公式ブログトップ
Plus Icon
電子タバコ(VAPE)についてのブログ電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方初心者が失敗しないための電子タバコ(VAPE)の選び方電子タバコ(VAPE)はどこで買える?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄(メンテナンス)方法電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い原因と対処法最近話題の電子タバコ(VAPE)の仕組みを徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれな電子タバコ(VAPE)がインスタの定番になる!禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識加熱式タバコにはないフレーバーで電子タバコ(VAPE)が女性にも人気!色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?加熱式タバコと比較!電子タバコ(VAPE)の特徴やメリットとは加熱式タバコ喫煙者だが電子タバコ(VAPE)も気になる!一体どう違う?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の価格・値段は?電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコのコスパの違い加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは電子タバコ(VAPE)のリキッド消費量、コスパについて電子タバコ(VAPE)を吸いたいけどキック感、吸い応えは?タールの成分・害(影響)とは?
電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?

電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?

電子タバコ(VAPE)はリキッドの種類が豊富なので、複数の種類を購入して気分に合わせてフレーバーをチョイスできるのが魅力のひとつとなっています。しかし、気に入ったものをまとめ買いしたり、同時並行でリキッドを使用したりするときは、リキッドの賞味期限が気になるところです。そこで、ここでは電子タバコ(VAPE)のリキッドの賞味期限や保管方法について解説していきます。

電子タバコ(VAPE)に含まれる主成分

縲舌け繧吶Ο繝シ繝上y繝ォ邏譚舌€大キョ縺玲崛縺・05 825 520

電子タバコ(VAPE)を継続的に楽しむためには、どれくらいの期間、電子タバコ(VAPE)のリキッドを保存しておくことができるのかを把握しておくことが大切です。この疑問に答えるためには、電子タバコ(VAPE)のリキッドに含まれる主成分をまず確認しましょう。大前提として、電子タバコ(VAPE)のリキッドは基本的にPG(プロピレングリコール)とVG(植物グリセリン)、香料の3つで構成されています。ニコチンゼロ・タールゼロである点が、紙巻きタバコや加熱式タバコと大きく異なります。

PGとは?

PG(プロピレングリコール)は、無色・無臭のアルコールの一種で、香料や樹脂を溶かす性質があります。そのため、電子タバコ(VAPE)では、VGとともにリキッドのベースとして使用されていて、香料をリキッド全体に浸透させる役割を担っています。身近なところでは食品や化粧品、医薬品などに使用されており、長年の実績から健康への影響が低いとされています。

VGとは?

VG(植物性グリセリン)とは、PGと同じくアルコールの一種で、ヤシの実などの植物から作られるため、ベジタブルグリセリンとも呼ばれます。やや甘みがあるのが特徴で、電子タバコ(VAPE)の煙の量を増やす役割があります。こちらも化粧品や保湿剤などによく使用されていて、特別珍しい原料ではありません。

香料とは

香料は、電子タバコ(VAPE)最大の特徴である香り(フレーバー)の素です。食品に使われるような人口香料や人口甘味料が使用されています。PGと同様に健康への影響が低い原料です。

電子タバコ(VAPE)に賞味期限はある?

GC 1905 7-2

電子タバコ(VAPE)のリキッドに使用されているPGやVG、香料といった成分自体は、腐るものではありません。しかし、開封した際に雑菌が入ると雑菌が繁殖してしまったり、開封しなくても長期間の保存によって風味が劣化したりする可能性があります。そのため、色やにおい、香りなどに異常がないかを自分の目と鼻で確認してから使用するようにしましょう。 賞味期限は、適切な環境で保管された状態のリキッドの味を保証する期間です。つまり、適切ではない保管をしていると賞味期限を過ぎていなくても味が劣化してしまうことがあります。ラベルに印字されている賞味期限を守りつつ、なるべく早く使用しましょう。ちなみに、賞味期限がラベルに印字されていない場合は、一般的に「開封前なら製造年月日から約1年」「開封したら3か月~6か月」を目安に使い切るとよいとされています。 以上を踏まえて、同時に使用できるリキッドの種類を概算してみましょう。たとえば、紙巻きタバコを1日1箱吸う人が同じペースで電子タバコ(VAPE)を使用すると、1か月に約20~30mlのリキッドを消費すると言われています。そのため、30mlのリキッドを同時期に3つ購入し並行して使用しても、3か月程度で全て使い切れる計算になります。逆に6個以上のリキッドを同時使用してしまうと、消費期限の3か月~6か月内に使い切れないおそれがあるので注意が必要です。自分の使用頻度とリキッドの容量を考えて、計画的に使用するようにしましょう。

