公式ブログトップ
Plus Icon
電子タバコ(VAPE)についてのブログ飲食店やオフィスでタバコが吸えない? 改正健康増進法(受動喫煙防止)で始まる全面禁煙とは?知っておきたい!改正健康増進法の理由になった受動喫煙(タバコの煙)の影響電子タバコ(VAPE)のバッテリー寿命はどのくらい?長持ちさせるには?電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?一番安心できる販売店は?電子タバコ(VAPE)のルールやマナーって?喫煙所以外でも使える?電子タバコ(VAPE)をもっと楽しめる吸い方のコツとは?電子タバコ(VAPE)の煙が出ない!考えられる原因と対処法は?購入前の参考に!電子タバコ(VAPE)のメリット・デメリットを紹介電子タバコ(VAPE)は水蒸気が発生する?どんな仕組み?法改正でファミレスが原則喫煙不可に?今後注目の電子タバコ(VAPE)についてmybluなど電子タバコの「蒸気」と紙巻きタバコの「煙」の違いタバコを吸う彼氏・彼女に電子タバコ(VAPE)がおすすめな理由電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方電子タバコ(VAPE)初心者におすすめする失敗しない選び方電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄・メンテナンス方法(アトマイザー/コイル)電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い・喉が痛い原因~ドライヒット対処法電子タバコ(VAPE)の仕組み・構造を徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれでかっこいい電子タバコ(VAPE)の魅力とは?禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識電子タバコ(VAPE)人気が女性にも!そのワケは加熱式タバコにはないフレーバー。色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?電子タバコ(VAPE)比較。種類と特徴について。電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの違いは一体何?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の値段・価格は?電子タバコ(VAPE)のコスパ・ラニングコストは加熱式とどう違う?加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは電子タバコ(VAPE)のリキッド消費量、コスパについて電子タバコ(VAPE)のキック感、吸いごたえは?タバコに含まれるタールの成分・害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)のニコチン入りリキッドの害について電子タバコ(VAPE)にはタールが含まれていないという真実電子タバコ(VAPE)は紙巻きタバコと違って吸ったあと口臭はしない?電子タバコ(VAPE)なら室内で吸っても部屋ににおいは残らない?電子タバコ(VAPE)は非喫煙者が吸っても平気?ニコチンとタール。結局どっちが害?違いは?タバコに含まれるニコチンの害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)の味をさらに堪能するためには?電子タバコ(VAPE)のにおいは、臭い、気持ち悪い?電子タバコ(VAPE)ならタバコ嫌いな彼氏・彼女とのキスも大丈夫な理由
電子タバコ(VAPE)をもっと楽しめる吸い方のコツとは?

電子タバコ(VAPE)をもっと楽しめる吸い方のコツとは?

電子タバコ(VAPE)は、ビジュアルのおしゃれさからも人気のある商品です。しかし、実はVAPE(ベイプ)を使用する際の吸い方にコツがあるため、初心者の中にはうまく使用できないという方もいるようです。そこで、ここではVAPE(ベイプ)を使用する際の吸い方のコツについてご紹介します。

まずはおさらい!電子タバコ(VAPE)の基本的な吸い方

GC 1908 4.1 520

VAPE(ベイプ)にはドリップチップという先端部分があります。VAPE(ベイプ)の種類にもよりますが、使用するときは基本的にドリップチップをくわえ、そのまま電源ボタンを押します(mybluには電源ボタンがないため、ドリップチップをくわえて吸うだけで電源が入ります)。そうすると、内部のコイルを通してリキッドが加熱され、フレーバーのついた水蒸気が発生しますので、これを吸い込みましょう。手順としてはこれだけですが、初心者だとうまく吸えないこともあるので、細かいポイントを意識することが大切です。

うまく吸えない!電子タバコ(VAPE)を吸うとき発生しがちな問題

使用感が悪いと感じたら、もしかするとVAPE(ベイプ)本体ではなく、吸い方に問題があるかもしれません。電子タバコ(VAPE)の故障を疑う前に、よくあるトラブルや悩みを確認しましょう。また、違和感があるにもかかわらず使い続けていると故障の原因にもなりかねないので、注意が必要です。

「ジュルジュル」と音がする

蒸気を吸い込もうとすると「ジュルジュル」という音がする場合は、メンテナンスが必要です。この原因は、リキッドが結露していることにあります。空気の通り道で蒸気がリキッドに戻ってしまっているので、うまく吸い込めず音がするのです。対策としては、アトマイザーをMODから外したうえで、吸い口から息を吹きかけましょう。液体のリキッドが排出され、吸い口がきれいになります。

煙の量が少ない・出ない

電子タバコ(VAPE)を使おうとしても、蒸気の量が少ないと十分にフレーバーを楽しめません。その場合は、リキッドの加熱ができていない可能性を疑いましょう。コイルが古くなっていると熱が伝わりにくくなり、水蒸気の量が少なくなります。交換の時期がきたという目安にするとよいでしょう。なお、蒸気がすでに出なくなっているのに電源を入れ続けると「空焚き」をしてしまうリスクがあります。リキッドが少ないにもかかわらず強引にアトマイザーを熱すると本体が壊れてしまうので、異変を感じたら操作を止めて状況をチェックしましょう。

