電子タバコ(VAPE)についてのブログ電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方初心者が失敗しないための電子タバコ(VAPE)の選び方電子タバコ(VAPE)はどこで買える?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄(メンテナンス)方法電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い原因と対処法最近話題の電子タバコ(VAPE)の仕組みを徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれな電子タバコ(VAPE)がインスタの定番になる!禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識加熱式タバコにはないフレーバーで電子タバコ(VAPE)が女性にも人気!色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?加熱式タバコと比較!電子タバコ(VAPE)の特徴やメリットとは加熱式タバコ喫煙者だが電子タバコ(VAPE)も気になる!一体どう違う?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の価格・値段は?電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコのコスパの違い加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは

加熱式タバコと比較!電子タバコ(VAPE)の特徴やメリットとは

近頃、電子タバコ(VAPE)の需要が高まっており、街中でも使用している人をよく見かけるようになりました。しかし、加熱式タバコから電子タバコ(VAPE)への乗り換えを検討している方の中には、加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)の違いがいまいちよくわからない、という方もいるでしょう。そこで、今回は電子タバコ(VAPE)の特徴やメリットについて、加熱式タバコと比較しながら解説します。

電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの違いは?

GC 1905 8-1

電子タバコ(VAPE)は、リキッドと呼ばれる液体フレーバーを電力によって気化し、発生した蒸気を吸引して楽しむアイテムです。たばこ葉を使用していないため、ニコチン・タールがゼロであることが特徴です。一方の加熱式タバコは、たばこ葉を電力によって気化し、その蒸気を吸引して楽しむ嗜好品のことです。発生するタールの量は紙巻きタバコと比較して大幅にカットされますが、ゼロではないことと、ニコチンが含まれているのが特徴です。

電子タバコ(VAPE)の種類を比較

GC 1905 8-2

電子タバコ(VAPE)はアトマイザーと本体の仕様によって3つのタイプに分類できます。それぞれについて解説していきましょう。

リキッド式タイプ

リキッド式電子タバコ(VAPE)は、アトマイザーと呼ばれるパーツにリキッドを入れて使う電子タバコ(VAPE)のことです。アトマイザーは長く使用するとリキッドの焦げや汚れが付着して蒸気が出にくくなったり、味が変わってしまったりすることがあります。そのため定期的なメンテナンスが必須になりますが、リキッドを補充すれば本体のバッテリーの充電機能が損なわれるまで繰り返し使用することができます。長期的に電子タバコ(VAPE)を使用するなら、このタイプがおすすめです。また、リキッドをブレンドして自分好みのフレーバーを作り出したり、蒸気の量を調節したりできるのもリキッド式電子タバコ(VAPE)の魅力でしょう。

カートリッジ式タイプ

カートリッジ式電子タバコ(VAPE)は、コイルとアトマイザーが一緒になっているカートリッジを本体に装着して使います。リキッド式と同じく本体は充電式になっていますが、カートリッジ内のリキッドがなくなったらカートリッジごと交換するという違いがあります。 リキッド式タイプは、リキッドの種類を変える際、フレーバーが混ざらないようにボトルを洗浄する必要があります。しかしカートリッジ式タイプは、ボトルごと交換するので洗浄の必要がありません。カートリッジごと交換すればコイルの交換やアトマイザーのメンテナンスも必要ないので、メンテナンスを面倒と感じる方に特におすすめです。

そして、日本で販売されているカートリッジ式タイプの代表格とも言えるのが、mybluTM(マイブルー)です。mybluTM(マイブルー)は、公式を含むネットショップの他、東京、大阪、福岡、北海道、愛知、埼玉、神奈川、千葉にある一部コンビニのレジ前や日用品コーナーでも手軽に購入できます。

使い捨てタイプ

使い捨て電子タバコ(VAPE)は本体とリキッド部分が一体になっていて、開封後すぐに使うことができます。蒸気が出なくなったらそのまま捨て、新しいものを購入してください。こちらもリキッドの補充や交換・メンテナンスの必要がないため、気軽に楽しめます。また、他の2タイプと違って初期費用がかからない(本体などをリキッドと別で揃える必要がない)ため、少し電子タバコ(VAPE)を試してみたいときにおすすめです。ただし、長期的に使用する場合はコストが高くなってしまいますので、本格的な使用を検討する場合は、リキッド式タイプかカートリッジ式タイプを検討しましょう。

