公式ブログトップ
Plus Icon
電子タバコ(VAPE)についてのブログ飲食店やオフィスでタバコが吸えない? 改正健康増進法(受動喫煙防止)で始まる全面禁煙とは?知っておきたい!改正健康増進法の理由になった受動喫煙(タバコの煙)の影響電子タバコ(VAPE)のバッテリー寿命はどのくらい?長持ちさせるには?電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?一番安心できる販売店は?電子タバコ(VAPE)のルールやマナーって?喫煙所以外でも使える?電子タバコ(VAPE)をもっと楽しめる吸い方のコツとは?電子タバコ(VAPE)の煙が出ない!考えられる原因と対処法は?購入前の参考に!電子タバコ(VAPE)のメリット・デメリットを紹介電子タバコ(VAPE)は水蒸気が発生する?どんな仕組み?法改正でファミレスが原則喫煙不可に?今後注目の電子タバコ(VAPE)についてmybluなど電子タバコの「蒸気」と紙巻きタバコの「煙」の違いタバコを吸う彼氏・彼女に電子タバコ(VAPE)がおすすめな理由電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方電子タバコ(VAPE)初心者におすすめする失敗しない選び方電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄・メンテナンス方法(アトマイザー/コイル)電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い・喉が痛い原因~ドライヒット対処法電子タバコ(VAPE)の仕組み・構造を徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれでかっこいい電子タバコ(VAPE)の魅力とは?禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識電子タバコ(VAPE)人気が女性にも!そのワケは加熱式タバコにはないフレーバー。色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?電子タバコ(VAPE)比較。種類と特徴について。電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの違いは一体何?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の値段・価格は?電子タバコ(VAPE)のコスパ・ラニングコストは加熱式とどう違う?加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは電子タバコ(VAPE)のリキッド消費量、コスパについて電子タバコ(VAPE)のキック感、吸いごたえは?タバコに含まれるタールの成分・害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)のニコチン入りリキッドの害について電子タバコ(VAPE)にはタールが含まれていないという真実電子タバコ(VAPE)は紙巻きタバコと違って吸ったあと口臭はしない?電子タバコ(VAPE)なら室内で吸っても部屋ににおいは残らない?電子タバコ(VAPE)は非喫煙者が吸っても平気?ニコチンとタール。結局どっちが害?違いは?タバコに含まれるニコチンの害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)の味をさらに堪能するためには?電子タバコ(VAPE)のにおいは、臭い、気持ち悪い?電子タバコ(VAPE)ならタバコ嫌いな彼氏・彼女とのキスも大丈夫な理由
電子タバコ(VAPE)は水蒸気が発生する?どんな仕組み?

電子タバコ(VAPE)は水蒸気が発生する?どんな仕組み?

電子タバコ(VAPE)から出る水蒸気は、加熱式や紙巻きタバコの煙とはまったく異なります。ここではVAPE(ベイプ)の水蒸気が発生する仕組みに加え、VAPE(ベイプ)の水蒸気と紙巻きタバコ・加熱式タバコの煙との違い、水蒸気量の条件、フレーバーの種類などについて紹介します。

電子タバコ(VAPE)は水蒸気を楽しむアイテム

GC 1908 1.1 520

近年、健康志向の高まりや周囲への配慮から、電子タバコ(VAPE)を検討する人が増えています。そうした方にとって、たばこ特有のにおいなどが伴った煙が発生するかどうかは気になるところでしょう。 はじめに押さえておきたいポイントは、VAPE(ベイプ)はリキッドを熱し、発生した水蒸気のフレーバーを楽しむアイテムで、たばこ商品ではないという点です。基本的に電子タバコ(VAPE)と呼ばれる製品はすべて同じ仕組みで動いており、水蒸気の出ないものはありません。

電子タバコ(VAPE)の水蒸気が発生する仕組み

VAPE(ベイプ)の水蒸気は、加熱されたリキッドが気化することで発生しますが、その仕組みを説明するためにはVAPE(ベイプ)の構造から確認する必要があります。 まず、VAPE(ベイプ)は、大きくバッテリーとアトマイザーというパーツに分けられます。バッテリーはVAPE(ベイプ)自体の充電器、アトマイザーはリキッドを気化させるユニットパーツにあたるものです。アトマイザーはさらに細分化でき、吸い口のドリップチップ・香り成分のリキッドを注入するタンク・リキッドを加熱するコイルの3つのパーツで構成されています。

そして、ここからが電子タバコ(VAPE)の水蒸気が発生する仕組みについての解説です。 まず、水蒸気の元になるリキッドをアトマイザーと呼ばれるパーツに注入します。ただし、POD型のVAPE(ベイプ)の場合はアトマイザーごと交換するため、リキッドの注入は必要ありません。そして、VAPE(ベイプ)の電源を入れると熱せられたコイルがリキッドを蒸発させ、水蒸気を作り出すのです。

