公式ブログトップ
Plus Icon
電子タバコ(VAPE)についてのブログ電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方初心者が失敗しないための電子タバコ(VAPE)の選び方電子タバコ(VAPE)はどこで買える?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄(メンテナンス)方法電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い原因と対処法最近話題の電子タバコ(VAPE)の仕組みを徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれな電子タバコ(VAPE)がインスタの定番になる!禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識加熱式タバコにはないフレーバーで電子タバコ(VAPE)が女性にも人気!色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?加熱式タバコと比較!電子タバコ(VAPE)の特徴やメリットとは加熱式タバコ喫煙者だが電子タバコ(VAPE)も気になる!一体どう違う?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の価格・値段は?電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコのコスパの違い加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは電子タバコ(VAPE)のリキッド消費量、コスパについて電子タバコ(VAPE)を吸いたいけどキック感、吸い応えは?タールの成分・害(影響)とは?
電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?

電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?

世界各国で紙巻きタバコの健康への影響が認められた結果、紙巻きタバコを吸える場所が少なくなるなど、喫煙者への風当たりは年々強くなっています。これからの時代、非喫煙者の多い場では紙巻きタバコを控え、健康に配慮しながら、たばこを楽しむスタイルが普及していくでしょう。この記事では、雑誌などでも取り上げられている注目のアイテム、電子タバコ(VAPE)について解説します。

電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?

GC 1905 13-1

電子タバコ(VAPE)という言葉を聞いたことがあっても、実際に使用していないのであれば、電子タバコ(VAPE)の仕組みや実態に詳しくないのは当然です。まずは電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの違いを押さえていきましょう。

電子タバコ(VAPE)と他タバコとの違いは?

これまで「たばこ」といえば、紙巻きタバコや加熱式タバコが主流でした。紙巻きタバコとは、たばこ葉を紙で巻いたものに火をつけ、煙を楽しむ嗜好品です。加熱式タバコも同じくたばこ葉を加熱して、ニコチンを含んだエアロゾルを吸引します。これらはいずれも「たばこ商品」に該当するものです。 一方、電子タバコ(VAPE)はニコチンゼロ・タールゼロの「リキッド」と呼ばれる液体を加熱し、発生した蒸気を吸引して使用する仕組みになっています。たばこ葉を使用しないため、健康への影響が少ないことが特長です。

電子タバコ(VAPE)の基本的な仕組み

電子タバコ(VAPE)は「MOD」と「アトマイザー」から構成されています。MODとはバッテリーのことで、本体に搭載されています。一方、アトマイザーはリキッドを入れる容器のことで、リキッドを加熱するためのコイルが備え付けられています。本体を使い捨てるタイプや、アトマイザーをコイルごと交換するカートリッジタイプの電子タバコ(VAPE)もあります。 使用者はアトマイザーのバッテリーを起動することで、リキッドを加熱し、蒸発したリキッドの味わいを楽しみます。手軽に水蒸気の量を変えられるのも電子タバコ(VAPE)のメリットのひとつでしょう。

電子タバコ(VAPE)のリキッドとは?

GC 1905 13-2

リキッドの主成分は「植物性グリセリン(VG)」と「プロピレングリコール(PG)」の2つです。ここに香料を加えて香りを調節します。植物性グリセリンやプロピレングリコールは市販の食品や薬品にも使用される、安全性の高い原料です。さらに日本で流通しているリキッドはニコチンゼロ・タールゼロなので、より健康に配慮しながら楽しむことができます。

リキッドの種類

リキッドの種類を決定付けるのが香料です。香料には果物のように甘酸っぱいものから、スイーツのように味が濃いものまでさまざまな種類があり、同じフレーバーでもメーカーによって味や香りが異なります。 リキッドのフレーバーとしてポピュラーなのが「たばこ系」です。普通のたばことほぼ同じ味で、海外で流通しているものの中にはあえてニコチンを混ぜて余韻を近づけているリキッドもあります。また、ストロベリーやアプリコットといった「フルーツ系」や、チョコレート、カスタード、チーズケーキなどの「スイーツ系」フレーバーは、電子タバコ(VAPE)ならではの味わいで、特に女性に人気があります。そのほか、さわやかな感覚の「メンソール系」、コーラやコーヒー、カフェオレといった「ドリンク系」などがあり、その日の気分によってリキッドを変えることもできます。 中には、メンソール系とフルーツ系をブレンドしたフレーバーや、「肉野菜炒めフレーバー」といった変わり種もあります。