アトマイザーが熱い

そもそも使用しているときのアトマイザーは熱くなるものです。とはいっても、「温かい」と感じる程度であり、持つのが難しいほど熱がこもるのであれば、不具合が発生している可能性があります。リキッドが入っていないのに加熱をしている「空焚き」状態のときにアトマイザーは過剰に熱くなりがちなので、リキッドの残量を確認してみてください。

液跳ねする

電子タバコ(VAPE)では製品によって多少の液跳ねが認められるものの、頻繁に起こるのであればサイズが合っていない可能性があります。口とコイルユニットの距離が近すぎる場合はサイズの大きなVAPE(ベイプ)を選ぶか、ドリップチップを長くすることで問題を解決できるでしょう。そのほか、爆煙型の電子タバコ(VAPE)はリキッドの過剰供給が原因となることもあります。

もっと快適に吸うために!電子タバコ(VAPE)吸い方のコツ

GC 1908 4.2 520

些細な工夫で、VAPE(ベイプ)をより快適に使用できます。ここからは吸い方のコツをご紹介していきます。

準備や設定をしっかりと行う

電子タバコ(VAPE)は一般的な紙巻きタバコとは違い、長い間使い続けるためにはメンテナンスが不可欠です。具体的には、コイルは老朽化する前に、交換してから2~3週間ほどを目安に交換しましょう。また、リキッドを入れておくタンクも定期的に洗浄します。そして、使用前にはそれぞれのパーツがしっかり差し込まれているか、充電は十分かどうかも確認しておきましょう。

吸う速さをゆっくりにする

紙巻きタバコの感覚でVAPEを使用すると、十分にリキッドが気体化されないため、味が物足りないと感じることがあります。電子タバコ(VAPE)はゆっくりしたペースで吸いましょう。それでも物足りないのであれば、水蒸気量の多いタイプのものを使用するとよいでしょう。

ボタンを押す長さに気をつける

コイルを長く熱すると、時間に応じて蒸気の量は増えます。そのため、ボタンを長く押し続けることが癖になっているVAPE(ベイプ)ユーザーは少なくありません。しかし、こうした行為はアトマイザーに過剰な負担をかけてしまう原因になり、故障のリスクを高めます。それに、コイルなどパーツの寿命を縮める、空焚きが起こりやすくなるなどの症状も出やすくなります。ボタンは長く押しすぎず、吸わないタイミングまで押していないか確認しましょう。

次吸うまでの間隔を空ける

電子タバコ(VAPE)を長く愛用するためには、いかに本体の負担を抑えるかが重要です。一度使用したら、次の使用まで間隔を空けましょう。通常のたばこのように、チェーンスモークをするのはおすすめできません。速いペースで吸うと逆にフレーバーを堪能できなくなってしまうので、コイルなどのパーツに短時間で負担が集中しないためにも、使う間隔には気をつけましょう。どうしても短期間で使用したい場合は2台持ちにするなど、できるだけ負荷をかけないことが大切です。

煙を口にためるか肺に入れるか

ボタンを長く押したり、間髪入れずに吸おうとしたりするのは「たばこの煙は肺に入れるもの」という先入観があるからではないでしょうか。電子タバコ(VAPE)の煙は水蒸気で、なおかつフレーバーを楽しむ製品であるため、口にためて味を楽しむだけで十分です。「たくさん吸い込みたい」と思わなければ、本体への負担がより軽減されるでしょう。

簡単で楽しみやすいmybluTM(マイブルー)

(画像3)

現在ではいろいろなタイプのVAPE(ベイプ)が流通しているので、自分に合ったものを選ぶのも醍醐味のひとつです。VAPE(ベイプ)には3種類のタイプがあり、もっとも軽量タイプのPEN型は低価格で扱いやすいのが特徴ですが、水蒸気量はそれほどなく、ヘビースモーカーの方にとっては物足りないでしょう。一方、メンテナンスが必要なBOX型は少々玄人向けですが、大きいのでフレーバーがより濃厚になります。ただし、コイル交換などこまめなメンテナンスが必要になるので、メンテナンスを手間だと感じる方にはおすすめできません。 その中間に位置するのが、コイルとリキッドが一体になったカートリッジを差し込むだけで使用できるPOD型のVAPE(ベイプ)で、こちらはメンテナンスが不要です。例えば、mybluTM(マイブルー)はメンテナンスが不要かつ扱いやすいサイズ感が特徴のPOD型VAPE(ベイプ)ですので、初心者も気軽に楽しめるようになっています。 フレーバーの種類も豊富なので、使用頻度の高い方でも飽きずに使い続けられるでしょう。

電子タバコ(VAPE)は、周囲にあまり迷惑をかけず喫煙の感覚を味わえるアイテムです。中でも、mybluTM(マイブルー)はメンテナンスの手間もなく簡単に始めやすい商品なので、興味がある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

「電子タバコ(VAPE)の使い方」についてはこちらが参考になります。