電子タバコ

なら室内で

吸っても部屋に

においは

残らない?

紙巻きタバコをやめて電子タバコ(VAPE)に切り替えようとしたとき、気になるポイントのひとつが「におい」です。せっかく紙巻きタバコをやめるのだから「においを気にせず過ごせるようになりたい」「壁紙が黄色く変色したり、におったりするのを気にしたくない」という方も多いはずです。ここでは気になる電子タバコ(VAPE)の「におい」について詳しく紹介します。

電子タバコ(VAPE)のにおいは臭くないの?

GC 1905 4-1

今、たばこが嫌いな方に配慮して禁煙を試みる喫煙者が増えています。とはいえ、普段から愛用してきたたばこをいきなりやめるのは簡単ではないため、禁煙を検討する方の中には、代替品として加熱式タバコや電子タバコ(VAPE)を使用する方もいます。そこで、気になるのがこれらのにおいではないでしょうか。 もし、においを気にしてたばこからの切り替えを考えているのであれば、煙の出ない電子タバコ(VAPE)がおすすめです。

VAPE(ベイプ)は、リキッドと呼ばれる液体を電気で熱して出てきた蒸気のフレーバーを楽しむアイテムです。そのため、生じているのはただの水蒸気で、たばこ葉を燃やして出てくる煙とはまったく違います。

そもそも紙巻きタバコを吸ったときに漂う特有のにおいは、たばこ葉を加熱して発生するニコチンやタールに由来します。加熱式タバコは電気でたばこ葉を加熱しているため、やはり独特のにおいがします。それに対して、たばこ葉を使用していないVAPE(ベイプ)はニコチンやタールがゼロなのでいやなにおいがなく、また有害性のレベルも低いとされています。

VAPE(ベイプ)はリキッドの爽やかな香りを楽しむアイテムなので、においがするとすれば、香料由来のものでしょう。一般的にはフレーバーと呼ばれ、VAPE(ベイプ)使用直後でも果物やメンソールのほのかな香りがする程度です。つまり、VAPE(ベイプ)に切り替えることで、たばこ独特のにおいの問題を解決することができるのです。

室内で使用しても部屋や壁紙ににおいが残らない</h3>

紙巻きタバコや加熱式タバコで発生するタールは、粘度のある植物性樹脂で、部屋の壁に付着して徐々に黄色く変色させていきます。また、タールは特有の強いにおいを発するため、部屋からたばこのにおいが消えなくなってしまいます。においを消すにはタールが壁に残らないように掃除をする必要がありますが、タールは一度壁についたらなかなか取り除くのが難しく、どれだけ頻繁に掃除をしても限界があります。 VAPE(ベイプ)は前述したようにタールゼロですので、タールが壁にこびりつくことがなく、においも発生しません。壁紙が黄色に変色してしまうこともないので、賃貸物件にお住まいの方も気兼ねなく室内で使用することができます。

電子タバコ(VAPE)ならデートのときにもにおいを気にしなくていい

紙巻きタバコや加熱式タバコを使用している場合、たばこを吸わない方と会う際に「たばこ臭い」と思われないよう、エチケットとして口臭ケアや服のにおいのケアをすることもあるでしょう。特に、ビジネスマンはうっかりケアするのを忘れないよう、就業中や取引先などでは神経を尖らせている方も多いはずです。 たばこのにおいの原因はタールやニコチンですから、紙巻きタバコや加熱式タバコを愛用している方とは、切っても切れない関係にあります。

ニコチンゼロ・タールゼロのVAPE(ベイプ)に切り替えれば、こうしたにおいケアやエチケットを気にする必要はなくなります。VAPE(ベイプ)を使用しても紙巻きタバコのように服や髪ににおいが残ることはなく、また口がヤニ臭くなることもありません。口の中にフレーバーが残ると気にする方もいますが、これは水蒸気ですので、タールと違い短時間で消えていきます。

そのため、たとえデートの相手がたばこ嫌いでもストレスを感じることがありませんし、目の前で使用しても紙巻きタバコほどの嫌悪感はないでしょう。むしろ、VAPE(ベイプ)はおしゃれなデザインのものも多いため、ファッションアイテムや、コミュニケーションのきっかけとして携帯する方もいるほどです。

喫煙者が始めやすい!おすすめのフレーバー

GC 1905 4-2

いくらにおいが気にならないといっても、電子タバコ(VAPE)では物足りないかもしれない、と切り替えを躊躇してしまう方や、「電子タバコ(VAPE)は味気ないから、禁煙に繋がらない」と考えている方も一定数います。しかし、実際は電子タバコ(VAPE)の使用感はフレーバー次第です。

VAPE(ベイプ)は果物やスイーツ系のフレーバーが多く販売されていますが、紙巻きタバコや加熱式タバコからVAPE(ベイプ)に移行した方におすすめなのが、メンソール味やタバコ味です。紙巻きタバコにもメンソールタイプがあるので、再現性の高いフレーバーを選べば、違和感なく移行することができるでしょう。 たとえば、POD型VAPE(ベイプ)のひとつであるmybluTM(マイブルー)には、オリジナルブレンドのメンソールや、メンソールを強くした氷冷感溢れるストロングメンソールだけでなく、たばこ本来の風味を再現したタバコ味のフレーバーがあります。メンソールは2種類のミントを合わせたクールな味わいで、ストロングメンソールは目が覚めるような突き抜ける刺激が味わえます。また、タバコ味は芳醇な深い味わいが特徴で、愛煙家も満足できるはずです。 味や使用感が気になってVAPE(ベイプ)の使用をためらっていた方でも、フレーバーの選択次第でVAPE(ベイプ)を楽しむことができます。

フルーティな香りを楽しみたい方におすすめのフレーバー

GC 1905 4-3

前述のとおり、電子タバコ(VAPE)はフレーバーの種類が豊富です。どのフレーバーも工夫が凝らされていて飽きがこないように開発されています。中でもフルーティな香りを楽しみたい方におすすめしたいのが、先ほど例に挙げたmybluTM(マイブルー)がラインナップしている、チェリークラッシュ・グリーンアップル・マンゴーアプリコットの3種類です。

まずチェリークラッシュは、パンチの効いた甘酸っぱさが特徴です。刺激があって繰り返し吸いたくなるフレーバーになっています。口コミでは全フレーバーの中で一番果物の味を再現できているとの声もあり、おいしいと評判です。

次にグリーンアップルは、さりげない酸味と青りんごの甘すぎない清涼感が心地よい味わいを演出してくれるフレーバーです。くせがなく、ガムの青りんご味に似ているとの口コミがあります。

そして、完熟マンゴーが南国を思わせつつ、アプリコットがコクを生み出しているフレーバーがマンゴーアプリコットです。純粋に甘い香りを楽しみたい方におすすめです。

VAPE(ベイプ)はニコチンゼロ・タールゼロで、においが壁や体につかないため、室内で使用しても問題ありません。非喫煙者の方が一緒にいるときに使用しても周りに不快感を与えることが少なく、喫煙者の負担も軽減されます。ビジネスの大切な場面やデートに安心して臨むことができるVAPE(ベイプ)を、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

mybluTM(マイブルー)のフレーバーレビューについてはこちらから

上に戻る