電子タバコ(VAPE)の公共の場での利用について

知名度が高まってきているとはいえ、紙巻きタバコほど普及していない電子タバコ(VAPE)は、使用ルールが統一されていません。電子タバコ(VAPE)を受け入れているかどうかは、お店や施設によってさまざまです。ニコチン・タールゼロで受動喫煙などの問題が発生しない電子タバコ(VAPE)ですが、余計なトラブルを避けるためにも、自分で勝手に判断せずにお店の人に確認してから使用するのが無難でしょう。 また、電子タバコ(VAPE)は煙が出ないうえ、灰が落ちる危険もないので「路上使用も問題ない」と考える方も多いでしょう。ですが、未成年への影響を考えて、たとえ電子タバコ(VAPE)でも「たばこは喫煙所で」というルールを徹底している自治体もあります。

一方で、禁煙とされている場所でも電子タバコ(VAPE)なら許されるケースがあります。某大手コーヒーチェーン店は、店舗によって電子タバコ(VAPE)の受け入れを始めました。今後電子タバコ(VAPE)がより普及していくにつれて、このように使用できる場所は徐々に増えると考えられます。

電子タバコ(VAPE)を使用する利点

GC 1905 13-3

においが軽減できる

電子タバコ(VAPE)の最大のメリットは「においの軽減」でしょう。たばこのにおいは周囲の人々を不快にさせてしまうことがあり、本人の社会的評価にも影響しかねない問題です。髪や服ににおいがついてしまい、とれなくなってしまうことも少なくありません。しかし、電子タバコ(VAPE)は原料にたばこ葉を使用していないので、あの独特のにおいを気にせず使用することができます。フレーバーを楽しむアイテムのため、逆にいい香りがすると好印象を持たれるケースもあります。

においが気になる方は、「電子タバコ(VAPE)と口臭の関係」も参考にしてみてください

周囲の人への配慮ができる

煙が発生しないということは「副流煙」の影響を防ぐことができます。副流煙は主流煙以上に人体への影響があるといわれており、喫煙者の周辺に甚大な影響を与えてきました。ニコチンゼロ・タールゼロの電子タバコ(VAPE)であれば、周囲の人の健康へ配慮することもできます。

禁煙アイテムとしても使用できる

電子タバコ(VAPE)は「禁煙アイテム」としても重宝されています。たばこをやめるとイライラが収まらなくなるなど、心身に影響が出るのは「たばこへの依存」だといわれています。確かに紙巻きタバコなどに含まれているニコチンには依存性があり、人によってはわずかな時間でも切らせただけで落ち着かなくなるケースもあります。 そうした方が、いきなりたばこをやめようとすると、大変なストレスを感じてしまうでしょう。しかし、そこで代わりにニコチンゼロ・タールゼロの電子タバコ(VAPE)を使用すれば、味や使用感からたばこを吸っているような感覚を得ることができます。現在、加熱式タバコで減煙に成功している方であれば、完全禁煙を目指して電子タバコ(VAPE)を有効活用してみるのもよいでしょう。

電子タバコ(VAPE)は認知度が上がってきているとはいえ、特に公共の場所などでは、まだまだ周囲への配慮も必要なアイテムです。しかし、ニコチンゼロ・タールゼロで近年の健康志向の高まりに対応した製品ですし、たばこ独特のにおいも発生しないため、自分にも周囲にもかなり利点が多いものだといえます。気になる方はぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか?

mybluTM(マイブルー)と他のVAPEの違いについてはこちらから