電子タバコの使い方について

たばこ税の値上がりや禁煙ブームのあおりを受けて、いままで以上に肩身の狭い思いをしている愛煙家が増えている中、ネットメディアを中心に注目を集めている電子タバコ(VAPE)が気になっている方も多いことでしょう。やはり、新製品を取り入れるなら、すぐに使える紙巻きタバコの手軽さと同じくらい簡単に使用できるものがおすすめです。まずは、いま話題の手軽に使用できる電子タバコ(VAPE)の詳しい使い方について紹介します。

【基礎知識】電子タバコ(VAPE)の使い方

7-1

「新世代タバコ」とも呼ばれる電子タバコ(VAPE)は、ニコチンや香料を含んだ専用のリキッドをデバイスで電気加熱し、発生した蒸気の香りや味を楽しむガジェットです。電子タバコ(VAPE)とよく比較される製品として、たばこの乾燥葉を電気加熱して蒸気を生成する「加熱式タバコ」がありますが、これは紙巻きタバコと同じく「たばこ製品」に分類されるものです。電子タバコ(VAPE)のリキッドにはたばこ葉が使用されていないことから、日本ではたばこ製品にはあたりません。また、ニコチン入りの電子タバコ(VAPE)は「医薬品医療機器等法(旧薬事法)」によって医薬品に分類されることから、国内での販売や譲渡は禁止されています。そのため、日本で流通している電子タバコ(VAPE)には、ニコチンが含まれていません。

電子タバコ(VAPE)のデバイス本体は、加熱用の充電バッテリーと、リキッドを気化させるアトマイザーで構成され、アトマイザーはドリップチップ(吸い口)、リキッドを溜めておくタンク、電力をリキッドに伝えるコイルなどのパーツからできてます。 デバイスの形状には主に2つのタイプがあり、バッテリーとアトマイザーが分かれるものを「オープンシステム」と言います。こちらはリキッドの詰め替えやコイル交換をしながら使う一般的なスタイルで、拡張性が高いことから、好みのパーツを組み合わせてオリジナルの使用感を追及するユーザーにおすすめです。 一方、これまで吸っていた紙巻きタバコからの移行や併用を検討中で、面倒なリキッドの詰め替えやデバイスの手入れはしたくないという方には、アトマイザーとリキッドが一体化したカートリッジを、丸ごと交換できる「クローズドシステム」を採用したPOD型の電子タバコ(VAPE)がおすすめです。このタイプには操作がシンプルかつ持ち運びやすいコンパクトサイズの製品が多く、価格的も手ごろなので、手軽に試すことができます。

POD型VAPE mybluTM(マイブルー)の仕組み・デザインについて

使用する前の準備

7-2

リキッドを電気加熱する前に、まずはデバイスを充電します。これから電子タバコ(VAPE)に切り替える方は、必要なアイテムがすべて揃っていて、バッテリーを充電すればすぐに使えるスターターキットが便利です。電子タバコ(VAPE)のバッテリーはリチウムイオン電池で、専用のUSBケーブルや、スマートフォンのAndroid端末と同じ形状のUSBケーブルで充電する方法が主流です。一般的なデバイスと同じく、電子タバコ(VAPE)の場合も過充電はバッテリーの寿命を縮める原因となるため、充電するときは説明書を読んでフル充電に必要な時間を把握しておきましょう。スマホ用の急速充電は、過充電や故障の原因になるため避けた方が無難です。