こうしてみてみると、水蒸気を発生させる仕組み自体は非常にシンプルであることがわかります。

電子タバコ(VAPE)の水蒸気と紙巻きタバコ・加熱式タバコの煙の違い

GC 1908 1.2 520

VAPE(ベイプ)の水蒸気と、紙巻きタバコ・加熱式タバコの煙の性質はまったく違います。次に、VAPE(ベイプ)の水蒸気とたばこの煙の具体的な違いについて解説していきます。

紙巻きタバコの煙との違い

紙巻きタバコとVAPE(ベイプ)で発生する煙の見かけは似ているものの、その性質は大きく異なります。まず、紙巻きタバコにはたばこ葉が使用されており、このたばこ葉を火で加熱することで生じる煙を楽しむたばこ製品です。たばこの煙は周辺に広がり、特有の嫌なにおいやヤニが、人の髪の毛や衣服・室内の壁などに付着します。また、たばこの先から出る副流煙にはタールやニコチンが含まれるため、健康に影響があると問題視する声もあります。

一方、VAPE(ベイプ)は、たばこ葉を使用していません。出るのは煙ではなくリキッドを使用した水蒸気です。そして、日本で販売されているリキッドには、ニコチン・タールは含まれていません。そのため、健康に影響があるとされる成分が含まれた煙が出ることはなく、副流煙の影響も心配ありません。

加熱式タバコの煙との違い

加熱式タバコの煙の特徴は、たばこ葉の加熱で発生する煙が広がらない点にあります。加熱式タバコも、紙巻きタバコ同様、たばこ葉を用いた「たばこ製品」ですが、出る煙はわずかで周囲への影響は小さく済みます。 ただし、少量ながら発生する煙にはやはりニコチンやタールが含まれていますので、煙の性質自体は紙巻きタバコと変わりません。 一方、VAPE(ベイプ)の水蒸気はたばこ葉由来の煙ではありませんから、加熱式タバコ以上に周囲や自分の健康へ配慮することが可能です。また、VAPE(ベイプ)の水蒸気は周囲の人にたばこ特有のにおいを付けたり、部屋を変色させる心配もありません。 ニコチンゼロ・タールゼロなので有害性のレベルが低く、加熱式タバコよりも周囲に配慮することができる、といえるでしょう。

電子タバコ(VAPE)の水蒸気量は条件によっても変わる?

VAPE(ベイプ)の水蒸気量は、条件によっても変化します。 基本的に、VAPE(ベイプ)から出る水蒸気の量はバッテリーの能力によって決まります。厳密にはバッテリーのボルトとコイル抵抗値の計算により電力が決まり、水蒸気量が変化します。コイルの抵抗値は高いほど電力が流れにくく、低いほど流れやすいので、単純に水蒸気量を増やしたい場合は電圧を大きく、コイル抵抗値を低くすることで、水蒸気をたくさん発生させることが可能です。 また、水蒸気が多いほど味は薄くなり、少ないほど濃くなります。好みによりますが、一般的な水蒸気量に物足りなさを感じる人や、逆にもう少し減らしたいと思う人もいるでしょう。その場合は、自分が求める量の水蒸気が出るVAPE(ベイプ)を入手するか、電圧とコイル抵抗値に手を加えて、自分が満足するぐらいの水蒸気量になるように調整する方法があります。ほかにも、エアホールという外気を吸い込むパーツのサイズを変えることで、水蒸気量を調整するアトマイザーも多く販売されています。

ただし、製品で想定されていない電力量や、その他の条件で使用することは事故や故障のリスクを伴います。それに加えて、バッテリーやアトマイザー同士の相性もあり、最悪動かなくなるおそれもあるので、アレンジには注意が必要です。

たくさんあるVAPE(ベイプ)のフレーバー

GC 1908 1.3 520

VAPE(ベイプ)のリキッドには様々なフレーバーがあり、そのときの気分に応じて味を変えられるため、飽きがこないでしょう。一般的にはフルーツ系・スイーツ系・ミント系・たばこ系といったフレーバーに分類でき、いずれもアトマイザーに注入するだけで楽しむことができます。 たとえばmybluTM(マイブルー)にも、ストロングメンソール・たばこ味・アイスベリー・カフェラテ・グリーンアップル・マンゴーアプリコットなど多様なフレーバーがあります。POD型なのでメンテナンスやリキッドを注入する手間もなく、使うときはリキッドの入ったカートリッジを交換するだけでOKです。まずは、水蒸気量のチェックとともにいくつかのフレーバーを試して、自分のお気に入りを見つけるところからはじめてみましょう。

VAPE(ベイプ)は水蒸気を楽しむアイテムなので、禁煙を考えている健康志向の方や、家族や友人など周りへの配慮をしたい方におすすめのアイテムです。メンテナンスやアレンジ、リキッドの注入が面倒だと感じる方は、そうした手間のかからないPOD型のVAPE(ベイプ)からはじめてみてはいかがでしょうか。