公式ブログトップ
Plus Icon
電子タバコ(VAPE)についてのブログ飲食店やオフィスでタバコが吸えない? 改正健康増進法(受動喫煙防止)で始まる全面禁煙とは?知っておきたい!改正健康増進法の理由になった受動喫煙(タバコの煙)の影響電子タバコ(VAPE)のバッテリー寿命はどのくらい?長持ちさせるには?電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?一番安心できる販売店は?電子タバコ(VAPE)のルールやマナーって?喫煙所以外でも使える?電子タバコ(VAPE)をもっと楽しめる吸い方のコツとは?電子タバコ(VAPE)の煙が出ない!考えられる原因と対処法は?購入前の参考に!電子タバコ(VAPE)のメリット・デメリットを紹介電子タバコ(VAPE)は水蒸気が発生する?どんな仕組み?法改正でファミレスが原則喫煙不可に?今後注目の電子タバコ(VAPE)についてmybluなど電子タバコの「蒸気」と紙巻きタバコの「煙」の違いタバコを吸う彼氏・彼女に電子タバコ(VAPE)がおすすめな理由電子タバコ(VAPE)入門!MTLとDLという2つの吸い方電子タバコ(VAPE)初心者におすすめする失敗しない選び方電子タバコ(VAPE)はどこで購入できる?電子タバコ(VAPE)はコンビニで買える?電子タバコ(VAPE)を持ち運びするときの注意点電子タバコ(VAPE)の充電方法・時間について電子タバコ(VAPE)の使い方について電子タバコ(VAPE)を味重視で選ぶ方法電子タバコ(VAPE)を吸うと熱い?原因と対処法電子タバコ(VAPE)リキッドの開け方・交換方法電子タバコ(VAPE)の保管方法電子タバコ(VAPE)の洗浄・メンテナンス方法(アトマイザー/コイル)電子タバコ(VAPE)がまずい・味がしない・薄い原因と対処法電子タバコ(VAPE)が焦げ臭い・喉が痛い原因~ドライヒット対処法電子タバコ(VAPE)の仕組み・構造を徹底解剖電子タバコ(VAPE)はチェーンスモークできる?おしゃれでかっこいい電子タバコ(VAPE)の魅力とは?禁煙を続けるコツはタバコの代わりになる嗜好品にあり電子タバコ(VAPE)に火災報知器は反応するか?電子タバコ(VAPE)を始める前に知っておくべき入門基礎知識電子タバコ(VAPE)人気が女性にも!そのワケは加熱式タバコにはないフレーバー。色々な味の種類を楽しめる電子タバコ(VAPE)のリキッド電子タバコ(VAPE)のリキッドをまとめ買いしたい!賞味期限はある?電子タバコ(VAPE)比較。種類と特徴について。電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの違いは一体何?電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?リキッドって?電子タバコ(VAPE)の値段・価格は?電子タバコ(VAPE)のコスパ・ラニングコストは加熱式とどう違う?加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)を併用するメリットとは電子タバコ(VAPE)のリキッド消費量、コスパについて電子タバコ(VAPE)のキック感、吸いごたえは?タバコに含まれるタールの成分・害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)のニコチン入りリキッドの害について電子タバコ(VAPE)にはタールが含まれていないという真実電子タバコ(VAPE)は紙巻きタバコと違って吸ったあと口臭はしない?電子タバコ(VAPE)なら室内で吸っても部屋ににおいは残らない?電子タバコ(VAPE)は非喫煙者が吸っても平気?ニコチンとタール。結局どっちが害?違いは?タバコに含まれるニコチンの害(影響)とは?電子タバコ(VAPE)の味をさらに堪能するためには?電子タバコ(VAPE)のにおいは、臭い、気持ち悪い?電子タバコ(VAPE)ならタバコ嫌いな彼氏・彼女とのキスも大丈夫な理由
飲食店やオフィスでタバコが吸えない? 改正健康増進法(受動喫煙防止)で始まる全面禁煙とは?

飲食店やオフィスでタバコが吸えない? 改正健康増進法(受動喫煙防止)で始まる全面禁煙とは?

飲食店全面禁煙?4月から飲食店でたばこが吸えなくなる?