ワインのように熟成させたほうがおいしいリキッドもある

GC 1905 7-3

フルーツ系のフレーバーなど、電子タバコ(VAPE)のリキッドのなかには、熟成させたほうがおいしくなるリキッドがあります。熟成させる作業をスティープと呼び、成分が十分混ざることで、化学物質独特の風味が消え、味わいがまろやかになると言われています。これは熟成させて作るワインと同じ発想ですが、1か月ほどで熟成できるため、味わいにまろやかな深みを求める人はぜひスティープに挑戦してみてください。

【スティープの方法】 1.リキッドの蓋を開け、十分空気に触れさせます。 2.蓋を閉じて、空気とリキッドが混ざるようにシェイクします。 3.上記の作業を冷暗所で1週間程度繰り返します。 4.ガラス容器に移し替えて、15~20℃のぬるま湯につけておきます。

リキッドの劣化を抑えるための保管方法

最後にリキッドの保管方法についてご紹介します。リキッドを保管しておくときは、直射日光を避けて、暗く涼しい場所(冷暗所)で保管しましょう。

適切な温度管理をしよう

電子タバコ(VAPE)のリキッドは保管する環境によって劣化します。温度が0℃近くになると加水分解が発生し味が変わってしまいますし、5℃以下でも高濃度のメンソールリキッドが結晶化してしまうおそれがあります。また、香料の多くは揮発性で、温度の高い状態で放っておくとどんどん気化してしまします。そのため、温度が高い場所で保管すると香りが弱くなってしまいます。 以上のことから、リキッドの適切な保管温度は10~20℃と言われており、野菜庫や地下など、10℃以下にならない冷暗所を選んで保管するようにしましょう。 また、急激な温度変化はリキッドを劣化させてしまうため、一定の温度で保管することも大切です。そして、冬場のストーブを効かせた室内や、気温が30℃以上になる真夏日は常温で保管するのは避けたほうが無難です。フルーツ系のリキッドは特に味が変わりやすいので、温度管理をしっかりしましょう。

空気に触れないように保管しよう

スティープ(熟成)させるためにリキッドを空気に触れさせると紹介しましたが、熟成目的以外でリキッドを空気に触れさせるのはやめましょう。リキッドは酸素に触れると酸化してしまい風味が変わりますし、雑菌が入れば時間とともにそれが増殖してしまいます。密閉容器や密閉できる袋に入れて保管するなど、雑菌や酸化の影響を受けにくい環境で保管しましょう。

電子タバコ(VAPE)は、近年人気が出てきている「フレーバーを楽しむ嗜好品」です。そのため、フレーバーの種類が豊富で、リキッド同士をブレンドして新たなフレーバーを作り出すという楽しみ方もあります。リキッドは開封後も最長で6か月程度保存しておくことができるので、複数の種類を購入して、いろいろなフレーバーを楽しんでみてください。 また、もっと手軽にいろいろなフレーバーを切り替えながら楽しみたいという方は、POD型のVAPE(ベイプ)を使用するという方法もおすすめです。たとえばmybluTM(マイブルー)なら、リキッドの入ったカートリッジ(POD)を取り換えるだけで、全10種類のフレーバーを気分に合わせて楽しむことができます。リキッドが空気に触れないため酸化しにくく、また1つのカートリッジが紙巻きタバコおよそ1.5箱分とちょうどいい量になっているため、劣化を気にすることなく使い切ることが可能、というメリットもあります。 使用するにあたってリキッドの保管・管理が容易かという点にも注目しながら、自分に合ったVAPE(ベイプ)の楽しみ方を見つけてみましょう。

mybluTM(マイブルー)のフレーバーレビューが気になる方はこちらから