加熱式タバコ

喫煙者だが

電子タバコも

気になる!

一体どう違う?

近年よく耳にするようになった電子タバコ(VAPE)は、ライターを使わないという点で、紙巻きタバコとは明らかに違うことはわかります。しかし同じく紙巻きタバコの代替品として扱われることが多い加熱式タバコとは一体なにが違うのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこでこの記事では、電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの違いについて詳しくご紹介します。

「電子タバコ(VAPE)」と「加熱式タバコ」それぞれの特徴

GC 1905 12-1

世界的に喫煙に対する風当たりが強くなりつつある昨今、従来の紙巻きタバコをやめて代替品に切り替える方が増えています。代替品として挙げられることが多いアイテムには電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコがありますが、これらふたつの間にもやはり違いがあります。この違いを知るには、それぞれの特徴を理解することが大切です。まずはこのふたつがどんなものかを具体的に確認していきましょう。

電子タバコ(VAPE)とはどんなもの?

電子タバコ(VAPE)とは、液体(リキッド)に熱を与えることで発生する蒸気の香りを楽しむ嗜好品です。リキッドに含まれる香料(フレーバー)によってさまざまな風味の蒸気を楽しむことができます。現在では数百種類ものリキッドが販売されており、リキッド同士を自由に組み合わせて新たなフレーバーを自作することができるなど、楽しみ方も豊富です。 このリキッドには、たばこ葉は使われていません。海外製品にはニコチン・タール入りのものもありますが、日本で流通しているリキッドはニコチンゼロ・タールゼロであるのも特徴の1つです。電子タバコ(VAPE)を使用する際にたばこ独特のにおいを心配しなくてもよいため、日常生活で取り入れやすいなっています。蒸気を纏う姿に格好よさを感じる人も増えてきていることから、近年ではおしゃれアイテムとしても扱われています。

電子タバコ(VAPE)の特徴比較」についても参考にしてみてください

「加熱式タバコ」とはどんなもの?

ライターではなく電子機器によって火をつける仕組みです。電子タバコ(VAPE)と異なるのは、加熱するのがたばこ葉である、という点です。つまり、加熱式タバコは電子機器でたばこ葉を燃やして、発生する煙を楽しむ「たばこ製品」です。 火よりも低温でたばこ葉を加熱するため、普通の紙巻きタバコよりも発生する煙やにおいは軽減されています。しかし、ニコチンやタールは含まれるため、加熱式タバコ特有のにおいが発生し、紙巻きタバコと同じ健康への影響もあります。

電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコの違いを比較

GC 1905 12-2

電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコについて、たばこ葉を使っているかいないか、という違いが明確になりました。では次に、より具体的な違いを「仕様」「成分」「販売価格」の点から比較して解説していきます。

仕様の違い

まずはカートリッジの仕様を比較します。電子タバコ(VAPE)のカートリッジの中身はリキッド(液体)で、このリキッドを温めて蒸気を発生させます。一方、加熱式タバコのカートリッジの中身は、紙巻きタバコと同じたばこ葉などです。 また、バッテリーの仕様も異なります。電子タバコ(VAPE)・加熱式タバコはどちらも充電が必要です。しかし、充電の頻度に違いがあり、電子タバコ(VAPE)は1度充電すれば1日中使用できるものが多いですが、一般に普及している加熱式タバコは1本吸うごとに充電が必要になります。近年は改善されつつありますが、まだまだ充電に関する快適性は電子タバコ(VAPE)に軍配が上がります。

続いて、吸い殻の仕様は使い勝手に大きく影響します。たばこ葉を使用している加熱式タバコは吸い殻が出るため、吸い殻の掃除を定期的にしないと詰まってしまいます。一方、電子タバコ(VAPE)はたばこ葉を使わないため、吸い殻は出ませんが、リキッドを注入する際にお手入れが必要なものが一般的です。ただし、POD型VAPE(ベイプ)であるmybluTM(マイブルー)のような、カートリッジごと付け替える方式の電子タバコ(VAPE)であれば、このメンテナンスの手間が大幅に軽減されます。

どちらもコンビニなどで購入することが可能ですが、取り扱いは紙巻きタバコの代替品として先んじて普及が進んでいる加熱式タバコのほうが多い印象です。電子タバコ(VAPE)は専門店もしくはインターネットで購入するのが一般的です。 ただし、前述したmybluTM(マイブルー)は注目度の高まりに伴って販売エリアを少しずつ拡大しており、東京、大阪、福岡、北海道、愛知、埼玉、神奈川、千葉にある一部のコンビニの、レジ前や日用品コーナーなどで購入することができます。

含まれている成分の違い

電子タバコ(VAPE)のリキッドには、食品や化粧品、医薬品などに使われている成分である「PG(プロピレン・グリコール)」「VG(植物性グリセリン・ベジタブルグリセリン)」「香料」が含まれています。PGやVGはリキッドのベースとなり、粘度や煙の量を決定します。そこに香料を混ぜることでさまざまなフレーバーを作り出しています。ニコチンゼロ・タールゼロで、有害性のレベルが低いのが特徴です。 一方、加熱式タバコは、ライターなどを使って火をつける紙巻きタバコを、電子機器を用いて低温で燃焼させることにより健康への影響を軽減しようとしている代替品です。そのため、たばこ葉を使用するという点で紙巻きタバコとの違いはなく、煙にはニコチンやタールが含まれます。

販売価格の違い

・電子タバコ(VAPE)、mybluTM(マイブルー)の販売価格 本体価格:2,700円(税込)※スターターキットの価格。カートリッジ1つが付属。 【参考】カートリッジ価格:920円(税込) 1つのカートリッジで使用できる回数:約600回 本体価格を含む1服のコスト(スターターキット価格/使用可能回数):4.5円

・代表的な加熱式タバコの販売価格 本体価格:9,980円(税込) カートリッジ価格:460円(税込) 1つのカプセルで使用できる回数:約280服 本体価格を含む1服のコスト(本体価格+カートリッジ価格/使用可能回数):約37円

コンビニで購入できる電子タバコ(VAPE)であるmybluTM(マイブルー)と、加熱式タバコの一例を比較してみたものが上記です。電子タバコ(VAPE)の代表として取り上げたmybluTM(マイブルー)はカートリッジ式で、メンテナンスの必要がなく、1回の充電で1日中使用が可能です。電子タバコ(VAPE)のほうが初期投資は安く、また1つのカートリッジで楽しむコストも加熱式タバコよりかからないことがわかります。 電子タバコ(VAPE)の中にもいろいろな種類がありますが、少なくともmybluTM(マイブルー)は加熱式タバコに比べて、初期費用も長期的な費用もローコストであることがわかります。

電子タバコ(VAPE)は「健康志向」と「節約志向」を満たす

GC 1905 12-3

電子タバコ(VAPE)にはニコチンゼロ・タールゼロという特徴があり、本体価格やカートリッジ価格を総合して考えても加熱式タバコよりローコストで使用できます。そのため、健康志向・節約志向がある方に特におすすめです。一方、加熱式タバコには少なからずニコチンやタールが含まれていますが、その量は大幅に軽減されています。たばこはやめられないが、少しでも減煙したいと考えている方には、加熱式タバコが向いているかもしれません。

現在は加熱式タバコ同様、電子タバコ(VAPE)の普及も進んでおり、コンビニでの取り扱いエリアが徐々に広がっています。購入を迷っている方は、日常生活を彩るアイテムとして、ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

mybluTM(マイブルー)と他のVAPEの比較はこちらから

上に戻る