リキッドを詰め替えながら使うオープンシステムの電子タバコ(VAPE)の場合、充電が済んだら、アトマイザーにリキッドを充填します。入れ過ぎは液漏れの原因になるため、タンクの容量を確認してから充填してください。空焚きを避けるため、キャップを締めたらリキッドがコイルの内部に浸透するまで数分間待ちます。 外国製のニコチン入りリキッドを個人輸入する場合は、ニコチンの含有量もチェックしておきましょう。リキッドの味やニコチンの感じ方は使用するデバイス本体の種類や吸引の仕方によっても違うため、紙巻きタバコに慣れている方でも、まずは低濃度の製品から始めることをおすすめします。 リキッドの容量は10ml、15ml、30mlなどがあり、紙巻きタバコ1本分の消費量はリキッド0.1ml程度に相当します。リキッドを補充するタイミングは使用頻度や吸引の仕方によって差が出るので一概には言えませんが、1日に紙巻きタバコを20本(1箱)消費する方であれば、2ml容量のアトマイザーを毎日フル充填するイメージになります。2回目以降はタンク内に残ったリキッドが漏れてしまうケースがあるので、補充の際は特に注意してください。また、フレーバーを変えるときは味が混ざってしまうので、よく洗浄してから充填しましょう。 アトマイザーに内蔵されているコイルも消耗品です。長く使っているとリキッドの味が変わって電子タバコ(VAPE)本来のおいしさを楽しめなくなるため、1ヶ月に2回か10mlごとに1回を目安に交換しましょう。

一方、オープンシステムのような詰め替えやメンテナンスの手間がかからないのが、POD型の電子タバコ(VAPE)です。例えばPOD型VAPE(ベイプ)の一種である「mybluTM(マイブルー)」は、専用のフレーバーポッドにリキッドとコイルが内蔵されています。リキッドがなくなったらカートリッジごと取り換えるだけですぐに使えるため、紙巻きタバコと変わらない手軽さで楽しむことが可能です。リキッドの補充や部品交換のタイミングがわからないという方でも、気軽に電子タバコ(VAPE)生活をスタートできるでしょう。 しかも、mybluTM(マイブルー)は1つのフレーバーポッドで、紙巻きタバコ1.5箱分に相当する回数を使用可能です。1~2日に1回カートリッジを交換すればいいだけなので経済的で、手間もかかりません。

【実践】電子タバコ(VAPE)の使用方法〜ノンスモーカーの多い職場に最適!〜

7-3

電子タバコ(VAPE)の使い方はいたって簡単です。バッテリー充電とリキッド充填が済んだら、アトマイザーにバッテリーを接続して電源スイッチを押します。ボタンの位置や操作方法は機種によって違うので、説明書を読んでおきましょう。 例えば、先にご紹介した「mybluTM(マイブルー)」なら、口に咥えるだけで自動的に電源が入る仕組みになっています。 ニコチンゼロ・タールゼロの電子タバコ(VAPE)は周囲に影響を及ぼす心配が少なく、従来の紙巻きタバコのように特有のにおいがないのも人気の理由です。職場などでより水蒸気の量を少なくしたいときは、深呼吸をするように一気に吸い込む「ダイレクトラング」よりも、一度口の中に溜めてから飲み込む「マウストゥーラング」がおすすめです。

使用後のメンテナンス

電子タバコ(VAPE)を長く愛用するために欠かせないのが、使用後の定期的なメンテナンスです。リキッドの成分であるベジタブルグリセリン(VG)は雑菌が繁殖しやすいため、特に汚れが付着しやすいアトマイザーの手入れが重要です。 まず、バッテリーが水に触れないようにアトマイザーから取り外し、アトマイザーをパーツごとに分解します。ぬるま湯で汚れをよく洗い流したら、それぞれのパーツをしっかりと乾燥させてからもう一度組み立てましょう。コイルユニットは錆が発生しやすいため、洗い流さずに綿棒などで汚れをふき取ります。

電子タバコ(VAPE)は楽しみも多い反面、細かいパーツが多く維持するのに手間がかかる製品もあります。吸い殻を捨てるだけの紙巻きタバコに比べると面倒に感じるかもしれません。そのような方には、リキッドが入った専用のフレーバーポッドにコイルを内蔵したPOD型VAPE(ベイプ)、mybluTM(マイブルー)がおすすめです。使用後は丸ごとポッドを交換するだけなので、上述したような面倒なメンテナンスが必要ありません。

かつては紙巻きタバコ(シガレット)の代替品というイメージがあった電子タバコ(VAPE)も、ブームの定着とともにスタイリッシュな新文化として親しまれるようになっています。まずは、メンテナンス不要で気軽に楽しめるmybluTM(マイブルー)から試してみてはいかがでしょうか。

使用感についてもっと知りたい方は、mybluTMの使用感に対する感想・レビューをご覧ください。

上に戻る