色々な味の

種類を楽しめる

電子タバコの

リキッド

電子タバコ(VAPE)のリキッドは種類が豊富なので、選ぶときどれにしようか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回はリキッドの種類とともに、選び方のポイントをご紹介します。新しくVAPE(ベイプ)を吸い始める方も、いままでとは違うフレーバーに挑戦したいと思っている方も、ぜひ参考にしてください。

VAPE(ベイプ)のリキッドには一体何が含まれている?

GC 1905 6-1

最近は禁煙のためというよりも、フレーバーを楽しむため、おしゃれのためといった理由でフレーバーリキッドの蒸気を楽しむVAPE(ベイプ)愛好者が増えてきています。そんなVAPE(ベイプ)のリキッドには、主にPG・VG・香料という3つの成分が含まれています。

PG(プロピレン・グリコール)とは

PG(プロピレン・グリコール)は無色無臭のアルコールの1種で、水に溶解し、香料、精油、樹脂などを溶かすという性質があります。VAPE(ベイプ)では、香料を混ぜ合わせるための溶媒として使われています。そのため、このPGが多く含まれるほど、シャープでキレのある風味と味わいを楽しむことができます。また、毒性が低く経口摂取しても人体にほぼ影響しないため、保潤作用・保存作用・乳化作用といった特徴を活かして、樹脂の中間原料や食品、医薬品、化粧品などにも幅広く使われています。

VG(植物性グリセリン)とは

VG(植物性グリセリン)は、ベジタブルグリセリンとも呼ばれる粘度のあるアルコールの1種です。電子タバコではリキッドのベースとして、ほかのものを混ぜ合わせるための土台の役割を果たします。また、少々甘みがあり、ミストが多く発生するという特徴もあります。グリセリンの吸引については現在研究研究が進められている状態で、少なくとも保湿効果が高く、一般的には化粧水や目薬などに使われていることもあり、通常の摂取ではPGよりもさらに害が少ないとされています。

香料とは

香料はリキッドに風味を与える物質のことです。動植物から取り出される天然香料と、化学反応によって作られる合成香料があります。ブランドのリキッドは主にこれら3つの成分から作られています。「電子タバコ」と呼ばれていますが、たばこと違ってニコチンゼロ・タールゼロなのが嬉しいポイントです。

VAPE(ベイプ)リキッドの主な種類

GC 1905 6-2

明確に定められているわけではありませんが、リキッドはだいたい5種類の系統に分かれます。種類ごとに一例を記載しますので、どのようなリキッドがあるのか、参考にしてみてください。

フルーツ系リキッド

女性から人気の高いフルーツ系のリキッドは再現度が高く、フルーツジュースやガムなどに近い味わいが楽しめます。フレッシュな果物の美味しさを感じることができるでしょう。チェリーやストロベリー、ブルーベリーといったベリー系、グレープフルーツやレモン、オレンジなどの柑橘系に加えて、グリーンアップル、メロン、マスカットのリキッドもあります。

スイーツ(デザート)系リキッド

スイーツの濃厚な甘さや美味しさを楽しめるのが、スイーツ(デザート)系リキッドです。女性はもちろん男性からも人気があり、他のリキッドとブレンドしやすいため、通の方が好みの味を作り出すのに使用することもあります。フレーバーはバニラやチョコレート、キャラメルなどまるでソフトクリームのようなものから、アップルパイやチーズケーキなどのケーキ系まで多種多様です。

飲料(ドリンク)系リキッド

ドリンクの味を再現したリキッドで、まるでそのドリンクを飲んでいるかのような気分を味わえます。お気に入りができれば常備するのもよいですし、いつもの味に飽きたときに変わり種として取り入れてみるのもよいでしょう。人気があるのがカフェラテやコーヒーといった定番のドリンク系リキッドで、コーラ、レッドブル、ドクターペッパー、各種カクテルなどのリキッドもあります。

清涼(メンソール)系リキッド

スーッとした爽やかさを求める方には、メンソール系のリキッドがおすすめです。爽やかさだけで物足りなくなった場合は、フルーツ系のリキッドと組み合わせたものを使用したり、味のしっかりしたベリー系と組み合わせたりすることで、甘さと爽やかさを一度に楽しむことができます。 メンソール系のリキッドはミント、メンソールなどが代表的です。

タバコ系リキッド

たばこの味を再現したタバコ系のリキッドは、禁煙を目指している喫煙者の方はもちろん、たばこを吸うのには抵抗があるけど、たばこの風味を味わいたいという方にもおすすめです。 通常のたばこや各銘柄のたばこを再現したフレーバーなどがあります。

VAPE(ベイプ)リキッドの選び方【基本3原則】

GC 1905 6-3

最後に、膨大な種類があるVAPE(ベイプ)のリキッドから、どうやって自分に合ったリキッドを見つけ出すのか、その方法をご紹介していきます。

VAPE(ベイプ)本体と同じブランドではなくてもよい

実は、リキッドを購入するときにVAPE(ベイプ)本体のブランドと合わせる必要はありません。どのブランドでもリキッドに使われる主な材料は「VG・PG・香料」です。詰め替え式のVAPE(ベイプ)であれば、リキッドをボトルに充填してメーカー関係なく使用することができます。

PGとVGの比率で選ぶ

リキッドを購入したことがある方は、リキッドのラベルにPG:30、VG:70というように比率が記載されているのを見たことがあるはずです。この数字が示すPGとVG の比率によって、味や蒸気の量に違いが生まれます。 まず、PG(プロピレン・グリコール)は香料を溶かすために使用されているので、PGの比率が高いほど、風味をよく感じられます。また多少のどへの刺激が増える(キック感がある)ので、タバコを吸い慣れている方はPGの値が大きい方が、満足感を得られるでしょう。

一方で、VG(植物性グリセリン)は、リキッドのベースになるほかミストを発生させる役割があります。そのため、より多くの蒸気を楽しみたい方は、VG比率が高いものがおすすめです。ただしVGにはもともと甘み成分が含まれるため、風味のなかに多少甘みが混ざるので注意が必要です。

容量

普段VAPE(ベイプ)をどれくらい吸うのか、その量に見合った容量を選ぶのもリキッド選びのポイントの1つになります。たとえば、よく使用するリキッドは大きめの容量のものを買っておき、試しに買うときは小さめのリキッドを選ぶようにしましょう。頻繁に吸わなくても、煙を多く出す方はリキッドの消費が早いので、大きめのものを買うことをおすすめします。

電子タバコ(VAPE)の人気の高まりとともに、さまざまなリキッドが販売されるようになりました。迷ったときは試しに購入してみて、新しい味に挑戦してみるのがよいでしょう。このようにさまざまな味を楽しめるのも、VAPE(ベイプ)の魅力なのです。

上に戻る