電子タバコ(VAPE)についてのブログ電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方初心者が失敗しないための電子タバコ(VAPE)の選び方電子タバコ(VAPE)はどこで買える?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄(メンテナンス)方法電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い原因と対処法最近話題の電子タバコ(VAPE)の仕組みを徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれな電子タバコ(VAPE)がインスタの定番になる!禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識加熱式タバコにはないフレーバーで電子タバコ(VAPE)が女性にも人気!色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?加熱式タバコと比較!電子タバコ(VAPE)の特徴やメリットとは加熱式タバコ喫煙者だが電子タバコ(VAPE)も気になる!一体どう違う?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の価格・値段は?電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコのコスパの違い加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは

電子タバコ(VAPE)にはタールが含まれていないという真実

最近、加熱式タバコとともに主流になりつつある電子タバコ(VAPE)。試しに使ってみようとは思いつつも、本当はニコチンが含まれているのでは?タール(ヤニ)などの成分は入っていないのか?など、気になる点がまだまだ多いと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、そんな電子タバコ(VAPE)の成分や健康面への影響などを解説します。

たばこに含まれる「タール」の基本知識

GC 1905 2-1

通常、紙巻きタバコには、タールという成分が含まれています。 タールとは、たばこの葉に含まれる植物由来の樹脂のことです。ヤニとも呼ばれ、たばこに火をつけて吸うことで熱分解され、煙とともに放出されます。たばこのタールには4,000種類以上の化合物が含まれており、その中の200種類ほどの成分は有害物質とされ、中には発ガン性があると言われているものもあります。 このタールはねばっこく脂っぽいので、喫煙者の喉や肺に長く留まりつづけます。着色力も強く、喫煙者の歯が黄ばんだり、部屋の壁が黄色くなったりするのもタールが原因です。 また、タール独特のにおいは、口臭にもつながります。煙を媒介とするので、喫煙者本人のみならず、非喫煙者の毛髪や衣類にも付着し、強いにおいを放つのが特徴です。

電子タバコ(VAPE)にタールは含まれている?

GC 1905 2-2

昨今、分煙化などで喫煙場所が限定され、完全禁煙を推奨する風潮も高まっています。そのような喫煙に対する逆風の中で、周囲への影響を考え、加熱式タバコに切り替えた方もいるかもしれません。 加熱式タバコは、副流煙や、肺がんの原因となるタールも抑えられるので、紙巻きタバコからの変更は、健康面からみても正しい選択です。しかし、これでタールやニコチンの摂取を完全に防げるわけではありません。 加熱式タバコは、たばこの葉を加熱することにより蒸気を生じさせるアイテムです。たばこの葉を燃焼させる紙巻きタバコに比べて量は軽減されますが、蒸気にはタールやニコチンなどの成分も含まれます。加熱式タバコは課税対象となる立派なたばこ。つまり、加熱式タバコでは、有害物質や発がん物質を完全にゼロにはできないばかりか、においの問題も解決しないのです。

これらの影響をもっと少なくしたいなら、電子タバコ(VAPE)がおすすめです。電子タバコ(VAPE)にはたばこの葉は使われておらず、代わりに食品添加物や香料などの含まれるフレーバーリキッドを加熱して、様々な香りつきの蒸気を発生させて楽しみます。 日本で販売されている電子タバコ(VAPE)のリキッドはタールゼロ・ニコチンゼロです。たばこ特有のにおいもしないので、使用後に服や髪のにおいを気にする必要もありません。健康への影響が少ないだけでなく、においの問題もクリアしているアイテムなのです。

タールゼロ・ニコチンゼロの電子タバコ(VAPE)は未成年も利用できる?

デザインも豊富でアクセサリーのように使えることから、男女問わず若者から支持される電子タバコ(VAPE)。吸い心地はたばこに似ていますが、未成年も利用できるのでしょうか?

電子タバコ(VAPE)は、たばこの葉を使用しないためタールゼロで、理論上は、たばこ同様の有害物質による健康面への影響の心配は少ないです。また、日本では電子タバコ(VAPE)で使用するリキッドにニコチンを混入することを禁止しています。そのため、依存性もなく、未成年でも電子タバコ(VAPE)を使うことに問題がないようにも思えます。 ですが、電子タバコ(VAPE)が普及したのは、ここ最近のことです。まだ研究が進んでいない部分も多いとして、世界保健機関(WHO)は、電子タバコ(VAPE)について未成年者への販売や、公共施設の屋内での使用などについて規制を勧めています。アメリカをはじめとする国々ではVAPE(ベイプ)の未成年への販売や使用を禁止しているところもあり、広告を打ち出すことを禁止する国も現れています。

日本では法律による規制はありませんが、販売元が独自でVAPE(ベイプ)の未成年への販売を規制しています。 たとえば、日本国内で販売しているVAPE(ベイプ)のひとつであるmybluTM(マイブルー)はニコチン非含有のため、法律上、未成年への販売に問題はありません。しかし、20歳以上を販売の対象とする独自ルールを設けているため、未成年は基本的にはmybluTM(マイブルー)を購入・使用することができません。

また、2020年の東京オリンピック開催に向け、政府は健康増進法改正案に受動喫煙防止案を盛り込みましたが、加熱式タバコも原則禁煙対象となりました。将来的に、電子タバコ(VAPE)も、禁煙対象とされる可能性はあります。そうなれば、ますます未成年の使用は認められないでしょう。

電子タバコ(VAPE)の蒸気に含まれる主な材料

GC 1905 2-3

VAPE(ベイプ)のリキッドに含まれている主成分は、プロピレングリコール(PG)と植物性グリセリン(VG)で、食品添加物や薬品のベースに使われる成分です。そこにグリーンアップル味やメンソール味、アイスミント味のような香りをつけ、リキッドとして販売しています。

食品にも使われる成分なので、タールやニコチンなどが含まれる紙巻きタバコや加熱式タバコと比較し、人体への影響は少ないと言われています。健康増進目的で紙巻きタバコからVAPE(ベイプ)に変えるのは、正しい判断であると言えるでしょう。

部屋につくヤニが気になる方は電子タバコ(VAPE)がおすすめ

室内でたばこを吸う方なら、部屋のクロスにヤニやにおいがついてしまった経験があるでしょう。特に賃貸物件でたばこを吸う場合、部屋の解約時にクロスの貼り替え代金を請求され、余計な出費につながります。また、換気扇の前や、ベランダといった屋外でたばこを吸うなどの対策を講じても、においの問題でご近所トラブルに発展するおそれがあります。 電子タバコ(VAPE)なら、そんな問題も解決します。VAPE(ベイプ)はタールゼロのため、部屋の着色汚れやにおいを気にする必要がありません。 いきなりすべてを変えるのが難しいなら、室内だけでもVAPE(ベイプ)で過ごすのもよいでしょう。使いつづけることで、禁煙につながるかもしれません。

電子タバコ(VAPE)は、タールゼロ・ニコチンゼロなので、近年の健康志向の高まりも後押しして、多くの喫煙者から支持を集めています。これから禁煙を考えている方や、副流煙やにおいなど周囲への配慮を徹底したいがどうすればいいか分からなかった方などは、ぜひ電子タバコ(VAPE)の使用を検討してみてはいかがでしょうか。

電子タバコ(VAPE)について理解を深めたい方はこちらのブログ
mybluTM(マイブルー)について理解を深めたい方はこちらのブログ

トップに戻る
Chevron right Icon