電子タバコ(VAPE)に切り替えるメリット

GC 1905 8-3

加熱式タバコから電子タバコ(VAPE)に切り替えることで、たくさんの恩恵が受けられます。そこで、ここでは電子タバコ(VAPE)に切り替えるメリットを順に紹介します。

においや煙が気にならない

たばこを吸わない方にとって、たばこのにおいや煙は気になるものです。特に加熱式タバコや紙巻きタバコはたばこ葉を燃やすという性質上、どうしても独特のにおいが発生してしまいます。一方、電子タバコ(VAPE)が発生させているのはフレーバーを気化させた水蒸気であるため、受動喫煙の心配はありませんし、いやなにおいもしません。 たばこの煙やにおいが嫌いな方が多い職場や商談前の一服、そして小さい子どもがいる家庭などでも安心して使用することができます。また、締め切った室内で使用しても、紙巻きタバコのようにいつまでもにおいが消えない、ということはありません。

電子タバコ(VAPE)のにおいに関する詳しい説明はこちらから

紙巻きタバコ・加熱式タバコと比べて健康への影響が少ない

紙巻きタバコは、ニコチンやタール、その他の有害物質を数多く含んでいます。加熱式タバコは紙巻きタバコに比べると少ないものの、やはりニコチンとタールを含有しています。一方、mybluTM(マイブルー)を始めとする国産の電子タバコ(VAPE)はニコチンゼロ・タールゼロであるため、喫煙による身体への影響が紙巻きタバコ等に比べて少ないと言えます。電子タバコ(VAPE)に切り替えることで、健康面志向の高まりにも対応することができるのです。

経済的

紙巻きタバコは、1箱の値段が400円以上のものがほとんどです。つまり、1日1箱吸う方であれば、1ヶ月あたり1万円以上の支出になります。そして加熱式タバコのカートリッジ価格も450円程度ですので、ランニングコストは紙巻きタバコと変わりません。 一方、電子タバコ(VAPE)のリキッド式やカートリッジ式であれば、本体を購入するための費用はかかるものの、本体購入後にかかるのはリキッドまたはカートリッジの購入費用だけで済みます。リキッドは0.1mlでタバコ約1本分と計算されることから、たばこ20本分を使用するとおよそ2mlになります。つまり、1000円で10mlのリキッドを購入して1日あたりたばこ20本分使用したとすると、5日間も楽しむことが可能です。計算すると1ヶ月あたり6000円前後で済むことになり、電子タバコ(VAPE)がいかに経済的かがわかります。

火災の心配がない

紙巻きタバコは、火の消し忘れによる火災の危険性があります。実際に、ポイ捨てや寝タバコによる火災は、テレビなどで数多く報道されてきました。また、小さい子どもが誤ってライターを使用してしまうことで事故が発生したケースもあります。その点、電子タバコ(VAPE)は火を使用しないので、ライターが不要ですし、火災の心配もありません。

禁煙のストレスを感じにくい

禁煙したくてもなかなかうまくいかない人は、たばこを「吸えない」ことによるストレスを抱えているケースが多いと言われています。そこで活躍するのが電子タバコ(VAPE)です。電子タバコ(VAPE)はガムなど他の禁煙アイテムとは異なり、紙巻きタバコと似ている使用感があるため、たばこを吸えないストレスの緩和に一役買っています。

電子タバコ(VAPE)は加熱式タバコよりも経済的ですし、健康面への配慮もできる画期的なアイテムです。節煙目的で電子タバコ(VAPE)を検討されている方は、紙巻きタバコや加熱式タバコから乗り換えた方がお得でしょう。まずは、リキッド式やカートリッジ式など、どのタイプの電子タバコ(VAPE)が自分に合っているかというところから考えてみてはいかがでしょうか。

mybluTM(マイブルー)と加熱式タバコの比較はこちらから
mybluTM(マイブルー)と他のVAPEの比較はこちらから

トップに戻る
Chevron right Icon