002 -min

2020年4月より、改正健康増進法が全面施行されます。これに伴い屋内での禁煙が実施されますが、喫煙者にとって具体的にどのような法令なのか、どこまで喫煙が規制されるのかなど、気になるところが多いでしょう。

原則として禁煙の対象となる新たな場所は、飲食店をはじめ多くの人が利用する屋内施設です。喫煙専用室の設置があるお店など、一部喫煙可能なエリアもありますが、多くの飲食店が禁煙となるため喫煙者の方は注意が必要です。

飲食店では、今後、煙の室外流出を防ぐための技術的基準に適合した「喫煙専用室」、バーなどの「喫煙目的室」、小規模かつ令和2年4月1日時点での既存店舗に限定された「喫煙可能室」のみで紙巻タバコの喫煙が可能になります。加熱式タバコはこれらに加え、「加熱式たばこ専用喫煙室」でも使用可能で、ここでは飲食もできます。

「喫煙専用室」は、「出入口において室外から室内に流入する空気の気流が0.2m毎秒以上であること」、「たばこの煙(蒸気を含む。以下同じ。)が室内から室外に流出しないよう、壁、天井等によって区画されていること」、「たばこの煙が屋外又は外部に排気されていること」といった厳しい技術的基準を満たさなければなりません。(引用元:https://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/point/)

「喫煙可能室」は、経営規模(客席面積100㎡以下・資本金5,000万円以下・大規模会社が発行済株式数の過半を有さない)が小さい、既存の飲食店で設置が可能です。これは、小規模飲食店の負担を軽減するための経過措置であり、店全体を喫煙可能室とするには、店舗が壁・天井などによって区間されている必要があります。この場所であれば、喫煙しながらの飲食が可能です。

このように店舗・業態によって喫煙の規制度合いが異なる中、望まない受動喫煙を防止するために、店舗出入口及び喫煙室出入口に標識を設置することも義務付けられます。

受動喫煙防止に向けた新しいルール

pixta 56801213 M-min

これまで受動喫煙を防止することは「マナー」とされてきましたが、これからはみんなが遵守すべき「ルール」となります。したがって、違反した際にはもちろん罰則があります。また、20歳未満の人は、客であるか従業員であるかを問わず、喫煙区画へ立ち入ることが禁止されます。

こうした「ルール」を守らなかった場合、都道府県知事等から個人または施設管理者に対して指 導が入ります。指導をしても改善が見られなかった場合は、段階をへて、喫煙禁止違反をした人には30万円以下、違反した店舗や基準適合違反喫煙室の管理者には50万円以下などの罰則(過料)が科せられます。(参照元:https://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/point/)

飲食店の中には喫煙可としたり、全席禁煙を徹底したり、電子タバコ(VAPE)のみ使用可としたりと、法令への対応が各店舗異なりますので、食後の喫煙を嗜みたいなら入店前にしっかり確認しておきましょう。

屋内での全面禁煙となった背景

近年、国内の喫煙者数は減少傾向にあり、厚生労働省が2020年1月に発表した「2018年度 国民健康・栄養調査」(参照: https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08789.html)によると成人人口の約82%は非喫煙者であるというデータがあります。

受動喫煙の非喫煙者に与える健康影響と喫煙者が一定程度いる現状を踏まえ、屋内で受動喫煙を望まない者がそのような状況に置かれないよう、また、健康影響が大きい子どもや患者等に特に配慮し、法改正が行われました。

これから全面禁煙を実施する店舗も増え、屋内という密閉された空間での喫煙が制限されることで、受動喫煙の可能性を大幅に下がることが期待されています。

喫煙者はたばこを吸わない人を尊重しよう!

-min 受動喫煙を防ぐためには、喫煙者による周囲への配慮が必要不可欠になります。今回の改正で規制されたのは第二種施設では屋内の喫煙ですが、家庭や屋外、喫煙可能区域においても他人に迷惑がかからないように意識することは大切です。特に、近くに妊婦さん、患者さん、小さな子どもがいる場合は、受動喫煙によって身体に影響を及ぼす可能性がありますので、最大限配慮が必要となります。

受動喫煙を防ぐためにも有用なのが、電子タバコ(VAPE)です。VAPE(ベイプ)は食品添加物でできた専用のリキッドを熱することで発生する蒸気のフレーバーを楽しむものです。リキッドには様々な風味の種類があります。紙巻きタバコや加熱式タバコとは異なり、たばこ葉は使用せず、火を使いません。

重要なのは、VAPE(ベイプ)から発生する蒸気はニコチン・タールゼロであるということです。タバコの煙とは異なるため、受動喫煙の影響は少ないと考えられています。VAPE(ベイプ)はタバコでないため、改正健康増進法の規制対象から外れています。

VAPE(ベイプ)であるmyblu(マイブルー)もこの改正健康増進法の規制対象外であるため、紙タバコに代わるアイテムをお探しの方におすすめです。POD型電子タバコであるmyblu(マイブルー)は、フレーバーリキッドとコイルが一体となっているので、簡単にリキッドの補充もできます。フレーバーも豊富に用意されているので、リキッドを差し替えれば気分転換にもなるでしょう。

受動喫煙防止において一番大切なのは、喫煙者一人一人が周囲への配慮を意識するということです。VAPE(ベイプ)の使用なども視野に入れつつ、法改正に伴う喫煙のルールを改めて確認しておくことが肝要です。