電子タバコは

非喫煙者が

吸っても平気?

「たばこを吸ったことはないけど、一度吸ってみたい」と電子タバコ(VAPE)に興味を持ったものの、「健康に影響が出ないか不安で手が出せない」という方は少なからずいます。ここでは電子タバコ(VAPE)が非喫煙者に注目されている理由や健康への影響などを紹介し、非喫煙者が吸っても問題ないかどうかについて解説していきます。

非喫煙者がおさえておきたい「電子タバコ(VAPE)」と「加熱式タバコ」の違い

GC 1905 5-1

普段たばこを吸わない方の中には、紙巻きタバコと電子タバコ(VAPE)の違いはわかっても、加熱式タバコと電子タバコ(VAPE)の違いはわからない、という方がいるのではないでしょうか。ここではまず、それぞれの違いを確認していきます。

よく自動販売機などで売られているものは「紙巻きタバコ」と呼ばれる、たばこ葉を燃やした煙を楽しむタイプのもので、この紙巻きタバコの代替品として利用されているイメージがあるのが「電子タバコ(VAPE)」と「加熱式タバコ」です。これらは「禁煙するときのたばこ」等、たばこの代替品として一括りにされがちですが、実は明確な違いがあります。 最大の違いは、たばこ葉を使用しているかどうかです。加熱式タバコは、たばこ葉を火ではなく電気で熱して発生させた煙の風味を楽しみます。そのため、紙巻きタバコに比べて発生するタールの量を抑えることができますが、たばこ葉を使用しているのでニコチンやタールの影響は受けてしまいます。煙が減ることで周りに配慮できるとはいえ、紙巻きタバコと同様に「たばこ商品」であることには変わりません。加熱式タバコは、ニコチンやタールの影響を抑えた「減煙」になるたばこです。

一方で、電子タバコ(VAPE)はたばこ葉を使用していません。電子タバコ(VAPE)はリキッドと呼ばれる液体を電気で加熱して水蒸気にし、その香りを楽しむものです。ニコチンゼロ・タールゼロであるため、健康への影響が少なく、近年の健康志向の高まりに対応しているアイテムと言えるでしょう。海外ではニコチンが含まれたリキッドも販売されていますが、日本では許可されていないため、国内で販売されているリキッドはすべてニコチンゼロ・タールゼロです。個人輸入をしない限り、誤ってニコチンやタールが含まれているリキッドを購入してしまうことはありません。 紙巻きタバコの代わりに電子タバコ(VAPE)を使用した場合、ニコチンがゼロなので、「禁煙」になるたばこです。

電子タバコ(VAPE)が非喫煙者に注目されているワケ

GC 1905 5-2

最近、電子タバコ(VAPE)を使用する非喫煙者が増えています。まず、電子タバコ(VAPE)には、たばこ独特のにおいの素であるニコチンやタールが含まれていないため、口臭や衣類のにおいを気にする必要がありません。また、リキッドには食品にも使用されている安全性の高い原料しか使用されていないので、紙巻きタバコに比べて健康面で優れているのも、非喫煙者が注目しているポイントでしょう。

他にも、口寂しいときに食べるアメやガムにはカロリーがあるので、これを気にしておやつ代わりに電子タバコ(VAPE)をはじめる方もいます。電子タバコ(VAPE)は水蒸気のフレーバーを楽しむアイテムですから、アメやガムの代用品としても活躍してくれるでしょう。 しかも、電子タバコ(VAPE)で楽しめるフレーバーには果物のような甘い香りのものが多くあります。非喫煙者に人気があるのはフルーツ系・スイーツ系のフレーバーでしょう。フルーツ系のフレーバーには、チェリークラッシュやグリーンアップルといったアメやガムにもある果物のフレーバーもラインナップされています。甘さ控えめのものからしっかり甘いものまで種類が豊富にありますし、甘いだけでは物足りないという方は、ミントなどとブレンドしてスッキリした味わいのフレーバーもおすすめです。 一方、スイーツ系のフレーバーにはハップルパイやメープルシロップ、バタースコッチなどがあり、一風変わった味わいが楽しめます。少しビターな味わいを求めるのであればコーヒーやカフェラテなどドリンク系のフレーバーもよいでしょう。

VAPE(ベイプ)の本体はデザイン性の高いものが多いため、ファッションアイテムとして使用する人もいますし、海外セレブも使用しているとあって話題性もあります。また、国内ではたばこ事業法で定められている「たばこ商品」ではないため、電子タバコ(VAPE)と名前がついているものの、実質的にはたばこではない点も、非喫煙者がはじめやすい理由でしょう。

喫煙者が多い社交の場でも使える!

仕事中や、同僚・友人との飲み会などで、喫煙者が休憩がてら喫煙スペースで何気ない会話を楽しんでいる光景を目にした方もいるはずです。 実は喫煙スペースは独特な社交の場になっていることが多く、喫煙者同士のコミュニティーが形成されていることもあります。喫煙スペースで電子タバコ(VAPE)を使用すれば、紙巻きタバコは吸いたくない、という方でも喫煙者の輪に入ることができます。たとえ喫煙スペースに行かなくても、喫煙者の方が普段見慣れないアイテムを使うことで「それ何?」と盛り上がることができるかもしれません。

非喫煙者にとって、喫煙に似た新たな体験が楽しめることも魅力のひとつです。電子タバコ(VAPE)は水蒸気ではありますが、紙巻きタバコのような使用感で、喫煙者がたばこを楽しむ理由に親しみを感じられるでしょう。このように、電子タバコ(VAPE)はコミュニケーションのきっかけとして非喫煙者と喫煙者の橋渡しをしてくれる魅力的なアイテムなのです。

電子タバコ(VAPE)の気になる体への影響は?

GC 1905 5-3

非喫煙者にとって最大の関心事は「電子タバコ(VAPE)は、紙巻きタバコや加熱式タバコのような健康面への影響はあるのか?」という点でしょう。前述したように、たばこ葉にはニコチンやタールが多く含まれています。まず、ニコチンは依存性が非常に強く、一度ニコチン依存症になってしまうと、たばこをやめるのが非常に難しくなります。しかも血管を収縮させる作用があり、心筋梗塞や脳卒中のリスク要因としても取りあげられています。 また、タールは、がんを起こすリスク要因であると証明されている発がん性物質です。粘度のある植物性樹脂であるタールは、吸い込むことで肺や喉に付着して蓄積し、がんを引き起こすと言われています。それ以外にも、たばこには250種類以上の有害物質が含まれると見積もられていて、国立保健医療科学院研究情報センターも警鐘を鳴らしています。

一方で、たばこの葉を使用しない電子タバコ(VAPE)は、ニコチンゼロ・タールゼロであるため、これらの物質に由来した健康への影響はありません。リキッドを熱することで生じた水蒸気を楽しむアイテムですから、紙巻きタバコや加熱式たばこに比べて健康への影響が少ないと言えるのです。

電子タバコ(VAPE)はニコチンゼロ・タールゼロで、健康志向の高まりにも配慮している製品です。フレーバーも豊富ですから、非喫煙者も使用しやすいでしょう。まずは自分の好みのフレーバーを探すところからはじめてみてはいかがでしょうか。

電子タバコ(VAPE)について理解を深めたい方はこちらのブログより
mybluTM(マイブルー)について理解を深めたい方はこちらのブログより

上に戻る