電子タバコの

ニコチン入りリキッドの

害について

電子タバコの

ニコチン入り

リキッドの

害について

たばこを吸う方の中には、健康のことを考えて電子タバコ(VAPE)に切り替えようか迷っている人もいるかと思います。 そこでこの記事では、電子タバコ(VAPE)のニコチン入りリキッドについて、その入手法や扱い方、注意点などをご紹介します。電子タバコ(VAPE)が気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

電子タバコ(VAPE)のニコチン入りリキッドとは

5-1

電子タバコ(VAPE)を使う際、必要になる液体をリキッドと呼びます。電子タバコ(VAPE)は、たばこが体に良くない影響を与えると科学的に証明され始めたことを受けて開発されたため、ニコチン・タールゼロのリキッドが主流です。特に日本では、法律によりニコチンを含む電子タバコ(VAPE)リキッドの販売は禁止されています。しかし、日本以外の国では減煙のための利用が注目され始めたことで、ニコチンを含むリキッドも販売されるようになってきました。

電子タバコ(VAPE)は、このリキッドをコイルで熱し、味のついた蒸気を出すことにより、それを吸い込んで楽しむアイテムです。紙巻きタバコとの大きな違いの1つは、フレーバーの豊富さにあります。例えば、メンソール系は喫煙者にとって馴染みがあるフレーバーです。爽やかさやスイーツのような甘さを求めるならフルーツ系フレーバー、たばこを吸っている気分になりたいならたばこのフレーバーを選ぶとよいでしょう。

ニコチン入りリキッドの成分は、主にニコチンと添加物です。とはいえ、ニコチンは香料として使われているだけで、添加物である植物グリセリンやプロピレングリコールが主な成分となっています。植物グリセリンは蒸気の味わいをしっかりと出してくれる成分で、市販のおにぎりやみたらし団子といった食品にも使われています。一方のプロピレングリコールは椰子から採取することができる成分で、煙の量に関係しています。 このようにリキッドは植物由来の原料が多いため、紙巻きタバコに比べて有害性のレベルは低いと言えます。この点は、イギリス保健省やアメリカFDA(食品医薬品)も認めているものです。ただし、リキッドを直接舐めたり飲んだりするのは、危険なので控えてください。

そもそも、ニコチン入りリキッドにはたばこの葉が含まれていないので、ニコチンは含まれていてもタールはゼロです。ちなみに、よく電子タバコ(VAPE)と比較される加熱式タバコには、たばこの葉が使われています。そのため、程度の差はあれども、紙巻きタバコと同様の人体への影響が考えられます。

ニコチン入りリキッドは日本で手に入る?

5-2

実は、たばこ葉を使わないニコチン入りリキッドは国内での販売が許可されている「たばこ商品」としては取り扱われません。そのため、薬機法により、日本の電子たばこ専門店では販売・譲渡ができないのです。しかし、ニコチン入りリキッドの所有そのものを禁じているわけではないので、個人輸入や海外サイトから入手することはできます。

ただし、海外からの購入には注意点がいくつかあります。まず、「海外から1度に輸入できる量は1ヶ月に使用する量(120ml)まで」と法律で決まっています。この量を超えると、税関で止められてしまい受け取ることができなくなります。

また、初心者の方はフレーバー付きのリキッドを購入するようにしてください。フレーバーなしのリキッドは、自分でリキッドを作る人向けの商品です。他のリキッドと混ぜ合わせることで、オリジナルのフレーバーリキッドを作れるのが魅力ですが、作るにはそれ相応のスキルが必須になるため、初心者向きではありません。はじめは、フレーバーつきのリキッドを選んだ方が無難だと言えるでしょう。

そして最後に、初心者はニコチン濃度が低いリキッドを使うことも注意点のひとつです。 ニコチン濃度は刺激の強さと関係していて、ニコチン濃度が高いと、喉が痛くなってまともに吸えないおそれがあります。はじめは、ニコチン濃度が低いリキッドから使った方が無難でしょう。

ニコチン入りリキッドによる体の影響

安全性が高いとはいえ、ニコチン入りのリキッドにはリスクもあります。例えば、ニコチンが含まれているので、過剰に摂取すると通常の紙巻きタバコと同じように血管を収縮させたり、血中コレステロールを酸化させたり、肝臓に負担をかけたりするおそれがあります。とはいえ、含まれているニコチンの量は紙巻きタバコに比べて少ないので、その分人体への影響は少なく済むでしょう。 また、ニコチンが肌に直接触れると、人体に影響が出る場合があります。特にフレーバーなしのリキッドを使ってオリジナルのリキッドを自作する方は、肌と接触する危険性が高いので、十分に注意して行いましょう。

そして子どもがいる家庭では、必ず子どもが近付かない場所へリキッドを保管するようにしてください。お菓子のような甘い香りがするリキッドも多いため、子どもが香りに誘われて触れてしまったり誤飲してしまったりする危険性があります。もし、リキッドが直接肌に触れてしまったら、すぐに水で患部を流しましょう。また、誤って飲んでしまった場合はすぐに病院を受診してください。

このように、取り扱い方によっては、有害性の低いリキッドでも人体に影響を与えてしまうかもしれません。ニコチン入りのリキッドの扱いにはくれぐれも気をつけるようにしましょう。

ニコチンゼロなら非喫煙者が多い飲み会でも便利

5-3

ニコチンを含まないリキッドを使用した電子タバコ(VAPE)なら、その水蒸気にニコチンやタールなどの有害物質は含まれていませんので、非喫煙者が多い環境でも気軽に使うことができます。 非喫煙者が周囲にいる場合は、たばこを控えるのがエチケットとはわかっていても、お酒を飲むとどうしても吸いたくなることがあります。従来の紙巻きタバコを吸う場合は、喫煙所へ行って、一服してから席に戻る方が多かったはずです。それでも、体にたばこのにおいがついてしまって周囲を不快な気分にさせたり、席を離れている間の話題についていけなくなったりするというマイナス面がありました。 その点、ニコチンが含まれていない電子タバコ(VAPE)なら、非喫煙者にも必要以上に気を遣うことなく使えますし、その形状もおしゃれなので話題性もあります。ニコチンやタールがゼロなので、周囲の人が受動喫煙の影響を受けることもありません。むしろ香りを楽しむアイテムなので、好印象を与えることができるかもしれません。

例えば、普段ニコチン入りのリキッドを使用していたとしても、飲み会ではニコチンやタールがゼロのリキッドに差し替える、ということもできます。場面によって使い分ければ、減煙のストレスも軽減されるでしょう。たばこへの規制が厳しくなりつつある昨今、電子タバコ(VAPE)は、喫煙者の心強い味方になってくれるはずです。

mybluTM(マイブルー)は、ニコチン・タールゼロの電子タバコ(VAPE)です。
気になる方は、以下を参考にしてみてください。
仕組み/デザイン

上に戻る