわゆる「たばこ臭」を気にせず使える

電子タバコ(VAPE)の特徴の1つに、ニコチンだけでなくタールもゼロであることが挙げられます。タールはたばこ特有のにおいの元となる物質ですが、電子タバコ(VAPE)のリキッドにはこのタールが含まれていません。自分の服や部屋、車ににおいが付きにくく、自宅や会社、たばこを吸わない友人との食事などでも、周囲に対して必要以上に遠慮することなく使用できます。

ヤニで部屋や歯などを汚さずに済む

たばこに含まれるタールは、においだけでなく色素沈着の原因にもなり、たばこを吸っていると歯の黄ばみが気になったり、部屋の壁が黄色く変色してしまったりします。歯の黄ばみは初対面の印象を悪くしますし、改善するにはホワイトニングなどの治療が必要になる場合もあるので、色素がつかないようにすることが大切です。その点、タールゼロの電子タバコ(VAPE)であれば、色素沈着を気にせず安心して使うことができます。

長期的に考えると経済的

電子タバコ(VAPE)を新しく購入する場合、本体とリキッド、メンテンナンスの道具などを揃える必要があるため、値が張ると感じる方も多いでしょう。しかし、一度本体を買ってしまえば、あとは月に数個のリキッドを買うだけで済みます。 例えばmybluTM(マイブルー)なら、約300回も吸引できる1.5mlのフレーバーポッドが2つ入ったパックを920円で購入可能です。mybluTM(マイブルー)はPOD型のVAPE(ベイプ)であるためメンテナンスが不要で、基本的にこのフレーバーポッド以外にかかる費用はゼロ。しかも、本体とフレーバーポッドがセットになったスターターキットを2,700円で入手することができるので、実は初期費用もそこまで多くかかりません。長期的に見れば、電子タバコ(VAPE)のほうが紙巻きタバコよりも経済的であることがわかります。

禁煙・減煙グッズとしても活用できる

電子タバコ(VAPE)は「紙巻きタバコを卒業したい」「喫煙量を減らしたい」と思っている方におすすめです。まず、日本で販売されている電子タバコ(VAPE)のリキッドはニコチンゼロなので、紙巻きタバコの代替として使うことで、減煙に貢献します。たばこ系やメンソール系のリキッドを使用すれば、たばこを吸っているような気分を味わえることでしょう。たばこがやめられない理由は「ニコチンの影響」「煙を吸いたい・口寂しいなど精神的な問題」にあるため、電子タバコ(VAPE)はこれらの解消にも活用できるのです。

好みや気分に合ったフレーバーを楽しめる

現在、リキッドのフレーバーは、数え切れないほどあるといわれています。いろいろなフレーバーを試してみるだけでも楽めますし、複数のフレーバーを購入して気分によってリキッドを付け替えられるのも電子タバコ(VAPE)のメリットでしょう。 前述したmybluTM(マイブルー)であれば、2019年8月現在、日本限定のアイスベリーやストロングメンソールを始め、全11種類のフレーバーを購入可能です。

電子タバコ(VAPE)を使うデメリットとは?

GC 1908 7.3 520

メリットと合わせて確認しておきたいのが、デメリットです。ここでは一般的な電子タバコ(VAPE)のデメリットについて紹介します。

本体の購入費があるため短期使用だと割高

前述の通り、電子タバコ(VAPE)は最初に本体や、製品によってはメンテナンス道具を買わなければいけないので、初期費用がかかります。「やっぱり紙巻きタバコがいい」と電子タバコ(VAPE)への切り替えを断念した場合、費用は割高になってしまうでしょう。

充電やメンテナンスなどに手間がかかるものも

電子タバコ(VAPE)は、電気によって加熱するので、加熱式タバコなどと同様に事前に充電しておく必要があります。現在ではパソコンなどのUSBから充電できるものもあり、出かけ先でも充電することができますが、充電に時間を取られるというのはデメリットになり得るでしょう。またリキッドを染み込ませる綿やコイルの交換など、電子タバコ(VAPE)は定期的にメンテナンスをしないと調子が悪くなる製品もあります。

購入場所が限定される

日本ではまだ普及段階なので、インターネットやベイプショップなど、購入場所が限られてしまうのもデメリットといえるでしょう。ほしいと思ったとき手軽に買えないのはデメリットであるといえます。

一方、POD型のVAPEであるmybluTM(マイブルー)なら、リキッドの入ったフレーバーポッドを交換するだけでコイルの交換等も完了するためメンテナンスの手間が一切かかりません。また、20分の充電で1日中使用することができますし、全国にある一部のコンビニでも手軽に購入することが可能なので、電子タバコ(VAPE)特有のデメリットを感じることはほとんどないでしょう。 電子タバコ(VAPE)のことを正しく理解し、ぜひ実生活に取り入れてみてください。