電子タバコは

紙巻きタバコと

違って吸った

あと口臭は

しない?

非喫煙者から、たばこ特有のヤニのにおいが苦手、という声を聞くことも多い昨今。今、紙巻きタバコが一般的であった時代から、ニコチンやタールを含まない電子タバコ(VAPE)が台頭する時代へと徐々にシフトしています。 ここでは、エチケットとして、口臭を防ぐため電子タバコ(VAPE)に変えようと思っている方へ向けて、電子タバコ(VAPE)を使用した後の気になる口臭について解説します。

そもそも、なぜ紙巻きタバコは口臭の原因になる?

GC 1905 3-1

紙巻きタバコが口臭の原因となる理由には、紙巻きタバコに含まれるタールとニコチンが大きく関係しています。 紙巻きタバコをよく吸っている人の歯が、黄色や茶色いヤニで着色しているのを見かけたことはないでしょうか。あのヤニの正体は「タール」です。たばこをよく吸う部屋の壁紙を黄ばませるのも、このタールが付着しているせいです。 タールが付着して作られるヤニは粘着性が強いので、汚れがたまりやすくなり、かつ落ちにくいという特性があります。タールには独特の強いにおいがあるため、それが口内や肺の中に付着し、嫌な口臭が引き起こされているのです。 ※このタールについてより詳しくお知りになりたい方は、次の記事もご覧ください。

また、もうひとつのたばこの代表的な成分である「ニコチン」も、口臭を生む大きな要因となります。ニコチンが唾液の分泌量を減らすことや、神経に働きかける作用があることなどが影響するのです。 唾液には自浄効果がありますが、ニコチンによってこの分泌量が減ることで、口内に細菌がたまったままとなり、口臭の原因となります。加えて、ニコチンは交感神経に働きかけることで唾液の粘りを強くする作用もあるのですが、それも口内の細菌が増える一因です。

さらに、たばこを吸うと一酸化炭素が発生します。この一酸化酸素が口内にあることで、口の中が乾燥し、その乾燥によっても口臭は引き起こされます。これも、自浄効果のある唾液が少なくなり、口内に細菌が増えてしまうためです。

自分では気づかないたばこの口臭

GC 1905 3-2

いわゆる「スメルハラスメント」には、体臭はもちろん、口臭も含まれます。しかし、喫煙をしている本人は、好んで吸っていることもあり、たばこのにおい自体を感じにくくなってしまうようです。たばこが発する独特の強いにおいに慣れてしまっているため、たばこによって口臭が生まれていることに気づきにくくなります。 しかし非喫煙者にとっては、たばこの口臭があると面と向かって話しているときに顔をそむけたくなったり、思わず顔をしかめてしまったりすることが少なくありません。職場でも会話が減り、うまくコミュニケーションがとれない、という状況にも陥ってしまいかねないのです。 また、においを気にする女性から敬遠されたり、たばこが苦手な子どもが寄り付かなくなったりすることも考えられます。

夫婦間や恋人同士においても、口臭があることによりスキンシップが減り、関係性に悪い影響を与えかねません。それだけではなく、口臭が常態化すると体内から発生する体臭にまで影響するリスクがある、といわれています。 このようにたばこの口臭には、仕事やプライベートでの人間関係にも悪影響を及ぼすおそれがたくさん潜んでいます。

電子タバコ(VAPE)も紙巻きタバコのように口臭がするの?

GC 1905 3-3

エチケットとして口臭は避けたいと思うものの、気分転換としてたばこは吸い続けたい、と考える人も多くいるでしょう。 たとえば紙巻きタバコから電子タバコ(VAPE)に変えることで、口臭を抑えられるのか、という点は気になるところです。

ここからは、「リキッドタイプの電子タバコ(VAPE)も紙巻きタバコ同様に、ニコチンやタール、一酸化炭素などを引き金とする口臭が発生するのか」に焦点を当てて解説していきましょう。

電子タバコは口臭の原因にならない

結論からいうと、電子タバコ(VAPE)は口臭の原因とはなりません。それは、紙巻きタバコに含まれるニコチン、タール、一酸化炭素といった口臭の原因となる物質が、電子タバコ(VAPE)のリキッドには含まれないからです。 ただし、すべての電子タバコ(VAPE)にニコチンが含まれていないわけではありません。海外の製品の中にはニコチンを含んでいるものもあるのでご注意ください。これらを選ぶと、紙巻きタバコを吸ったときと同様に唾液が少なくなり、口臭を生んでしまうおそれがあります。 また、ニコチン・タールゼロの電子タバコ(VAPE)は、健康への影響を低く抑えることができるのも嬉しいポイントです。副流煙による、周囲への健康への影響の心配もありません。

さらに、口臭だけでなくヤニが発生しないことで、歯周病のリスクを軽減できるというメリットもあります。

大事な会議でも自信を持って発言できる!〜

大事な会議やお客様との商談前に緊張をときほぐすためや、途中休憩のリフレッシュにたばこを吸う、というビジネスマンも多くいます。 しかしそれによって口臭が生まれ、相手に不快感を与えてしまうことも少なくありません。また、会議や商談に同席している人のすべてがたばこを吸うとも限りません。 そのような人が集まる場で、たばこのにおいとそれに伴う口臭のケアを怠ると、よい印象を与えないばかりか、商談などに悪影響を及ぼすことも考えられます。 しかし電子タバコ(VAPE)ならその心配は無用です。ニコチン・タールゼロで口臭を生むことはありませんから、会議の場で口臭や衣服のたばこのにおいを気にして集中力を欠いてしまう、といった心配もありません。

電子タバコ(VAPE)にはさまざまなフレーバーがあるので、お気に入りのものを選び存分に香りを楽しむことができます。 たばこ本来の味が特徴の「タバコ味」や、さっぱりした後味の「メンソール」、フルーティーな甘さの「グリーンアップル」といったものも含め、シチュエーションやその日の気分で選べる楽しさも同時に味わえます。 VAPE(ベイプ)使用後も爽やかな香りを発するので、たばこ臭や口臭とは受ける印象がまったく違ったものになります。 これにより、商談や会議において、自分のにおいを気にすることなく、集中し、自信を持って発言することができるようになるでしょう。

現在、紙巻きタバコを吸われている方で口臭が気になる方は、バリエーションも豊富で健康被害も少ない電子タバコ(VAPE)に変えてみてはいかがでしょうか。口臭が気にならなくなることはもちろん、フレーバーの爽やかな香りで、コミュニケーションもより円滑になるかもしれません。

mybluTM(マイブルー)のフレーバーレビューはこちらから

上に戻る