電子タバコのにおいは?

電子タバコのにおいは?

席を離れていた喫煙者の同僚が戻ってきたときに、たばこのにおいが気になった経験はないでしょうか。「自分も周囲に同じ思いをさせていないか」「たばこを吸わない人に不快な思いをさせてしまっているのではないか?」と心配になる人もいるはずです。そこでこの記事では、周囲への配慮やにおい対策のために電子タバコ(VAPE)への切り替えを検討している方向けに、電子タバコ(VAPE)のにおいについて解説します。

電子タバコ(VAPE)のにおい〜周囲からの反応は?〜

6-1

その瞬間は誰もたばこを吸っていないのに、喫煙者の住む部屋や普段使っている車の中、喫煙可能な飲食店などで、たばこのにおいを感じることは珍しくありません。紙巻きタバコ独特のにおいはとても強く、喫煙者が紙巻きタバコを楽しんだ後もしつこく残ることから、周囲、特にたばこが嫌いな人から疎まれやすい傾向があります。 一方、電子タバコ(VAPE)は、紙巻きタバコと違ってたばこ葉を使用していません。リキッドと呼ばれる香りのついた専用の液体を加熱して蒸気を発生させ、その香りを楽しむアイテムです。発生するのは煙ではなく香りのついた蒸気ですので、たばこ特有の不快臭はありません。また、電子タバコ(VAPE)は吸い殻が出ないので、その点においても従来の紙巻きタバコと比べて周囲への迷惑を抑えることができるのが魅力です。電子タバコ(VAPE)について正しく理解してもらうことができれば、嫌煙家の人から睨まれるようなことはなくなるでしょう。

電子タバコ(VAPE)ならお客様先でも気にする必要がない

6-2

紙巻きタバコはたばこ葉を燃やした煙を楽しむものですが、煙に含まれているタールのにおいは服や髪に付着してしまうので、一服をした後は必ずにおいケアをする必要があります。特にニコチンやタールが身体の中に入ると口臭の原因となるため、歯磨きやブレスケアといった口臭ケアは欠かせません。他にも、消臭スプレーなどでにおい対策をしている喫煙者の方は多いはずです。仕事の取引先や初めて顔を合わせるお客様先では、さらに入念なにおい対策をしているのではないでしょうか。

しかし、電子タバコ(VAPE)であれば、このように面倒なにおいケアをする必要はありません。電子タバコ(VAPE)で使用するリキッドは主にプロピレングリコール(PG)・植物性グリセリン(VG)・香料から作られています。プロピレングリコール(PG)は化粧品や身近な食品にも使用されている、無味無臭かつ無色透明なアルコールのひとつで、防腐効果があります。植物性グリセリン(VG)は、ヤシの実やパームなどの植物油を原料としています。お菓子やマーガリン、シリアルなどにも含まれているもので、わずかににおいがします。このようにリキッドに使用されている原料はわずかににおうか、無臭のものが大部分を占めています。そのため、電子タバコを使用しても香料のよい香りしかしないので、お客様先でもにおいを気にする必要がなくなります。

ビジネスシーンでのにおいが気になる方は、ビジネスマンにおススメなPOD型VAPE mybluTM(マイブルー)の特徴についてもご覧ください。

電子タバコ(VAPE)の主な味(フレーバー)の種類

電子タバコ(VAPE)に使用されている香料は種類が豊富です。中にはローストチキン味やワサビ味といった変わり種のフレーバーもありますが、ここでは一般的なフレーバーを系統別にご紹介します。

フルーツ系

フルーツ系は特に女性に人気があるフレーバーで、オレンジやレモンといった柑橘系から、メロンやピーチなど甘みのあるフレーバーまでさまざまな種類が販売されています。また、フルーツをミックスしたフレーバーは甘みと酸味のバランスがよく、飽きがこない味わいのものが多い傾向があります。フルーツの種類によってさまざまな香りを楽しむことができ、万人受けしやすいと評価されています。

デザート系

一見、フルーツ系と同じようなラインナップでは?とも感じるデザート系のフレーバー。実際は、チーズケーキのフレーバーや、クッキーにホイップクリームをトッピングしたフレーバーなどがあり、スイーツの味わいがそのまま表現されているものが多くあります。電子タバコ(VAPE)でスイーツを味わうという、一風変わった楽しみ方を体験したい方におすすめです。ダイエット中の間食がわりに使用している方もいるそうです。

飲料系

飲料系は変わり種が多いフレーバーです。比較的多くの人が楽しめるのが、コーヒーフレーバーやカフェラテフレーバーでしょう。コーヒーの深い味わいや、カフェラテ独自のまろやかさを楽しめます。他にも炭酸飲料やエナジードリンク、アルコール系のフレーバーまで幅広い種類があります。好き嫌いが分かれるので、一度気になったフレーバーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

清涼系

清涼系は、気分をリフレッシュしたいときにおすすめのフレーバーです。メンソール、ミント、ハーブが主流で、フルーツ系のフレーバーやたばこ系のフレーバーにミックスされていることもあります。フレーバーをミックスさせることで自然な甘さを演出することができるので、スッキリとした甘さを楽しみたい方におすすめの系統です。

たばこ系

コクと深みのある味わいからマイルドなものまで、紙巻きタバコの味を再現しているフレーバーです。日本で流通しているリキッドにはニコチンやタールが含まれていないので、特に禁煙や減煙を目的にしている方におすすめしたいフレーバーです。

電子タバコ(VAPE)と加熱式タバコのにおいの違いは

6-3

電子タバコ(VAPE)以外に紙巻きタバコの代替品として挙げられるのが、加熱式タバコです。加熱式タバコは次世代のたばことして電子タバコ(VAPE)と混同されがちですが、まったく違う製品です。加熱式タバコは、電気でたばこ葉を加熱して生じた煙を楽しむ「たばこ製品」で、紙巻きタバコよりも煙が少なくにおいがあまりしないと言われています。しかし、たばこ葉を加熱している時点で煙にタールが含まれているため、たばこ特有のにおいがします。 一方、電子タバコ(VAPE)はリキッドを加熱して生じた蒸気を楽しむ製品です。たばこ葉を使用していないため、ニコチンゼロ・タールゼロで、有害性は低くなっています。たばこ特有のにおいもしないので、たばこが嫌いな人のそばで使用しても、不快感を与えることは少ないでしょう。

現在、紙巻きタバコを使用していて周囲に迷惑をかけていると不安であれば、ニコチンゼロ・タールゼロの電子タバコ(VAPE)を試してみてはいかがでしょうか。電子タバコ(VAPE)をうまく使用すれば、禁煙や減煙にも挑戦できるはずです。

mybluTM(マイブルー)は、フレーバー・香りを楽しむことを重視したニコチン・タールゼロの電子タバコ(VAPE)です。 気になる方は、以下をご覧ください。 ・仕組み/デザインフレーバーレビュー

上に戻る